ラーメン:02中央区・港区

2016.12.21

「麺や 七彩 八丁堀店」で 肉そば

 八丁堀は心理的に遠い。そのせいで一度は行きたいと思いつつ行けなかった店「麺や 七彩 八丁堀店」である。

161221_7sai01

 ご存じ都立家政の「七彩」の支店になる。注文を受けてから麺を打つという独特のスタイルで人気の店だ。

161221_7sai02 161221_7sai03

 午後2時過ぎというじかんに着いて見ると、店内にお待ちは幸い3人だけ。入口の券売機で食券を買ってお待ちに接続。たった三人でもそこそこ時間がかかって、ようやく着席。そりゃそうだいちいち麺を打っているのだから。
 オペレーションというか麺打ちを眺めながら待つことしばし、というか結構待った。丁寧に麺を打った後、麺切りのリズミカルな音の後に、さらに丁寧な麺揉み。期待は高まりますな。

161221_7sai04

 「肉そば(煮干し)中盛り 1,070円」
 滅多に来られない、そんな思いからチャーシューを奮発してしまった(^^ゞ まずはスープをひと口。あれま、思ったよりずっと強い煮干しがガツン。と言っても「凪」系のキツイくらいの煮干しではなく、エグミの出ないギリギリのところで抑えている感じ。
 でも、もっとあっさりした喜多方風をイメージしてた私的には、ちょっと拍子抜け。

161221_7sai05

 打ち立て揉みたての麺は、なるほど素晴らしい。秀逸。そんな表現が似合いそうだ。中太平打ちの縮れ麺なわけだけど、このツルツル感というより、チュルチュル感がいい。適度なコシを持った麺自体がウマイのはもちろんだ。

 ともあれ再訪必至。大盛りまでは同一料金というこの店。次回はこの麺を口の中いっぱいに頬張りたいから、つけ麺の大盛りに決定ね。

◆麺や 七彩 八丁堀店
 中央区八丁堀2-13-2 最寄駅:八丁堀
 11:00-15:30 17:30-22:30
 土日祝 11:00-21:00
 第三火曜休 2015.7.7オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.21

「SHIMBASHI おらが@新橋」で ホタテの69

 「初藤」を後にして向かったのは、昼間は行列の人気店「SHIMBASHI おらが」である。

150121oraga1

 元々は新橋はマッカーサー道路近くにあった人気店が閉店移転を繰り返し、再び新橋の地に戻ってきたものだそうだ。その後もわずかの間に移転したりして、今回ようやくたどり着けた。(今日の画像はスマホのもの。粗々なのはご容赦)

150121oraga2r

 夜の部はタイミングが良かったのか比較的に空いていて、4人がすんなりテーブル席に座ることが出来た。

150121oraga3

 「ホタテの69 850円」
 69はロックと読ませるのだろうか。券売機の一番左上、この店の看板メニューらしい。
 スープを一口すすると魚介のほかにその名のとおりホタテの芳香が鼻腔いっぱいに満たす感じ。鶏ベースに豚かなの合わせダシもいい。なるほど評判店だけのことはある。

150121oraga4

 これに合わせる麺は太麺のやや縮れ。この麺も美味いなぁ。是非つけ麺で食べてみたいと思ったら、つけ麺は近日提供予定なのだそうだ。

 豚バラ肉のチャーシューは、表面が軽く炙られている。柔らかくて旨い。スープにしても麺にしても、どれをとっても水準の高い、旨いラーメンだった。

 場所もいいし、新橋で呑んだ後はここが便利かもしれない。未食の方には一度どうぞとお奨めしておきます。

◆SHIMBASHI おらが
 港区西新橋1-15-7 最寄駅:内幸町・新橋・虎ノ門
 11:00-15:00 18:00-23:00 日曜休

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014.12.05

「鶏ポタラーメン THANK@大門」で 塩玉のさらり

 「わらやき屋」を出て、前回で懲りた?友人達に「二郎以外」と条件付きで請われ、向かったのは3年ほど前のオープン以来この地で評判の良い店「鶏ポタラーメン THANK (さんく)」

141205thank01

 スマホで地図を見ながら歩くことわずか。路地裏のこんな場所に?というところにある1軒だ。

141205thank03

 券売機をと見ると、この店の売りであるポタリ系はすでに売り切れとなっている。遅い時間だとそうなのだろう。でも友人達は前回の「新橋二郎」がトラウマになっているのか濃厚系はパス。私を含め全員揃って一番アッサリ系らしい「さらり」を選択(^^;

