2019.10.20

「ラーメン 大木戸」キノコとマツタケのらーめん

 「むろや」時代からこの時期恒例の限定メニュー「茸(キノコ)と松茸(マツタケ)」をやってくれるという。その情報を知ってしまっては行かないわけにはいかない。というわけで、ひたすら環七を南下して「ラーメン 大木戸@梅屋敷」

 開店時間を少し過ぎて着いてみると先客は3人。皆さん狙いは同じのようだ。券売機で限定のボタンを押して着席。待つことしばし。

191020okido03

 「限定 茸と松茸のらーめん(大盛) 1,000円」
 目の前に出された瞬間、キノコの香りがドッと鼻腔に入り込んできた。この香りだけで遠くまで来て良かった。そう思わされた。パッと見、マツタケのほかに判るのは大シメジ。

 醬油のように黒いスープをひと口すすると、全てがキノコ、茸、きのこ。もうやられた感(^^;

191020okido06

 思ったよりずっと大きい松茸はまたカナダ産かな? 国産か否かに関わらず、芳香と呼びにふさわしい松茸の香りが堪りません。

191020okido05

 いつものチャーシューに変わって載っているのは肴の切り身。シイラ(マヒマヒ)だそうだ。煮るとマグロに似た感じ、かな?

191020okido04

 浅草開化楼製の細ストレート麺が、この旨いスープをよく持ち上げる。

 秋を満喫できるラーメン。もちろん、このスープを残せるはずもなく、完食の全汁。ご馳走様でした。

ラーメン大木戸
 大田区大森西7-7-17 最寄駅:梅屋敷
 11:15-15:00 17:00-21:00
 不定休(ほぼ無休)元「むろや」 2014.3.16移転オープン

|

2019.10.18

「オリエント・スパゲッティ@中野」で秋冬限定 牡蠣の醤油味

 今月は二度目の訪問となる「オリエントスパゲッティ」。薬師あいロードの中ほどにある知る人ぞ知るパスタの名店。そろそろ秋冬限定の「牡蛎の醤油味」が始まっているはずだ。

Orientspa_yoru2

 夜の部 19時少し前の店内はテーブル席がほぼ埋まっていた。空いているカウンター席の奥に座って店長に「牡蛎の醤油味ある?」と聞くと「ありますよ」とのお答え。「じゃそれ」とお願いして待つことしばし。

191018orientspa09

 「牡蠣とベーコンと野菜の醤油味(大盛)1,250円」
 当たり前かもしれないけど、牡蛎と醤油がよくあうのですね。さらにベーコンの芳香と野菜の甘みが加わって、この店の秋冬の王様・・・とは私の感想ね。

191018orientspa12

 四つ載っている大粒の牡蛎の一つを頬張ると、もう口腔内は全てカキ、かき、牡蛎

191018orientspa13

 アルデンテに茹で上げられたスパゲッティのツルツル感、持ち上げられるスープ。もう文句なしですね。

 わずかに残ったスープもスプーンできれいに平らげて、ご馳走さまでした・・・・。

 春夏とメニューが一部入れ替わっています。このメニューを含め、未食の方には是非どうぞとお奨めしておきますね。

オリエント スパゲッテイ orient spaghetti
 http://www.arthur-seaton.com/orient/
 中野区新井1-23-22 最寄駅:新井薬師前 or 中野
 11:30-23:00 (ランチタイムは 15:00まで) 無休

|

「なりくら@高田馬場」で ロースかつのランチ

 今年 3/21、惜しまれながら突然閉店した「成蔵」。その跡をお弟子さんが継いで 4/1 独立オープンさせたのがこの店。その名も"ひらがなけやき"ならぬひらがな「なりくら」である。

191018narikura01

 ちなみに元のご主人である三谷氏は南阿佐ヶ谷に店を移転させ「成蔵」をリニューアルオープンさせた。というのはのは有名な話し。

191018narikura02 191018narikura03

 てなことはおいといて。かつて整理券制の上にデポジットが必要だったりと大行列だったこの店も「ひらがな」に改名し本家が南阿佐ヶ谷にオープンすると客足も落ち着いたようだ。
 今日金曜日の 13:15頃に着いてみると行列もなく、すんなり入店してカウンターに着席。

