« 「バクエン@中野」リニューアル | トップページ | Pasta de バクエン »

2004.12.13

「拳銃猿」Vギシュラー・などなど

最近、読書をする時間はわずかな通勤時間だけ。片道約40分ほどの間に本読みに使える時間は通算20分程度のものだろう。そのせいで、どうしてもノメリ込み方が浅くなってしまう。複雑なプロットのものだったりすると余計だ。

041213_2「拳銃猿」Vギシュラー(ハヤカワ文庫)
でも、今日読了したこの本は例外というか、やめられない止まらない状態。たまたま読み始めたのが日曜日だったこともあって、今日の夕方までに一気読み。それほど痛快なドンパチ本でした。
この本は昨年の日本冒険小説協会大賞にも輝いたほどの本だから、ご存じの方も多いはず。もうこの事実だけでも充分でしょう。あらすじなんていらないですわな。まだ読んでないかたは是非是非。

041213_6 あと、ついでですが、最近読了した本の中で大のお薦めが、ノンフィクションの「エンデュアランス号漂流」A.ランシング(新潮文庫)。ブックオフで偶然目にとまって購入したこの本。実は、これも日本冒険小説協会の特別賞を受賞するほどの本だった。なんか凄~く得した気分。
スコットやアムンゼンの陰に隠れて日本ではわりと知られていないのだそうだが、同じ時期に南極大陸横断に賭けた男達が、出発早々流氷の海に閉じこめられた! 船は壊れ沈没し、氷盤に乗っての漂流が始まった。
Enduranceという名前のとおり不屈の魂を持った男達が生還を果たすまでの2年半?の物語だ。
さぁ、どうだ。とにかく読んでくれいっ!・・・となんとなく陳さんみたいだな。実はこの私、もう20年近くも前の話ですが、イニシエの日本冒険小説協会会員なのでした。
・・・15~6年ぶりになるけど「深夜+1」にも行ってみたいものだ。

041213_1で、もって今日も「バクエン@中野」してしまった。
もちろん今日の目当ては醤油ラーメン。これまた美味しい一杯でした。・・・が、個人的には前の味の方が好みかも(^^ゞ もう少しコナレテくるとまた違ってくるかもしれないかな。

|

« 「バクエン@中野」リニューアル | トップページ | Pasta de バクエン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「拳銃猿」Vギシュラー・などなど:

« 「バクエン@中野」リニューアル | トップページ | Pasta de バクエン »