« 宇ち多゛(うちだ)@立石 | トップページ | がんこ八代目@末広町 »

2005.06.08

竹岡らーめん 梅乃家@高輪台

 6/5にオープンしたばかりだそうだが、そのまんまの名前なのに富津竹岡の「梅乃家」とは関係がないんだそうだ。そんな話が「とら会」で話題になっていたので気になっていた。

 竹岡の「梅乃家」と言えば毎夏、内房方面へキャンプにいくと必ず立ち寄るお店で、私はここのラーメンの大ファンなのだ。だから「竹岡の」とは関係がないと聞いても、店名が「竹岡らーめん・梅乃家」なんだもの。いてもたってもいられないから座っていた・・・ぢゃなくて、今日とにかく食べに行ってきた。

 13:20頃に着くと 10席ほどのカウンターだけの店に先客は5人ほど。券売機の前で迷った末、チャーシューメン 750円にタマネギのトッピング 50円にした。

030721umy1
(上の画像は富津竹岡の「梅乃家」のもの)

 何を迷ったのかというと、竹岡の「梅乃家」だと、ただのラーメンでも分厚くて美味しいチャーシューが5枚ほども入ってきて、これがチャーシューメンともなると、これでもかというくらいにチャーシューが入ってくる。チャーシュー好き、肉好きと言えど、ちとツライくらいの量になってしまうのだ。

 上の画は一昨年に撮った富津竹岡のチャーシューメン。絵ではわかりにくいが、丼の上に載っている大きなチャーシューと同じ大きさのが底にも「敷き詰められて」いる。まぁ、ここは東京 且つ あの竹岡の「梅乃家」とは関係がないというからには、それほどのことはあるまいと判断したわけだ。

030721umy2

 さて、待つこと数分。待望の「竹岡らーめん」が出て来ましたよ。スープはこぼれていないし(^^;、チャーシューの量もいわゆる東京のそれと同じで普通。ホッとしたような物足りないような不思議な気持ち。でも実際に食べてみると、麺・スープ・チャーシューともに、竹岡とはかなり違っていて、共通点はきざみたまねぎとスープの色、濃い色のメンマ、こんなもんかな。

 スープは竹岡と同じでチャーシューの煮汁をお湯で割っただけのものなんだろうか。随分まろやかにしたような印象がある。つまりあの竹岡的にキツくて尖った醤油煮汁のまんまというのではないようだ。(竹岡のはそれがいいのだけれどね)

 麺は先行情報どおり、生麺の細縮れ麺。看板には「体にやさしい多加水麺」とあった。しいて言うと、もっと加水率の低い中太麺くらいの方が合うのではないかと思ったが、それも私の好みというだけかもしれない。

 竹岡のお店のラーメンは「麺が乾麺でさえなければ他は文句ないのに」といつも思っていたし、友人ともよくそう語り合っていたものだが、今回似たラーメンを食べてみて、それだけではないことがわかった。要はスープと麺のバランスなのね。・・・と何を今更言っているのか(^^ゞ
 チャーシューも竹岡のそれとはまるで違って、豚バラ肉のブロックをそのまま煮込み、ベーコンのようにスライスした感じだ。また何よりも量が違う。美味しいのだけど、あの分厚くて脂身もきっちり乗った竹岡の食感が恋しい。

 やっぱり全てを比べてしまうなぁ・・・。「関係ない」としているお店にとってはきっと迷惑な話だろう。実際似て非なるモノなのだから。
 誤解のないように書いておくと「いやいや、なかなか美味しいではないの」だ。むしろ竹岡のそっけないチャーシュー煮汁スープと乾麺の組合せよりはいいのかもしれないなぁ。

 たぶん殆どの人は竹岡の店のラーメンを食べているわけではないだろうから、当然いちいち比べはしない。であるなら、これはこれで美味しい竹岡式ラーメン東京版として残ってほしいものだと思う。

 ともあれ、アクアラインを通って富津竹岡まで飛んでいきたくなった。

◆竹岡らーめん 梅乃家 (梅の家)
 港区白金台2-26-13  最寄駅:都営浅草線 高輪台
 営業時間(仮)11:00~21:00 無休(らしい)

◇補足 2005.7.17 富津竹岡の本物「梅乃家」に行ってきました。

◇関連記事:竹岡らーめん 梅乃家@西新宿

|

« 宇ち多゛(うちだ)@立石 | トップページ | がんこ八代目@末広町 »

コメント

初めましてm(_ _)m
丁度俺もこの日に行ってました~
TBさせてくださいね~

確かに量に迫力がありませんでしたよね。
でも近場で竹岡風の味が堪能できるってのは
凄く重宝だと思います~
ではでは~

投稿: Tkz | 2005.06.09 21:52

T/Bありがとうございました。

 TkzさんのHPは時々拝見させて貰ってました。同じ日に行ってたんですね。高輪台は私のテリトリからは少し離れているんだけど、また機会を見つけて行ってみるつもりでいます。
 新宿にも開店?の噂もあるみたいで、だとするとこちらはテリトリ内。これまた楽しみにしています。