 この時間帯はランチメニューのみで銘柄豚なども載っていない。またそのランチメニュー自体も限られており上ロース等の選択の余地さえもなかった。

191018narikura11 191018narikura12

 何はともあれ「生ビール 600円」。平日真っ昼間のプハーっ!はそれだけで素晴らしい。
 カウンター上にはとんかつソース、ノンオイルドレッシング、ピンク岩塩、カラシが並んでいる。着席から20分ほど、ビールはとっくに飲み終わり、ぼんやり厨房の作業を眺めているうちにご提供。

191018narikura13

 「ロースかつ定食(120g) 1,680円+単品ひれかつ 380円x2」
 とんかつの他は豚汁にご飯、お新香。まずは豚汁を一口。うん旨いですね。

191018narikura14 191018narikura15

 成蔵時代から受け継ぐ白くフワフワな衣はロースもヒレも同じ。

191018narikura16

 一番厚そうな部分を返してみると、均一に淡く入ったロゼ。さすが成蔵のなりくらですね。
 例によってまずは何も付けずに、ヒレかつから。包丁が入っていないので断面の画はなし。こちらも淡いピンク色。サクフワの食感の衣に、肉汁ジュワの豚肉は味がしっかりしていて旨い。

 続いてロースかつ。120gとあって、厚さによる満足感には欠けるものの、サクフワの衣、豚肉の旨み脂身部分の甘み、どれも申し分ない。

 二切れ目からは全てピンク岩塩で食べた。キャベツはドレッシングで。ご飯のお代わりをどうしようかと思ったけど、ここは我慢の子。

 きれいに食べ終わって、ご馳走様でした・・・#

 今回は限られたランチメニューだけだった。銘柄豚などを食べてみたければ、夜の部が正解のようだ。

なりくら
 新宿区高田馬場1-32-11 最寄駅:高田馬場
 11:00-14:00 17:40-20:00
 日曜・木曜休 2019.4.1 独立オープン

|

2019.10.17

新店「ただいま変身中@中野」で 牡蛎ラーメン

 本日、中野ラーメンストリートにオープンした牡蛎出汁がメインのラーメン店。元お好み焼きの「登仁角(とにかく)」があった場所。

191017tadahen01

 ラーメン店としては変わった名前、「ただいま変身中」だそうだ。だから大きく "Transforming Now!" と壁に書かれているのか。

  先日書いたように お店の人によると大阪にある鯛出汁ラーメンの「抱きしめ鯛」という店の東京進出3号店?だそうだ。(「鯛塩そば 縁@板橋 」「君に会い鯛@東武練馬」が同系列らしい) 14年間フレンチを学んだシェフが作るラーメンだとも。

191017tadahen02 191017tadahen03

 19時少し過ぎという時間に着いてみると八割ほどの入り。私が最近ラーメン方面にアンテナを張っていないせいかもしれないが、事前情報は殆ど無かったと思うし、派手な花輪などなく生花が一基だけと地味なオープンに見えるけど、結構入っている印象。
 牡蛎出汁がメインだというので、券売機で牡蛎ラーメンの食券を買って着席。

 ピカピカで広めの厨房。奥には麺茹で機。割りと小さ目な寸胴が手前側にあるのが目を惹く。見える範囲では判らないが、どこかに大きな寸胴でもあって こちらに小分けでもしているのだろうか。などと思っているうちに、ご提供。

191017tadahen04

 「牡蛎ラーメン 880円」
 ご覧のとおりの白湯スープは豆乳によるものだろうか。それが軽く泡立っている。ライト泡系?そんな感じだ。中央にバゲットの薄切り。その裏に青菜かな? 豚と鶏のチャーシューに牡蛎。

 まずはレンゲでスープをひと口。かなり濃い牡蛎味がドンと来る。他の魚介は鯛? 豚や鶏は使っていないのだろうか。私のバカ舌では判らない(^^ゞ
 どうやってこれほど濃い牡蛎味を出すのだろう。不思議なくらいだ。ともあれ充分旨いスープに驚かされた。