141205thank04

 「塩玉ラーメン さらり 800円」
 そり名のとおり、さらりとした鶏と塩ベースのスープは呑んだ後にはピッタリだ。とはいえ、さほどアッサリしているわけではなく、しっかり鶏の脂による旨味が効いている。

 酔っているせいか珍しく写真を撮り忘れてしまったが、麺がいい。加水率低めと思われる細麺が適度な硬さに茹で上げられている。麺自体が旨いのももちろん、なかなか秀逸だ。

 なるほど、この麺なら鶏ポタが合うだろう。早い時間帯に来られる機会があったら、食べてみたいと思った。

 鶏チャーシューも旨かったのだろうけど、酔いのせいもあって印象に残っていない。それも含めていつかまたリベンジかなと思わされた「THANK」なのでした。 

◆鶏ポタラーメン THANK (さんく)
 港区芝大門2-1-13 芝大友ビル 最寄駅:大門<浜松町
 11:30-15:00 18:00-22:00 土 11:30-15:00
 日祝休

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.12.12

「支那そば きび@品達」で 支那そば

 品川で呑み。となれば仕上げは「品達」でしょう。私的には、久しぶりに「なんつっ亭」にでも行こうかという気分だったのだけど、同行の友人は先日の「浅草ブラック」が余程気に入ったらしい。

Kibi_momo_1

 というわけで、「支那そば きび 桃太郎外伝」である。

Kibi_momo_5

 「支那そば 680円」
 神田小川町のきびで初めて支那そばを食べたのは、もう10年も前のことだ。当時と変わらず優しい味の支那そばだった。かつてより魚介が強くなっているかな? ま、旨いから文句なし。

Kibi_momo_2

 こちらはサービスで付いた餃子。ラーメンと三つの餃子で腹一杯。友人も浅草ブラックを食べてご機嫌みたい。大満足で店を後にしたのでした。

◆支那そば きび 桃太郎外伝
 http://www.kibikibi.net/
 港区高輪3-26-20 最寄駅: 品川
 11:00-22:00 無休

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.11.06

「支那そば きび@品達」で 浅草ブラック

 久しぶりの品川呑み。かなり呑んだ末に仕上げはラーメンをと同行の友人にリクエストされた。となれば、ここでは「品達」が近道でしょう。

 というわけで、およそ2年半ぶりの「品達」である。友人にどんなラーメンがいい?と聞くとアッサリ系がいいという。それではと案内したのは「支那そば きび 桃太郎外伝」

 普通の支那そばを食べるつもりでいたのだけど、券売機の横に「浅草ブラック」なるメニューを見つけた。この「ブラック」という名前に弱いのですよね。

Kibi_sngw1

 「浅草ブラック 730円」
 で、出てきたのがこちら。なるほど黒いスープだ。でも香りが富山系とはまた違う。と思ったら、この黒さは醤油によるものだけではなくマー油をアクセントに使っているかららしい。
 とはいっても、かなり酔っていたの(と時間が経ってしまっているのと)で、実のところお味の方は殆ど覚えていない(^^ゞ

Kibi_sngw3

 友人に言わせると、それなりに旨いとかなんとか言いながら綺麗に全汁していたそうだ(^^;
 機会があったら、ちゃんと味わってみねばるまい。

Kibi_sngw5

 こちらは友人が頼んだ「支那そば」。お勧めどおりアッサリしてて美味しかったそうだ。

◆支那そば きび 桃太郎外伝
 http://www.kibikibi.net/
 港区高輪3-26-20 最寄駅: 品川
 11:00-22:00 無休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.20

「月と鼈@新橋」で煮干し中華そば

 御成門近くで一仕事を終えると、ちょうどお昼時。どこにいこうかなと考えて、候補は二つ。新橋方向へ向かって鶏白湯の「武一」か「月と鼈(すっぽん)」だ。今日の気分は煮干しだな。

121220tts1

 というわけで、どこかで見たことがあるような看板の「月と鼈」である。12時半という時間でも既に7人ほどの行列。さすが評判の店だ。行列時は先に券売機で食券を買ってスタッフに渡しておく仕掛けになっている。今日はさほど寒くないのが幸い。15分ほど待って店内へ。

