« 「がんこ小滝橋」の塩コッテリ | トップページ | アナログ・ビデオのDVD化1(準備編) »

2007.08.15

「がんこ総本家」の新作正油3

 帰省から戻ってきた家内を連れて、ラーメンを食べに行くことになった。彼女のリクエストは「麺彩房」なのだけど、ここ数日は夏休みみたいだ。ショッパくて細麺が好きではない(つまり「がんこ系」が苦手(^^;な)家内は、最初から「がんこ以外で」と条件をつけている。この時期営業しているところは少ないし、開いてても炎天下に行列する気にはならない。だから「今の総本家はそれほどショッパクもないし、太麺だよ。それに油そばもあるよ」というと、「油そば」好きな家内は興味がわいたようで、今日も「がんこ総本家」行きが成立した(^o^)v

 14時頃に着いてみると、ちょうど満席(と言っても5席だけど)。でも行列はなし。ひさしの下で、メニューを説明して(って、3種類しかないけど)食券を買っていると、待つほどのこともなく店内へ。「奥さん連れなんて珍しいねぇ」なんて家元に言われつつ着席。家内は予定どおり「油坦々そば」で、私はこれ。

070815gs

 「新正油ラーメン+こってり+味玉 850円」
 魚介(鯖と鰹か)が強く効いた茶濁したスープは、ショッパくはないけれど悪魔インスパイヤーなものだ。「こってり」の元となっている「粗挽きそぼろ肉」は、ちょっとコリコリした食感で、変化があっていい。やっぱりハツとかナンコツ近くのモツ系じゃないかと思うんだけどなぁ。
 ツルツルしこしこの太ストレート麺は、よくスープを持ち上げてくれる。チャーシューは箸で持ち上げるのが難しいほどトロットロに仕上がっている。味玉はいつもほど半熟トロリではなかったか。

 この「新正油ラーメン」、今回で三回目となるわけだけど、やっぱりもっと「がんこ」らしいガツンな方が好きだなぁ。もちろん、これでも十分美味しいし、テーブルに置かれているタレをドッと足してやると、かなりそれっぽくなるんですけどね。

 また、家元の気まぐれ?による「新作」または「旧作」を待ちたい(^^;
 がんこファンで未食の方は、一度是非どうぞ。

 なんだか、ここのところ「がんこ」ばっかし。だって「二郎」を初め夏休みのところが多いんだもの。

◆新・元祖一条流がんこ 総本家
 新らしい店名は「新がんこラーメン総本家」らしい
 豊島区東池袋1-13-12 最寄駅:池袋
 営業時間:11:30頃-22:00頃(中休みありかも) 休業日未定
 スペシャルまたは悪魔の日は 12:00から

注:海外・通販サイト等からの迷惑トラックバックが増えているので、しばらくの間トラックバックは承認制にさせて貰っています。

|

« 「がんこ小滝橋」の塩コッテリ | トップページ | アナログ・ビデオのDVD化1(準備編) »

コメント

はじめまして。
いつも楽しく拝見させて頂いております。
ダテと申します。
今日、池袋がんこに行ってきました。
お昼どきでしたが、すいており家元と話をしました。
ブログの話になり、新メニューになったのは
ブログで知った事を伝えました。
すると家元が「何でこのメニューに変えたか書いてあった?」と
尋ねてきました。
解りませんと答えると、「それを書いてほしかったなぁ」と
言っていました。
家元は「これは25年前にみんなに残されまくったラーメンなんだよ。残り短いラーメン人生の最後に自分の好きなラーメンを作りたかったんだよ」とおっしゃっていました。「ホントにいっぱい残されたんだよ」と何度も言っていました。
「今日だって空いてるだろ。味替えたからお客さん来なくなっちゃったよ。でもしょうがないよな、好みじゃない女と付き合えって言われても嫌なものは嫌だもんな。」ともおっしゃっていました。
そしてブログに書いておいてと言われましたので、自分のブログより、こちらのブログが相応しいと思い書き込ませて頂きました。長文で、失礼いたしました。
今後も楽しく拝見させて頂きます。

投稿: ダテ | 2007.08.20 18:51

 ダテさん。
 コメントどうもありがとうございます。また、いつも読んで頂いているそうで、ありがとうございます。

 さて、その家元の話は初耳でした。家元が何故「下品でダサイ」ラーメンにこだわるのかは謎でしたので、そうだったのかと改めて思いました。またこの話は、いつもの「がんこ常連組」のみんなも知らないと思います。

 貴重な話をどうもありがとうございました。他のがんこ仲間達にも教えてあげようと思っています。

 ダテさん、今後とも「ぶうログのーと」を宜しくお願いいたします。m(_ _)m

投稿: BUSH | 2007.08.21 01:52

まだ食べたことはありませんが、歴史あり、ですね。
作る側の想いが、必ずしも客に伝わるとは限らないところに、奥深さを感じます(^^ゞ


投稿: Nylaicanai | 2007.08.21 10:45

 ども、Nylaicanaiさん。

 そのとおりですねぇ。かなり家元とは親しげに話をさせて貰っていても、この話は初耳でしたし、そうとは思いもよりませんでした。
 今度、家元にそれとなく話してみようと思っています。

投稿: BUSH | 2007.08.23 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「がんこ総本家」の新作正油3:

« 「がんこ小滝橋」の塩コッテリ | トップページ | アナログ・ビデオのDVD化1(準備編) »