191017tadahen07_20191018004201

 牡蛎の表面にはトビコ。プリッとした印象を助けている。早速食べてみると、口の中が牡蛎味で一杯になった。でもわずかに生臭さ。これ、あまり嬉しくない。

191017tadahen06 191017tadahen08_20191018004301

 加水率低めと思われる細く白いストレート麺もいい。どちらも低温調理なのだろうか。ピンク色の薄切りチャーシューと同じく薄切り鶏チャーシュー。食感と言う意味ではもう少し厚いと嬉しい。

 なんだか「今どきの流行りを全部詰め込みました」みたいなラーメンだった。ともかくも美味しいので、近々再訪してみるつもり。今度は奮発してプレミアムな鯛×牡蛎というヤツをいってみようかなと。

 内外装ともにかなりお金がかかっていると思われるので満を持しての出店。なのだと思うけど、ラーメン店飽和状態とも思えるこの超激戦地中野、しかもラーメンストリート・・・果たして。

ただいま変身中
 https://www.instagram.com/tadahen.nakano/
 中野区中野5-53-3 最寄駅:中野
 11:30-15:00 18:00-23:00 無休らしい
 2019/10/17 11:30オープン

|

新店「とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ 飯田橋店」

 飯田橋と九段下のほぼ中間。目白通り沿いに昨日(10/16)オープンした「とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ 飯田橋店」。店先に生花なども飾られ それらしい雰囲気も出している。

191017ippekoppe01

 その名のとおり今では一大勢力となった「とんかつ檍(あおき)グループ」の一店で「いっぺこっぺ」店としては都内3店目?になるみたいだ。

191017ippekoppe02 191017ippekoppe03

 またカレー屋とあるけれど、単なるカレーはメニューになく、基本は「かつカレー」で「とんかつ定食」もちゃんとあるという、どちらかというと「とんかつ屋」寄りの「カレー屋」さん。

 事前情報で「上ロースカツカレー」以上は、とんかつとカレーライスが別々に出てくると聞いていたので、入口の券売機で「上ロースカツカレー」を選択。昼の部でも早い時間だったせいで、PPからすんなり入店。

191017ippekoppe04 191017ippekoppe06

 L字型カウンターのみ 15席ほどの店内は新しく清潔(当り前か)。テーブル上の調味料はご覧のとおり塩が3種類とソースに醤油。そうして赤くない福神漬け。

191017ippekoppe07

 目の前には「塩で食べるとんかつをお楽しみください」とか、美味しい食べ方なんかが書いてある。好きにさせてくれ(^^;

 着席から10分。ビールを飲めないのが恨めしい。なんて思っているうちにご提供。

191017ippekoppe11

 「上ロースかつカレー(200g) 1,800円」
 いかがでしょう。このルックス。ちょっとウナッてしまいそう(^^; 何故とんかつとカレーが別々に出てくる方がいいかと言えば、当然とんかつ定食として食べるのと、かつカレーとして食べるのとの両方が楽しめるから。

191017ippekoppe15

 判りにくいかもしれないけど、とんかつだけでも結構なボリューム。

191017ippekoppe14

 真ん中右寄りの部分を返してみるとこんな感じ。檍グループなのだから、たぶん林SPF豚なのだろう。一昨日食べた「成蔵」ほどではないにしろ、サクサクの衣と肉の旨み、油の甘みが素晴らしい。

 三種類の塩それぞれで食べてみたけれど、私的には慣れた?ヒマラヤ岩塩が一番好みだった。ご飯はカレー用にボウルで固められてしまっているのでイマイチ。

191017ippekoppe12

 うまい旨いと、とんかつを食べ過ぎてしまったので、端っコの2枚と真ん中の厚みのある一枚だけをカレーに投入。カレールーを吸ったとんかつを食べてみると、なるほど旨い。でもこのとんかつはカレーにはもったいない感じ。

 ともあれ、ここからは早い。カレーは飲み物とばかり、アッという間に完食。ご馳走さまでした。

 林SPF豚 200gで この価格設定は充分安いと思う。再訪必至。次回は間違いなく「とんかつ定食」の方でいきたいと思った・・・・。

とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ 飯田橋店
 千代田区飯田橋1-7-11 最寄駅:九段下or飯田橋
 11:00-15:00 17:00-21:00
 日曜休  2019.10.16オープン

|

2019.10.16

「麺や 神笑(かぐら)@中野」で たん麺

 ここのところ中野でラーメンを食べたいとなると「狸小路」で完結してしまっている気がする。この小さな商店街には「五丁目ハウス」「神笑」「Kaeru」とハイレベルな店が固まってあるのですね。それぞれ家系、鍋振り味噌ラーメン系、二郎系と好きなジャンルばかり。

