« 隠れた名店「手打ちうどん丹愚」 | トップページ | 八代目の味「がんこ小滝橋通り」 »

2007.05.07

「川二郎@中野」でひと通り

 18時少し過ぎに店の前を通った。おお、今日は席が空いているではないか。ちょっとでも遅い時間になるといつも一杯で入れない。美味しい「うなぎの串焼き」をとてもリーズナブルなお値段で出すお店「うなぎ串焼き 川二郎」である。

070507kj_1

 まずは「ビール」と「ひと通り」をオーダー。前にも書いたことがあるけれど、「ひと通り」とは、ウナギの串焼きをお任せで6本という意味。だからその時の状況によっては、出てくるものは少しづつ異なる。今日は「串巻き、レバー、肝、ヒレ、エリ、八幡巻き」の6本。
 お好みで山椒なり七味なりを振りかけて食べるわけだけど、これがまた旨い。ビールがなくなったので、焼酎をオーダー。ここは「カッパ」などと一緒で焼酎は3杯までと決められている。でも、今日は「ひと通り」以外は頼まなかったので、飲み過ぎることもなく、気持ちよくなったところでお会計。たしか2千円程度だったなぁ。

 ご近所に御用でもありましたら、ついでに是非どうぞ。一度寄っておいて損のないお店です。

◆うなぎ串焼き「川二郎」(かわじろう)
 中野区中野5-55-10
 17:30-22:00 日休

|

« 隠れた名店「手打ちうどん丹愚」 | トップページ | 八代目の味「がんこ小滝橋通り」 »

コメント

川二郎にいらしたのですね。ここも写真を撮るにはちょっと躊躇してしまうお店ですが
レバーと肝、そしてヒレ…。月並みな言い方ですが、あのお店ならではのウナギを存分に味わえるラインナップですね
一度、無理を承知で鰻丼のテイクアウトのみをお願いしたら、とても複雑な表情をされた店主の方を思い出しました(^^;)

投稿: shannon | 2007.05.09 01:20

 ども、shannon さん。

 おや、shannon さんも、お近くにいらしたのかな。

 ここで写真を撮るのは三度目?ですが、ストロボを使わないという以外には、特に躊躇してはいません。すでにネット上にこの店の画像はたくさん載っているので、お店の皆さんも慣れっこなのかも。

 テイクアウトはどれだったか、できるメニューがありましたよね。鰻丼も対象だったような気がしますが。

 川二郎によく行かれるようなら、いつかお会いできるかもしれませんね。

投稿: BUSH | 2007.05.09 08:11

こんにちは
昨日は、中野はパスでしたか?
パニパニのマスターも疲れてたみたいだと言っていたので
心配しました
石松のマスターもパニパニで開店時間ぎりぎりまで飲んでいて
赤玉白玉とどめに金魚コーレー増しでご機嫌でしたよ(笑

川二郎は前をよく通るんですが中々入る機会がなかったん
ですが今度お邪魔してみますね
ではお体ご自愛ください

投稿: DelSol | 2007.05.09 11:47

 昨日は新宿でした。

 新宿からはバスに乗ると、石松・パニパニの前を通らずに済むのです。だから昨日はすんなり帰って、一瞬で爆睡しました。やはり疲れは残っているようです。

 川二郎、一度行ってみて下さい。早い時間でないと入れないと思われます。

投稿: BUSH | 2007.05.09 13:51

こんにちは。アミーゴです。
ギザうまそうです!
今度の出張ではここで一杯やるです!
よさげなお店を紹介してくださってありがとうございます。

投稿: アミーゴ | 2007.05.09 17:05

このお店も、タイミングを見誤ると、なかなか入れませんね。ま、それだけ良いお店だということなんですが(^^ゞ

今週は中野に出没するのは無理みたい。
で、来週からは遠出しますので、再来週まで美味しいレバーもウナギも、うどんもお預け。とほほ(>_<)

投稿: Nylaicanai | 2007.05.09 17:59

▼アミーゴさん
 コメントどうもです。

 なかなか趣のある店です。ご出張の折りには是非どうぞ。
中野は結構ディープですよ。(^o^)v

▼Nylaicanai さん

 ここも常連率が高くて、なかなか入れないお店ですね。私は前を通って、すいてたら入るようにしています。

 また来週にでも石松あたりでご一緒しましょう。

投稿: BUSH | 2007.05.10 08:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/14999681

この記事へのトラックバック一覧です: 「川二郎@中野」でひと通り:

« 隠れた名店「手打ちうどん丹愚」 | トップページ | 八代目の味「がんこ小滝橋通り」 »