投稿: BUSH | 2005.06.09 23:53

 近いうちに、本場・竹岡の梅の家に行って来る予定です。
 ところで乾麺を東京で使うと「手抜き」なんていう批判をされるのでしょうかね。

投稿: TOBY | 2005.06.10 03:05

 ども、TOBYさん。

 おお、現地へ行かれるんですか。それはうらやましいなぁ。是非、チャーシューメンにタマネギのトッピングでイッて下さい。あの食べても食べても下から涌き出してくるようなチャーシューは圧巻です。

》 ところで乾麺を東京で使うと「手抜き」なんていう
》批判をされるのでしょうかね。

 そうかもしれませんねぇ。私は富津竹岡の店へ行くたびに毎度、決して手抜きとは思わないけれど、乾麺であることがモノ足りないというか、もったいないと感じてきましたが、東京のこれを食べてみて「乾麺でもいいんだ」と思い直しました。
 確か朝7時から開いているはすで、早い時間に行くと朝の漁を終えたばかりと思われる地元のお父さん達が、ビールを呑みながら、マターリとした時間を過ごしています。
 であればこそ、濃い味付けで簡単な「竹岡式」が合った、または成立したのではないかと思います。

投稿: BUSH | 2005.06.11 03:31

こんちはー。
乾麺は都内だと「肉麺カピパラ@五本木」で出してました
ね。食べそこないましたが。
あと、梅の屋系ではこんなのが。
http://www.torasan.com/bbs/tbbs/tbbs42/messages/15829.html
「本当は天ぷら屋」というのがイカス!

投稿: カリビアン | 2005.06.13 00:27

ども、cさん。

その記事、読んだ覚えがあります。21時以降というのがネックだけど、一度ブクロあたりで新規立ち飲みでも開拓したあとにご一緒しましょう。

投稿: BUSH | 2005.06.13 10:34

TBさせて頂きました。

BUSHさんの記事を読んでいたら本家に
行きたくなりました…。
本家未体験の自分ではありますが、
都心で食べるのには少し違和感を感る
ラーメンでした。

投稿: しらす | 2005.06.13 13:09

 T/Bありがとうございました。

》都心で食べるのには少し違和感を感るラーメン

 むふふ。言い得て妙、かもしれませんね。
 本家の方は、もし向こうへ行く機会があったら是非どうぞ。館山道が今年あたりから繋がると思うので、東京からでも行きやすくはなると思います。

投稿: BUSH | 2005.06.13 16:13

ちなみに、
竹岡-->「梅の家」
所沢・高輪台-->「梅乃家」
ですね。

投稿: カリビアン | 2005.06.18 09:18

 ども、c師匠。

 思わず以前の画像を確認してしまった・・・店の看板は「梅乃家」でしたよん>富津竹岡

投稿: BUSH | 2005.06.18 09:54

あ、ほんとだ。
ご主人もそう表記していますね。
http://www.fains.co.jp/urabe-syobo/book/data/tuppare.html

投稿: カリビアン | 2005.06.18 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竹岡らーめん 梅乃家@高輪台:

» 梅乃家@白金 [ラーメン通信 By Tkz]
メンタツ@白金 の跡地に、突如として現れた「梅乃家」。 千葉県竹岡式ラーメンの「梅乃家」 の支店です。    今週日曜からの営業で、現在、梅乃家@所沢 のご主人が手伝いながらの営業です。  メンタツの居抜きの店舗。こっちの方がセンス良いかも?! 「暖簾分け」では無いそうで、厳密に言うと、 「所沢梅乃家プロデュース店」だそう。 梅乃家の店名を掲げて営業する事を約束として、 プロデュースしてもらったそう�... [続きを読む]

受信: 2005.06.09 21:52

» 竹岡みたいな 梅乃屋@高輪台 [レバサシ日誌]
 高輪台にある「メンタツ」がいつのまにか閉店となり、その後居抜きで 「梅乃屋」と [続きを読む]

受信: 2005.06.13 00:21

» 竹岡らーめん 梅乃家@高輪台 [しらすのラーメン日記]
千葉県富津市竹岡に、“竹岡式”と呼ばれる千葉の御当地ラーメンの元祖『梅乃家』というお店があるが、その流れを汲む店が高輪台にオープンしたので行ってきた。2005年3月に西武球場前にオープンした『らーめん 本家 梅乃家』の2号店という位置付けだそうです。東京を中心に... [続きを読む]

受信: 2005.06.13 13:04

» 高輪台 竹岡ラーメン 梅乃家 [美食道]
「チャーシューの煮汁をお湯で割ったスープ」 と聞いて足を運んだのは、五反田にも程近い 高輪台『竹岡らーめん 梅乃家』。 高輪台『竹岡ラーメン 梅乃家』 “竹岡ラーメン”... [続きを読む]

受信: 2007.09.11 01:13

« 宇ち多゛(うちだ)@立石 | トップページ | がんこ八代目@末広町 »