ラーメン:09品川・大田

2017.05.20

「ラーメン 大木戸@梅屋敷」で 煮干しと蛤の冷やしらーめん

 FBで限定の事前情報を得て、なんと10ヶ月月ぶりの「ラーメン 大木戸」である。

170520ohkido01

 環七が混んでいた。いつもより遅め。お昼前という時間、幸い先客なし。入るとご主人Fさんに「久しぶりですね」と言われてしまった(^^ゞ
 券売機には事前情報どおり「限定 煮干しと蛤の冷やしめん」の貼り紙。

170520ohkido02 170520ohkido03

 煮干しダシの冷やしは「むろや」時代からの鉄板ネタ。そしてもちろん、これに合わせるハマグリも。

170520ohkido11

 「限定 煮干しと蛤の冷やしめん(大盛) 950円」
 左からチャーシューにナス、ハマグリ。わずかに茶濁した冷製スープに、浅草開化楼製の極細麺という組合せ。

 いやぁ素晴らしい。スープをひと口すすると、もうそのまんま。煮干しとハマグリの風味が口の中にイッパイに広がって・・・文句ない文句ない。

170520ohkido12

 極細ストレート麺は硬く冷水でよく締められていて、この食感が凄い。

170520ohkido14 170520ohkido15

 ハマグリとナス。どちらもキッチリ冷やされている。

170520ohkido13 170520ohkido16

 厚めに切られた豚頬肉のチャーシューはギュッという歯応え。味付けも文句ない。にサービスの味玉はちょいトロ具合。

 旨いウマイと完食の・・・もちろんこのスープは残せるハズがない。全汁。

 Fさんが作る「冷やし」にハズレがあろうはずもなく、この夏、あと何度この店の「冷やし」を食べられるだろうかと。

 こんな旨い冷やしラーメンがあるのです。ご興味のある方には是非どうぞとお奨めしておきます。遠くてもわさわざ行くだけの価値があると思います。
 またこの限定冷やしは 1日20食限定だそう。いつまでやってくれるかは不明。

◆ラーメン大木戸
 大田区大森西7-7-17 最寄駅:梅屋敷
 11:15-15:00 17:00-21:00
 不定休(ほぼ無休) 2014.3.16移転オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.19

「ラーメン タロー 大森の陣」で ゼンマシ

 実に久しぶりの平和島。仕事終わりで大森駅に着くと、まもなく18時。さっさと中野へ帰ろうと思いつつも、せっかくだからと寄ってみることにしたのはこの店。

170119tarou1

 「ラーメン タロー 大森の陣」 5年前にオープンした評判のいい「二郎インスパイヤ」なのだそうだけど、これまで未食。

 店の前に着いてみると、行列はないものの結構混んでいる。なんとか座れたのだけどカウンターだけの店内は満席でギチギチ。カウンターの長さに対してイスの数が多過ぎる(^^; なんて思ってたら、すぐにお隣さんたちが食べ終わってくれたので、余裕ができてホッとした。

 この店のトッピングリクエストは「ニンニク入れますか」ではなく「出来上がりです」だそうだ。「ゼンマシ」と答えて出てきたのがこれ。

170119tarou4

 「小ラーメン 700円」
 この店のゼンマシは、ヤサイ・ニンニク・アブラ・カラメの他に削り節。その削り節のせいで、いつもの二郎系たちに比べてかなりジャンキー。あ、例によって唐辛子は自分でかけたものね。

170119tarou3

 ご覧のとおりボリュームは大したことはない。麺量も 250gと書いてあったから二郎系にしては少ない部類だろう。

 丁寧に天地返しをして食べ始めると、魚粉がよく溶け込んでこれはこれでいける。私的にはちっとパンチが足らないかなと。

170119tarou5

 麺は太ストレートで断面はほぼ○のタイプ。もう少し太い方が、それらしくてよかったかなと。ブタはまぁ普通でしょう。

 完食の7割汁でご馳走様。ボリューム的にもパンチ的にも、もう一つ欲しかった。あとコートを掛けるところも、カバンを置くまたは掛けるところもないのが難点か。

 我慢して中野まで"カエル"ことができれば良かったかなと(^^;