121220tts2

 「煮干し中華そば(大盛) 780円」
 前回は濃厚煮干しつけ麺を食べたので、今日はこちら。茶濁した醤油スープに、チャーシューへが3枚。ナルトが載っているのが嬉しい。
 まずはスープをひとくち。あ、熱ぃっ! 油断してた、超熱々のスープだ。熱さが収まると強力な煮干しの香り。「煮干し王」ほどニボシにぼしはしていないみたいで、私的にはこのくらいがちょうどいい。

121220tts3

 カネジン食品製の中太麺が、この旨いスープをよく持ち上げて、旨いねぇ。厚めに切られたチャーシューがまた旨い。肉と脂身の旨さをしっかり引き出している感じだ。

 熱い、だけど旨い、でもアツイ、だけどウマイを繰り返して完食の全汁。また新橋方面に来たら、是非寄っておきたい店なのでした。

◆月と鼈 (つきとすっぽん)
 港区新橋4-27-7 最寄駅:新橋・御成門駅
 11:00-22:00 土・祝日 11:00-20:00
 日曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.25

新店「濃厚鶏そば 麺屋武一(たけいち)@新橋」

 二日連続の新橋。セミナーなんぞに狩り出されて、ため息つきつつ参加。立ち寄りたい飲み屋さんはいくつかあるけど、それも一人じゃつまらない。楽しみは帰り際にラーメン屋さんに寄ることくらいかな。

 さてどこへ行こう。「長介」は無いし「おらが」も移転してしまった。昨日食べた「月と鼈」はもういいし。昔は「旭王」があったんだよなぁ・・・などと思いながらネットを検索してみると、今月5日にオープンしたばかりで評判の店があるらしい。

Take1_01

 というわけでネットの地図を頼りに探して行ったのが、「濃厚鶏そば 麺屋 武一(たけいち)」。路地裏の判りにくい場所に、いかにも新規オープンという感じであった。店内は奥にカウンター、手前にテーブル席という構成。

 入り口や店内に貼られたメニューの一番上には「濃厚鶏骨(ちーこつ)醤油そば」の文字がある。それではとそいつをオーダー。

Take1_02

 「濃厚鶏骨(ちーこつ)醤油そば 」
 で、出てきたのがこれ。勝手に想像していたのは、鶏で丁寧にとった清湯スープの醤油ラーメンだったのだけど、まるで違ってた。いわゆる鶏白湯に醤油ダレという組合せ。珍しくはない。お味の方も特別に珍しいというわけではなかったが、でもかなり高水準に旨いスープだ。

Take1_03 Take1_04

 ツルツルの細ストレート麺はヤワめ。せっかくのスープにやや負けていたかな。トッピングで目を惹くのは鶏の胸肉?のチャーシューと鶏だんご。他の具はメンマに水菜に白髪ネギ、タマネギのミジン切り、海苔。

 テーブルに置かれた京都祇園の黒七味と粉山椒を試してみる。黒七味の方は思ったとおりの変化。粉山椒の方に驚いた。鶏白湯の醤油に実によく合うではないですか。これは病みつきかもしれない。

 私的推し麺の「藤丸@中野」によく似た、でも藤丸のそれより醤油が立っている。つまりとても私好みの醤油ダレ鶏白湯ラーメンなのでした。

 サイドメニューが充実しているので、今度は昼飯時にでも行ってみることにしよう。って、ひょっとして行列ができてるかな? ともあれ、お近くの方は一度お試しあれ。

◆麺屋武一 (たけいち)
 港区新橋3-6-13 最寄駅:新橋
 11:30-15:30 17:30-22:30 日曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.24

「月と鼈@新橋」で濃厚煮干しつけ麺

 久しぶりの新橋、というか御成門近く。長介のラーメンが食べたいと思ったけど、たしか閉店してしまったんだよなと。

120724tks1

 というわけで次善の策。2010/9の開店以来、評判の店「月と鼈 (つきとすっぽん)」である。どこかで見たことがあるような看板、というのも評判になってたか(^^;

120724tks2 120724tks3

 つけ麺がメインの店らしい。券売機で一番左上のメニューを選択。つけ麺は並盛が 240gで、大盛(360g)・特盛(480g)まで同一料金。迷ったけど次の呑みのことを考えて並盛にしておいた。

120724tks4

 「濃厚煮干しつけ麺(並盛) 780円」
 こちらが評判のつけ麺。断面がほぼ丸でツルツル感が嬉しい極太ストレート麺。店内の麺箱にはカネジン食品のの文字。なるほどねぇ。

