« 「河童一@新井薬師前」のカレー丼セット | トップページ | 新宿御苑でお弁当 »

2007.06.18

至高のレバサシ「石松@中野」

 いつもの「もつ焼き 石松」である。でも、今日は「いつもの」ではなかった。
 これまでに一体何度この店に来たことだろう。一体どれだけここのレバサシを食べたことだろう。数え切れないのだけは確かだ。

 ここのレバサシは注文されてからブロックから切り出す。もちろん今朝落としたばかりのレバーだ。先に串を打っておいたり、切り身にしたりしてないから、新鮮なことこの上ない。
 これまでも随分あちこちのレバサシを食べ歩いてはいるけれど、この店のレバサシの前では、どんな有名店のそれも色あせてしまう。そんな素晴らしいレバサシをいつも提供してくれているのだけど、今日のはいつにも増して凄かった。

070618i1

 どうか、この色の違いを見てほしい。右側の赤いのがいつもの脂肪肝状態のレバサシ。よくエッジが立っているでしょう。そうして左側の白っぽいのが、今回初めて食べる見事にフォアグラ状態になったレバサシだ。
 いつものデジカメを忘れてきたので、今日の画は携帯で撮ったものだ。そのせいでうまく伝えることができないかもしれない。現物は、もっと白いのだけどね。

 食べてみると、これまで食べていたレバサシが嘘みたい。軽く噛んでやると、口の中でとろけてクリームみたいに広がるの。もう、たまりません。さらにこれをチョイ焼きにしたものと、よく焼きにした串焼きを1本づつ。これまた絶品。こんなレバー、今まで食べたことない。そう、旧「春」時代から現在までを含めて、これまでで最高のレバーだった。

 取れる量も少ないみたいで、遅い時間まではきっともたないだろう。今日、早い時間に偶然居合わせたお客さんは、もの凄くラッキーだ。マスターをして、年に一回手に入るかどうかと言わしめるブツなんだもの。

 いやはや、参りました。次回またこんなレバサシを食べることができるのは、いつの日のことだろう。いや、もちろん普段のレバーだって、もの凄くレベルが高いのは間違いないのだけどね。よほど運がいいか、そうでなければ、とにかく通った者勝ち。そんな今日の「石松」なのでした。

 あまりの美味しさに舞い上がってしまっていて、串焼きの方の画を取り損ねた。残念。

◆もつやき 石松(いしまつ) 旧「もつ焼き春」
 中野区中野5丁目50-8  最寄駅:中野
 本来の営業時間 20:00~深夜または早朝まで。木曜休
 日祝は休み多し。営業時間もあまりアテにはなりません。

注:海外・通販サイト等からの迷惑トラックバックが増えているので、しばらくの間トラックバックは承認制にさせて貰っています。

|

« 「河童一@新井薬師前」のカレー丼セット | トップページ | 新宿御苑でお弁当 »

コメント

マジすか!?
携帯画像とは言え違いはかなり伝わって来ました!!!

こういう時に限って用事で行けないんだよなぁ(〒_〒)

何だか悔しい!!!!

投稿: DelSol | 2007.06.19 10:21

そうでしたか・・・・・(絶句)
昨日は不覚にも歩くのが疲れて四文屋に腰を下ろしてしまいました。
残念だぁ〜!

投稿: キーサン | 2007.06.19 12:46

レバ刺し食いたい
う~ん今夜何処かへ行こうかなぁ・・・

しかし

自分もフォアグラ状態になりそうだし・・・

昼も「ゼットン」で”中華そば”と”つけ麺”食べちゃったしなぁ
ココのお店 何時来ても
何処かで見たことがあるラーメン店主がいますよ

投稿: HIRO'S | 2007.06.19 16:41

▼キーサン(さん)
 昨日のは、ほんとに「特別」でした。四文屋まで来ていたのなら・・・。
 またの機会に、って言っても、そうそうないものね。残念でしたねぇ。

▼HIRO'Sさん
 ここのところ何故かラーメンからは、ほんの少しだけですが、遠ざかってます。身体的には、いいことのような(^^ゞ

 本当に刺身として醤油だけとか塩だけで食べるレバサシは、石松にとどめを刺しますです。良かったら一度どうぞ。

投稿: BUSH | 2007.06.19 17:15

>BUSHさん
「石松」さんは以前から気になっているお店なので
是非来訪したいです
行ける可能性があるのは日曜かなぁ
平日だと9時頃
多分満席だろうなぁ

近いうちにチャレンジしてみます

投稿: HIRO'S | 2007.06.19 17:50

 ども、HIRO'Sさん。

 日曜日は休みの可能性の方が高いのと、刺しがない日なんです。だから木曜日以外の平日しか刺しを食べるチャンスはありません。
 是非平日にチャレンジして下さいませ。

 9時だと満席の可能性も高いですが、ちょうど一巡して入れることもあります。行ってみてダメだったら、お向かいのパニパニさんで、石待つという手もありますので、是非一度どうぞ。

投稿: BUSH | 2007.06.19 18:04

ぬわ~
こりゃまた一段と淡い色合いで・・・
実際、目の前にしたら、さらに白っぽい感じなんでしょうねぇ。

オイラも「今日は当たり!」って思ったことありますけど、多分、それらより上なんだろうなぁって気がします。
何せ“石松原住民”のBUSHさんが言うんですから(笑)

マジで食べてみたかった!
ヽ(´~`;)ウーン

投稿: キャスバル坊や | 2007.06.20 15:49

うわぁ、これは……。
ひとりだけ良い思いをしていたら、バチが当たりますよ(^^ゞ

投稿: Nylaicanai | 2007.06.20 20:52

▼キャスバル坊やさん
 そうなんです、もっと白っぽいの。確かにふだんの「今日は当たり」のレベルとは、まるで違うブツでした。
 こればかりは行ってみないと判らない。運が良ければ食べられる「幻のレバサシ」だったのでしょう。

▼Nylaicanai さん。
 一人ではなく、当日来てた常連さんや、たまたま初めて来たお客さんも食べてますよん。もちろん、お向かいさんにも「サシ」入れしたのでした(^o^)v

投稿: BUSH | 2007.06.21 07:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/15485534

この記事へのトラックバック一覧です: 至高のレバサシ「石松@中野」:

« 「河童一@新井薬師前」のカレー丼セット | トップページ | 新宿御苑でお弁当 »