◆ラーメン タロー 大森の陣
 大田区大森北1-3-12 最寄駅:大森
 11:00-15:30 17:30-23:30 無休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.30

「ラーメン 大木戸@梅屋敷」で 茸とハマグリの冷やしめん

 限定の事前情報を得て、およそ4ヶ月月ぶりの「ラーメン 大木戸」である。

160730ookido01 160730ookido02

 開店時間をわずかに過ぎて着いてみると先客は3人。券売機には狙い通り「限定 茸とハマグリの冷やしめん」の貼り紙が。茸(キノコ)の冷やしは「むろや」時代から、ご主人Fさんの鉄板ネタ。これにハマグリも合わせてくれるのは久しぶり。来ないわけにはいかないでしょう。

160730ookido03

 「限定 茸とハマグリの冷やしめん(大盛) 950円」
 茶濁した冷製スープに極細麺という組合せ。中央にあるのは、右下のシイタケに半ば隠れるようにハマグリ。鶏チャーシューと大きな椎茸、シメジが目を惹く。そしてサービスでつけてくれた味玉。見事なルックスですね。

 スープをひと口すすると、最初に蛤、続いてキノコの風味が口の中にドッと広がって、・・・いやぁ素晴らしい。

160730ookido04

 冷水でよく締められた極細ストレートの食感がすばらしい。これほど細いのにギュッという歯応えがある。そうしてこの旨い冷製スープをよく持ち上げて、いやはやなんとも。

160730ookido05

 ハマグリを口に含むと、そこから先は口の中がハマグリ蛤。

160730ookido06 160730ookido07

 厚めに切られた鶏チャーシューに特製の味玉。黄身の色と白身に対するその割合が違うでしょ。できれば生でご飯に掛けても食べてみたい、そんな玉子だった。

 F店主の作る「茸系」は温であれ冷であれハズレはない。夏の間にまたやってくれるといいのだが。

◆ラーメン大木戸
 大田区大森西7-7-17 最寄駅:梅屋敷
 11:15-15:00 17:00-21:00
 不定休(ほぼ無休)2014.3.16移転オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.02

「ラーメン 大木戸@梅屋敷」で 梅塩つけめん

 一廻り違いの友人SP君と示し合わせて、およそ4ヶ月月ぶりの「ラーメン 大木戸」

160402okido1 160402okido2

 開店時間をわずかに過ぎて着いてみると、先客は2組3人。券売機には「限定 梅塩つけめん」の貼り紙が。「むろや」時代から、これ大好きなんですね。スープを大幅に変えているとご主人のFさんが言うので、普通のラーメンをとも思ったけど、やっぱりこれ。

160402okido3

 「限定 梅塩つけ麺 800円」

160402okido4

 嬉しいことに大盛をサービスしてくれた。つけ汁の中には薄切りのチャーシューやいつもの穂先メンマなど。

160402okido5

 梅肉が絡まった太めの平打ち縮れ麺。これだけで食べてみても充分旨いのだけど、和風のつけ汁に浸してやると、うわぁ、旨い! 梅肉の酸味と塩味につけ汁が合わさって、旨みがドンとアップする。そんなつけ麺なのだ。

 あっという間に麺を食べ終わり、梅肉が溶け込んだつけ汁にスープ割りをして貰うと、新たな魚介の芳香がまたフワリ。これがまた堪らなく旨いのですよ。全汁しちゃ行けないと思いつつも、それは無理というもの(^^;

160402okido7

 「特製ラーメン 900円」。SP君が頼んだもの。
 このスープをレンゲで一口味あわせて貰った。つけ麺のつけ汁もそうだったけど、以前のむろやの味に少し近づいた。そんな風に感じた。

 いつだって旨いラーメン・つけ麺を提供してくれる店「大木戸」。また機会を見つけて食べにくることにしよう。

◆ラーメン大木戸
 大田区大森西7-7-17 最寄駅:梅屋敷
 11:15-15:00 17:00-21:00
 不定休(ほぼ無休)2014.3.16移転オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.06

