« 「甕雫」という名の幻の焼酎 | トップページ | 小金井公園の梅 »

2006.02.10

長浜食堂@中野

 遅くまでやっていてくれるので、飲んだ後によく立ち寄る店だ。東京の博多とんこつ系としてはかなり水準の高いラーメンだと思っている。「御天@井草」で修行したというご主人は、旨いラーメンを食べさせるというだけでなく、おだやかで非常に感じがいい人だ。

060210_H「こってりまろうま 690円」
 その名の通り、こってりでまろやかなラーメンだ。コラーゲンがタップリという感じ。もちろん麺の茹で加減はお好みで注文できる。今回は「カタメ」で。いつも安定した味で旨い。

 ここはラーメンだけでなく、餃子の他、鶏の唐揚げや青菜炒め、回鍋肉等々、サイドメニューというにはあまりにも豊富な一品料理も出している。まさに「食堂」でもある。さらに酒類もビールに日本酒、紹興酒、焼酎、ワイン、さらにはデンキブランまで、もうなんでもござれだ。

 夜遅く飲み足りない時などにもいい。もちろんそうでなくて、純粋にラーメン屋さんとして、博多とんこつ系が苦手でなければ是非にとお薦めしておきます。


◆博多餃子房 長浜食堂
 中野区新井1-2-10 最寄駅:中野
 11:30-15:00(土日祝 -16:00) 17:00-02:00

|

« 「甕雫」という名の幻の焼酎 | トップページ | 小金井公園の梅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/8616811

この記事へのトラックバック一覧です: 長浜食堂@中野:

« 「甕雫」という名の幻の焼酎 | トップページ | 小金井公園の梅 »