« やっぱり「がんこ八代目@末広町」 | トップページ | 初・ラーメン二郎@小岩 »

2005.12.14

新装開店「石松」(旧もつ焼き春)

 旧「もつ焼き春」が移転、「石松」として新装開店した。これまでにも何度かふれているけれど、場所は昭和新道通り(中野ラーメンストリートの一本東側の道)沿い。「魚屋よ蔵」を通り越し、あと20mで早稲田通りに出ようというところ。「パワーズ」というアダルトショップの2軒手前になる。

 間口1間半ほどのこのお店。まだ看板もない。提灯も暖簾さえも出していない。そのためにちょっと見つけにくいかもしれないけど、このあたりで看板のない店はここしかないので、前を通れば(^^;わかるだろう。両隣がスナックだ。なお、看板は今後も出さないかもしれないということだった。

 店の作りそのものは「春」時代とほぼ同じで、カウンター内側のマスターとの距離感も同じだ。でも煙が問題で、昨日のプレオープン時に小窓を開けて焼いてみたところ、右となりのスナックから何度かクレームを受けたそうだ。それもあって今日は窓も扉も開けずに営業していた。今後も以前のように小窓を開けながら、というのは難しそうだ。「煙」はこの商売について回る問題、とマスターは達観していたけれど、看板も出さないとなると営業しているかどうか、余計わかりにくくなってしまうかも知れない。

 日曜日の話では「水曜日は早めに開けるつもり」ということだったので、19時過ぎにに覗いてみると、いつもどおり準備の真っ最中。「出直して来るね」と言い残して「魚屋よ蔵」で時間をつぶすことにした。
 しかし、なんという立地なのだろう。これまでよりも更に「よ蔵」が近い、と言うかお互いが見える位置だ。春が満席で入れない時は「よ蔵」で一杯やりつつ様子見。もちろんその逆もありだ。
 20時少し前まで「よ蔵」でビール1にホッピー中(ナカ)3。「石松」を覗いてみると、もうOKだというので、早速移動。

051214_1 久しぶりに食べるこの店の「レバ刺し」。やっぱり、ここの刺しはスペシャルだ。もちろん「焼き」だって同じ。注文を受けてから、ブロックから切りとって刺しに、あるいは串に刺す、というこの店独特のやり方は効率は悪いのだろうけど、旨くて安全なモツを食べて貰おうというマスターの心意気でもある。
 すでに「よ蔵」で飲んでいる上にモツを食しながらキンミヤでホッピーをグビグビ。そう言えば製氷機が変わって、氷が前よりも溶けにくくなった。真ん中の凹が小さくなったせいせいらしい。
 かなり出来上がって店を出た。よい気分でもある。「石松」開店万歳!かな。

 旧「春」の閉店から新「石松」開店までの二週間ほどの間、割りと高率を維持していた私の帰宅確率は、今日を境にまた下降線をたどりそうだ。

◆石松(いしまつ) 旧「もつ焼き・春」
 中野区中野5丁目50-10のあたり※
 最寄駅:中野 木曜休
 営業時間 本来は 21:00~未明または早朝まで
 ※正確な住所や店の外観などはまた後日UPします

|

« やっぱり「がんこ八代目@末広町」 | トップページ | 初・ラーメン二郎@小岩 »

コメント

詳しいレポ、ありがとうございます。
(v^ー°) ヤッタネ
前から聞いてましたけど、やっぱり排気の問題は大変そうですね~
ヽ(´~`;)ウーン
前と同じ営業時間でやってけるのでしょうか?
年末前に一度ぐらいは顔を出したいです。

投稿: キャスバル坊や | 2005.12.15 19:11

昨日はありがとうございましたぁ★

最後の春にも最初の石松にも行くことができて

とってもとっても嬉しいです!

これからは女子ひとりでも行くぞ♪

投稿: 青龍 | 2005.12.15 20:59

キャスバルさん

 早めに一度どうぞ。新しいだけに店内も清潔感があってグッド。昨日(木曜)も12時頃に前を通ったら営業してました。たぶん、同じ時間帯でやっていくとは思います。

青龍さん
 魚屋は偶然でしたね(^^;
 また機会があったらご一緒しましょう。

投稿: BUSH | 2005.12.16 11:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/7631330

この記事へのトラックバック一覧です: 新装開店「石松」(旧もつ焼き春):

» 祝 新装開店 もつ焼き春改め石松 [Wine&Dish&Music・・・]
<きれいになっても、雰囲気は一緒でまった〜り>後輩BUSH氏から、無事開店のメールをもらい、DH氏の帰りが遅い日に中野で待ち合わせ。11時を回っていたので、もし入れなかったらどうしようか、中野もいい店は閉まるの早いからね。いろんな店を頭に浮かべながら、旧春の前を通過。カラオケの唄声が聴こえてくる。あの細長い店の、どこで歌っているのかなぁ・・・冷蔵庫のあった場所あたりしか、ステージ作れないし・・・... [続きを読む]

受信: 2005.12.20 11:26

« やっぱり「がんこ八代目@末広町」 | トップページ | 初・ラーメン二郎@小岩 »