「ラーメン大木戸@梅屋敷」で 蜆と牡蛎の味噌らーめん

 ここのところ土日となるとほぼ毎週「限定メニュー」を提供してくれているようだ。であればと梅屋敷まで出かけてみることにした。

151206okido1

 日曜日の環七は空いている。中野からは小一時間。開店時間の少し前、近くのPにクルマをおいて店の前に着いてみると、おやもう営業してる。

151206okido2 151206okido3

 「ラーメン 大木戸」。言わずと知れた元「むろや」のFさんがやっている店だ。店に入るとそのFさんが、おっ来たねという顔で迎えてくれた。券売機には「限定 牡蛎の味噌らーめん」とある。20食限定だそうだ。

151206okido4

 「限定 蜆と牡蛎の味噌らーめん(大盛) 900円」
 いつもながら盛り付けが美しい。パッと見、牡蛎は5粒ほど載っているように見えるが、隠れているのがいて、8粒ほども入っていただろうか。

 赤味噌系なのだろうか。優しいスープが旨い。もちろん牡蛎の風味がどんと押し寄せるのだけど、強すぎるというあことはない。Fさんによると、牡蛎だけだとちょっと弱いので蜆(しじみ)を大量に加えてあるのだそうだ。

151206okido5

 麺は珍しく太平打ち麺。味噌にはいつもの細ストレートだと弱いからだろうか。もちろん、この牡蛎のスープをよく持ち上げる。

151206okido6 151206okido7

 小粒だけどこの牡蛎を口に含むと、もう世の中全て牡蛎状態(^^; 旨いねぇ。そしてチャーシューも。

 毎度のことだけど、この店のスープは残せない。完食の全汁でご馳走様でした。

◆ラーメン大木戸
 大田区大森西7-7-17 最寄駅:梅屋敷
 11:15-15:00 17:00-21:00 当面無休
 2014.3.16移転オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.24

「ラーメン大木戸@梅屋敷」で カツオ出汁らーめん

 事前情報で今日明日の二日間は、また限定をやってくれるという。というわけで「ラーメン 大木戸」である。

151022okido1

 土曜日の環七は結構混んでいて、何ヶ所かで渋滞。梅屋敷にあるここまでは我が家から一時間近くかかってしまった。

151022okido2

 店に入るとご主人Fさんが、笑顔で迎えてくれた。券売機には「限定 カツオ出汁らーめん」とある。両日とも40食限定だそうだ。
 開店直後という時間、先客後客ともになし。

151022okido3

 「限定 カツオ出汁らーめん 800円」
 大木戸らしく美しい盛りつけ。カツオ出汁が主張しすぎない優しい味。いいねぇ。トッピングのミョウガが味を引き締めてくれる感じ。

151022okido4_2 151022okido5

 麺は細ストレート。加水率低めだろうか。やや硬めに茹で上げられたこの麺が、カツオ出汁のスープをよく持ち上げてくれる。チャーシューも味玉もいつもどおりグッドで文句なし。

 我が家からは、ちょっと遠いのが玉にキズ。それでも、わざわざ来たくなる美味しい一杯なのです。

◆ラーメン大木戸
 大田区大森西7-7-17 最寄駅:梅屋敷
 11:15-15:00 17:00-21:00 当面無休
 2014.3.16移転オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.03

「ラーメン 大木戸@梅屋敷」で 限定 茸と松茸のらーめん

 かつて「むろや@新宿御苑」だった時代には、この時期恒例となっていた人気メニューを今週末二日間だけ復活させてくれるという。1日25食限定だそうだ。そんな情報を得てしまっては、行かないわけにはいかない。

151003okido1

 というわけで、我が家からは小一時間の「ラーメン 大木戸」である。
 近くのPにクルマを置いて、開店時間のわずか前に着いてみると先客はなし。店内から私の姿を認めてくれたFさんが少しだけ早めに開けてくれた。

