« 再び「懲りない金曜日」 | トップページ | 「がんこ総本家」の新作正油 »

2007.07.21

「がんこ総本家」変身の前に

 最近「がんこ小滝橋通り」にハマッているという友人Sを誘って、「新がんこ総本家」である。明日「総本家」はメニューを一新する。本当に「新がんこ総本家」となるわけだ。だからその前に、今の総本家の味を食べておきたかった。

 開店時間の5分前に着いてみると先客は無し。我々が一等賞だ。実際に開店したのは 5分ほど遅れて 11:35。券売機で食券を買って入店。この時点でお待ちは8人ほどになっていた。

070721g2

 「ニューこってり(醤油)中盛り 750円」
 先着5名までは味玉サービスね。さて、何が「ニュー」かと言うと、従来はスープの表面に浮いていた背脂が、見てのとおり何かの肉の粗挽きに変わっていることだ。食感としては、ちょっとコリコリした部分のあるそぼろ風で、なんとなくモツ系、それもハツの近くみたいな気がした。そう言ってみたけど家元は内緒だと言って教えてくれなかった。

 今日のラーメンは久しぶりに「がんこ」らしい気合いが入っていた。家元も「最後だから、気合い入れていこう」だって。ようするに、きっちりショッパくてパンチがあるのだ。もちろん「悪魔」のようなショッパさではない。なんか早稲田以前の家元が帰ってきたきたような感じだ。(わかりますね。)
 ショッパさを思い切り感じつつ、更に「ニューこってり」の変化も感じつつ、完食の全汁。うーん、なんかとっても嬉しい。
 同行の友人も満足してくれたようだ。このラーメンを一新してしまうというのだから、惜しいよなぁ。

070721g0 明日はその新作発表会。店内に貼られた告文によると「来る22日より、25年に渡り作り続けてきた上品なラーメンが変り、下品な、ダサ~イラーメンになります。」とある。「下品でダサイ」ラーメンって一体? 家元は教えてくれない。楽しみでもあるけれど、私の好みのものでなかったらどうしようという、怖いような気もする・・・果たして。
 まぁいい。どちらにしても明日それを食べることができるのだから。

 そうそう、7/24以降も「油坦々そば」だけは残るようだ。

◆新・元祖一条流がんこ 総本家
 新らしい店名は「新がんこラーメン総本家」らしい
 豊島区東池袋1-13-12 最寄駅:池袋
 営業時間:11:30頃-22:00頃(中休みありかも) 休業日未定
 スペシャルまたは悪魔の日は 12:00から

注:海外・通販サイト等からの迷惑トラックバックが増えているので、しばらくの間トラックバックは承認制にさせて貰っています。

|

« 再び「懲りない金曜日」 | トップページ | 「がんこ総本家」の新作正油 »

コメント

がんこにハマっています。
総本家も当然うまくどのように変身するのか不安な楽しみ、また連れてって下さい!

(なお昨日は頭が塩・塩・塩になり、夕方落合へ向かってしまいました)

投稿: 痛い風 | 2007.07.22 08:37

 おや、「がんこ小滝橋通り」へ行ったんですか。ハマッてますね(^o^)v

 総本家の変身の方は、ほんの少しでした。また機会を見つけて一緒に行き魔性。

投稿: BUSH | 2007.07.23 02:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「がんこ総本家」変身の前に:

« 再び「懲りない金曜日」 | トップページ | 「がんこ総本家」の新作正油 »