Kagura_tanmen01

 というわけで今日は「麺や 神笑(かぐら)」。前回は黒味噌ラーメンを食べたっけと、お気に入りのタンメンを選択。

191016kagura05

 「たん麺 780円」
 無料のトッピングは、ヤサイにホウレンソウ、ショウガ、ニンニク。全部載せてもらうことにした。

191016kagura06

 浅草開化楼製の極太平打ち麺に、ヤサイとイカゲソの旨みが見事に溶け込んだスープがよく絡む。文句なしですね。
 完食の全汁でご馳走様でした。

191016kagura09

 そうそう 10月限定でこんなのをやっていた。夜の部(18:00~)でラーメンを頼んだ人は、ハイボール、レモンサワー、水割りのどれか一杯をサービスしてくれるそうだ。ついでに一杯をという人はお早めに。
 えっ私? もちろんハイボールを頼みましたとも(^o^)v

麺や 神笑(かぐら)
 中野区中野5-56-15 最寄駅:中野
 11:00-15:00 18:00-23:00
 土祝 11:00-21:00 日曜休
 旧 麺屋 星雲 2017.5.9 移転オープン

|

2019.10.15

「成蔵@南阿佐ヶ谷」で 東京Xのリブロースかつ定食

 ちょうど1ヶ月ぶり。高田馬場からこの地に移転してまだ3ヶ月だというのに、すでに超人気店。

190724narikura02

 今や完全予約制の「とんかつ 成蔵」。(何故完全予約制になったかは以前の記事参照)

 いつもは予約時間に行って、外で注文をしてから20から30分待っての入店なのだけど、今日はすぐに入店して着席。店内で注文。

191015narikura12 191015narikura13

 残念ながら「愛農ナチュラルポーク」は無い。非常にレアなものだから、そうそうは入らないのは仕方ない。
 でも今日は岩中豚以外、全てのメニューがあるそうだ。つまり東京Xのシャトンブリアンもあるということ。迷った末、でもやっぱりロースだよねとリブロースで行くことに決めた。同時に「ヱビスビール 650円」。そして一人乾杯(^^ゞ

191015narikura14

 「東京エックス リブロースかつ(200g)定食 5,580円」

191015narikura15

 いつもの白い衣のとんかつがドンっ! 箸で触ると表面の衣がハラハラと落ちるのだけど、衣自体が剥がれるようなことはない。それほどサクサクというよりフワフワの衣なのですね。

191015narikura17

 さて例によって一部を返してみると。おおっ!と思わず声に出してしまいそう。ご覧下さい、全体に薄く入ったピンク色を。見事な火の入り具合(ほんの一部に苦手な色味があるのだけど、実食では全く気にならなかった)。

 まずはいつもどおり何も付けずにひと口。「うん旨い」。フワりとした衣の食感にやたら柔らかい肉の食感。肉汁ジュワっ。

 さすが東京エックス・・・と思ったのだけど、脂身の部分を食べてみると、あれ?ちょっと違和感。脂が多すぎるのか、あの甘みに欠けるような?
 リブロースだから脂身が多いのが特徴。だからこそその甘みに期待したのだけど、少しばかり思い込みが強すぎたようだ。前回の雪室熟成の特ロースの方が私的には好み。

 残りの肉殆どをいつもどおりピンク岩塩とカラシで食べた。最後の二切れにキャベツにかけたソースをチョコっとつけてみると、強い脂をソースの強さが中和してくれるようでこれはこれで良かった。

 お値段が一番高い東京エックスはこれで卒業かな? シャトンブリアンはまだ食べてないけどね。
 次回はあれば愛農を。なければ岩中を。それも無ければ雪室熟成をいってみたい・・・#。