151003okido2

 店内の券売機には事前情報どおり「限定 茸と松茸のらーめん」の文字がある。限定のボタンを押して着席。この限定情報を事前に知った人たちなのだろう、開店後間もなくして満席に。

151003okido3

 「限定 茸と松茸のらーめん 1,000円」
 店内にすでに漂っていたキノコの香り。それが目の前に出された瞬間、ドッと鼻腔に入り込んできた。芳香とはこのことだろう。むろや時代を思いださせる懐かしいで香りでもある。

151003okido4

 松茸はカナダ産だそうだ。思ったよりはるに大きい。むろやの限定で 1,000円は珍しいことだが、この松茸が入るのなら文句はない。

 濃い口醬油であるかのような黒く、でも澄んだスープをまずは一口。いやぁ、素晴らしい。相変わらず、ご主人Fさんはキノコの使い方が巧い。和のラーメンを作らせたら右に出るものはいない? そんな気がする。

 最初に椎茸、次いで大シメジ? 松茸と順に口にして見ると、直後はそれらの味で全てが満たされる感じ。

151003okido5

 麺は太めの平打ち麺。例によって浅草開化楼製だろう。いつもの細麺ではなく、この太平打ち麺を持ってきところも、むろや時代と同じだ。

151003okido6

 チャーシューはいつもどおり絶品。柔らかさといい味加減といい、これまた文句なしだ。

 熱々のスープにもかかわらず、アッというまに完食。そしてもちろん、このスープを残せるはずがない。全汁してご馳走様でした。

 ちょっと季節外れになってしまったけど、松茸でなくてもいい。またキノコ出汁で冷やしをやってくれたら嬉しいかな(^^;

 ともかくも秋を満喫できる一杯なのでした。わざわざここまでクルマを飛ばして来た甲斐があったというものです。

◆ラーメン大木戸
 大田区大森西7-7-17 最寄駅:梅屋敷
 11:15-15:00 17:00-21:00 当面無休
 2014.3.16移転オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.06

「ラーメン 大木戸@梅屋敷」で イナダと鰹出汁のらーめん

 朝からバーゲンに行くという家内と娘のアッシー君を甲斐甲斐しく務めた後、向かったのは大森梅屋敷。

150906okido0

 およそ一月半ぶりの「ラーメン 大木戸」である。事前情報によると今日は30食?限定のメニューを出しているという。

150906okido2

 近くの駐車場(300円/30分)にクルマを駐めて 11時半頃に着いてみると、店の前に限定メニューが貼ってあった。よしよしと店内に入るとご主人のFさんが笑顔で迎えてくれた。券売機で限定の食券を買って着席。先客は一人で、しばらくして後客3人。

150906okido3

 「イナダと鰹出汁のらーめん 800円」
 パッと見はいつものラーメンとは変わらない。でも盛り付けが美しいよね。スープをひと口すすると、おおっ、なるほどイナダ(鰤の子供)と鰹だわと。こりゃ旨い。

150906okido4

 いつもの浅草開化楼製の細麺に、このスープがよく絡みますな。

150906okido5 150906okido6

 大ぶりのチャーシューはいつもどおり柔らかくて、味付けもグッド。安定の味だ。そしてサービスで付けてくれた半熟の味玉。文句なしね。

 完食、そしてこのスープは残せない。しっかり全汁して、ご馳走様でした。

 結局今年の夏は「冷やし」は食べられなかったなぁ。でも、10月に入れば「きのこ系」をまたやってくれるそうだ。楽しみにしていよう。

◆ラーメン大木戸
 大田区大森西7-7-17 最寄駅:梅屋敷
 11:15-15:00 17:00-21:00 当面無休
 2014.3.16移転オープン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.07.20

「ラーメン 大木戸@梅屋敷」で牛油のまぜそば

 昨年10月以来の「ラーメン 大木戸」。新宿御苑にあった「むろや」のFさんの店ね。(画像間違えた・大木戸の外観と後で差し替えます)