 煮干しが濃厚なのかと思ったら、つけ汁は豚骨と鶏でトロミを出した濃厚ドロリ系。煮干しも確かに濃厚だけど、それもそのはず魚粉もバッチリ。

120724tks5

 当然ながらトロミの強いつけ汁がツルツルの麺によく絡みますな。大き目の角切りにされたチャーシューが旨い。口の中でとろける感じ。

 240gはアッという間だ。スープ割りを頼むと柚子を足してくれた。柑橘系の風味がプラスされて。これはこれでよし。

◆月と鼈 (つきとすっぽん)
 港区新橋4-27-7 最寄駅:新橋・御成門駅
 11:00-22:00 土・祝日 11:00-20:00
 日曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.05

「幸家@勝どき」で家系ラーメン

 月島で打ち合わせ。先に食事をしようと大江戸線の勝どき駅を降りたところで、あたりを見回すと、看板に横浜家系ラーメンの文字を発見。

Yiekei_kouya1

 というわけで、お初 且つ なんの予備知識も無しで入ってみたのが、ここ「幸家」。広めの店内はいわゆる家系の雰囲気ではなく、街のラーメン屋さんみたいな。

 券売機で食券を買って、すぐに寄ってきてくれた女性の店員さんに手渡す。カウンターに座ってしばらくして気がついた。麺の硬さも味の濃さも、脂の量も聞いてくれなかったのだ。テーブルのお品書きによると他の家系同様、好みを伝えていいことになっている。慌てて「すいません、硬め濃いめ多めでお願いします」と目の前で麺上げを担当しているご主人らしき人に伝えると「はいよ」とお返事。良かった間に合ったみたいだ。

Yiekei_kouya2

 「ラーメン(中盛) 750円」
 しばらくして出てきたのがこちら。家系らしく大きめの海苔三枚にチャーシュー、ホウレンソウ、メンマ、ゆで卵の半身。茶濁したスープの表面には脂が浮いている。よしよし、ちゃんと家系してるじゃないですか。
 まずはスープを一口。うーん、家系にしては薄めというか、とてもマイルドな印象。油膜も思ったほどではない。濃いめと多めのオーダーが通らなかったかな?

Yiekei_kouya3

 麺は家系にしてはやや細め。茹で加減も硬めのオーダーが間に合わなかったかな。細めであることもあって、ヤワな印象。

 テーブルに置かれている、ニンニクと豆板醤?を多め入れてやると、好みの味に近づいた。

 家族連れにも愛される、そんなラーメンを目指した家系みたいな気がする。お昼時を少しハズした時間帯で半分ほどの入り。殆ど地元のお客さんみたいだったから、それなりに繁盛しているのだろう。たぶんこのあたりでは貴重な家系。頑張って欲しいものだ。

◆横浜家系ラーメン 幸家
 中央区勝どき1-8-1 勝どきビュータワーB1F
 最寄駅:大江戸線勝どき駅
 11:00-14:00 17:30-21:30 土曜 11:00-14:00
 日祝休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.22

「月島ロック@月島」で塩ラーメン

 2009.1.26 のオープン後、間もなく一度食べて以来の「月島ロック」である。ご存じ相模原の有名店「69‘N’ROLL ONE」のご主人がプロデュースした店だ。
 早い時間から一杯やったついでに酔って、ぢゃない寄ってみることにした。18時過ぎの店内には、先客は三人ほど。

 以前来た時には、店内に"Led Zeppelin"や"The Beatles"が抑え気味に流れていたのだけど、今日は酔っていたせいか、それとも知らない曲だからか、何が流れていたのか気がつかなかった。

110722tsr1

 「塩ラーメン 850円」
 ご覧のとおりいかにも塩というルックスに鶏の胸肉?のチャーシューが3枚浮かんでいる。表面に浮いているのは鶏油かな? かといってあまり鶏トリした感じはなく美味しいスープだ。

110722tsr2

 加水率低め?の細ストレート麺は、やや柔らかめ。でもヤワ過ぎるということはなく、ツルツル感がいい旨い麺だ。

 高い水準でバランスのとれた美味しいラーメン。でも高いなぁ。というのが初めて行った時の印象で、それは今回も変わらなかった。

 情報不足もあって月島では他に美味しいラーメン店を知らないから、また酔っぱらった後の締めに寄ることもありそうだ。

◇月島ロック
 中央区佃2-16-7 最寄駅:月島
 11:30-15:00 17:00-24:00 日曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)