150720okido1

 11時半頃に着いてみると先客は無し。ご主人のFさんが笑顔で迎えてくれた。券売機の前に立つと、今日は牛油のまぜそばができるよと声がかかる。夏季限定の「冷やし中華」を食べるつもりでいたのだけど、方針変更。

 昨日沖縄のボンボンが食べに来たよ、なんていう話しを聞いているうちに「ニンニク入れますか?」 思わず呪文を唱えそうになったけど、ここは大木戸。単純にまぜそばにニンニクを入れていいかという意味だった(^^; もちろんお願いします。

150720okido2

 「裏限定 牛油のまぜそば 750円」
 で出てきたのがこれ。ドンブリはむろや時代のつけ麺用のもの。生玉子の向こう側がキザミニンニクね。

150720okido3

 マゼマゼした後がこちら。麺はいつもの浅草開化楼。赤羽の高はしで使っているのと同じ太麺だそうだ。最近はお隣の医大の学生さん達向けに太麺を用意しているらしい。

 一口食べてみると、たしかに牛、ウシ、うし。牛油の旨みが全体を支配していて、さすがFさんという出来。キムチがトッピングされていて、わずかにピリ辛味に仕上がっている。モウ文句なしですな。

 最後に、サービスで出してくれたご飯に残った挽肉と牛油を載せてやると、これまたやたらと旨い。宴会料理で取れた牛の油でこれだけのものをササッと作ってしまうFさんは、やっぱり凄い。今回もまた大満足の大木戸なのでした。

 ちなみにこの裏メニューはもうおしまい。また何か考えるそうだ。とは言え、次回こそは冷やし中華を食べに来なくては。

◆ラーメン大木戸
 大田区大森西7-7-17 最寄駅:梅屋敷
 11:15-15:00 17:00-21:00 当面無休
 2014.3.16移転オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.19

「ラーメン 大木戸@梅屋敷」で 梅塩つけめん

 およそひと月ぶりの「ラーメン 大木戸」である。何度か紹介しているように、元「むろや@新宿御苑」のFさんが梅屋敷で始めた店だ。

141019okido1

 情報によると「むろや」時代に好評だった「梅塩」を限定で出していたという。そ、それは行かねばならぬ。

141019okido2

 というわけで、開店時間をわずかに過ぎて着いてみると先客は無し。Fさんが笑顔で迎えてくれた。入ってすぐ右手にある券売機を見てみると、良かった、まだ「梅塩」の貼り紙がある。限定・大盛の食券を買って、待つことしばし。

141019okido3

 「限定 梅塩つけ麺(大盛) 900円」
 まずは梅肉が絡まった麺だけを食べてみる。いつもの細麺と違って太めの平打ち縮れ麺だ。Fさんによると大盛の場合だけ、この太平打ち麺を使っているのだそうだ。細麺で大盛にすると、絡まってしまって食べにくいからだと言う。

141019okido4

 相変わらずこれだけでも充分旨い。浅草開化楼製の太麺の旨さに梅肉の酸味と塩味が加わって、これこれ。これぞFさんの「梅塩」だよねと。

141019okido5

 続いて、つけ汁をひとくち。これはいつもの優しいスープがベースになって、穂先メンマやサイの目に切ったチャーシューなどが入っている。

 麺をどっとつけ汁に浸して食べてみると、うん旨い。かつての「むろや」のそれとは違って、ずっと優しい味のつけめんになっている。これはこれで非常に水準が高いつけめんだと思うのだけど、むろや時代の豚骨と鶏、そして魚介が強く効いたつけ汁の方がやっぱり合う気がする。

 などと思いつつ、完食してスープ割りも全汁。ごちゃごちゃ言っても、やっぱりウマイや。

 何はともあれ、Fさんが限定を出し始めてくれている。今後の限定にも期待したいところだ。

 あ、ちなみにこの「梅塩つけめん」は 10/24(金)までの予定だそう。食べてみたい人はお早めにどうぞ。

◆ラーメン大木戸
 大田区大森西7-7-17 最寄駅:梅屋敷
 11:15-15:00 17:00-21:00 当面無休
 2014.3.16移転オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