とんかつ 成蔵(なりくら)
 https://twitter.com/narikura_1010/
 杉並区成田東4-33-9 最寄駅:南阿佐ヶ谷
 11:00-14:00 17:30-20:00 [完全予約制]
 水・日休 2010/8 高田馬場で創業 2019/7/8移転
 予約サイト https://www.omakase-japan.jp/stores/55285

|

中野ラーメンストリートに新店「ただいま変身中」オープン予定

 中野ラーメンストリートの早稲田通り側出口近く、元お好み焼きの「登仁角(とにかく)」があった場所(ゲームセンターの前辺り)に、またもやラーメン店。

191015ramen01

 先日来工事が進んでいたが 17日の 11:30にオープン予定だそう。しまった、店名聞くの忘れた(^^ゞ・・・その後「ただいま変身中」だと判明。

191015ramen03

 なんでも大阪は西区にある鯛出汁ラーメンの「抱きしめ鯛」という店の東京進出3号店だそうだ。(「鯛塩そば 縁@板橋 」「君に会い鯛@東武練馬」が同系列らしい)

 鯛出汁ラーメンというと真っ先に曙橋の「灯花」が思い浮かぶが、この店は牡蛎出汁がメインとなるらしい。牡蛎出汁というと、がんこ系の「覆麺智」が真っ先に・・・(^^;
 メニューは「赤牡蛎ラーメン 880円」「牡蛎+鯛ラーメン 1,400円」「牡蛎ラーメン 880円」の三種類。やや強気の価格設定かな?

 ラーメン店飽和状態とも思えるこの超激戦地中野で・・・果たして。

 きっと末尾に「鯛」が付く店名なのだろうけど、何はともあれ「おめで鯛」ということで、早く食べ鯛?(^o☆)\カシッ!

10/16追記: すでに食べログにアップされていた情報によると、店名は「ただいま変身中」で、オープンは 17日木曜日だと思われます。14年間フレンチを学んだシェフが作るラーメンだそうです。

ただいま変身中
 https://www.instagram.com/tadahen.nakano/
 中野区中野5-53-3 最寄駅:中野
 11:30-15:00 18:00-23:00 無休らしい
 2019/10/17 11:30オープン

|

2019.10.13

「Kaeru(カエル)@中野」で ゼンマシ

 体育の日。台風がなければ行きたいところがあったのだけど、中野でポン。

160115_kaeru01

 中野における二郎インスパイヤの雄「Kaeru(カエル)」。その後「大」とか「豚山」が出来たけど、私的にはこの店こそが大の推し麺。
 何度か書いているけど、根っこは「堀切二郎(現 大)」系の「ぽっぽっ屋」系。ちゃんと自分の店で炊き出している店なのですね。ずっとご主人一人でオペレーションしているのも凄い。

191013_kaeru13

 「ラーメン 730円?」
 久しぶりに生玉子抜きのゼンマシにして貰った。ヤサイ、ニンニク、カラメ、アブラにキザミタマネギね。

191013_kaeru09

 真上からだと全くボリュームが伝わらないので、斜め上からの画像も。結構凶悪でしょう(^^;

191013_kaeru17

 浅草開化楼製の極太麺は、ゴワっとするほど硬い食感。ボキボキ感と言う人もいるくらいだ。最初はある程度ヤサイを食べ進んだところで天地返し。
 この極太の縮れ麺が、甘辛く旨いスープをよく持ち上げるのですね。

191013_kaeru19

 出す直前に湯気で温められたバラ肉ロールのチャーシューはトロトロ。これをシンナリしたヤサイと極太麺と一緒に頬張ると、この店へきて良かったと。

 文句なし。完食の八割汁でご馳走様でした。

らーめん Kaeru (カエル)
 中野区中野5-56-15 最寄駅:中野
 11:00-15:00 18:00-23:00
 日曜休 2009.9.27オープン

|

2019.10.09

「とんかつ ひなた@高田馬場」で 肩ロースかつ定食

   私のとんかつ愛(まだ浅い)を高めてくれたイベント、先日の「とんかつ研究会」から二週間ほど。

191009hinata01

 「とんかつ ひなた」
 目指すは高田馬場。13時少し前という時間に店の前に着いてみると、幸い行列はなく、即入店。

191009hinata02 191009hinata03

 一つだけ空いていた席についてまずはビール。平日、真っ昼間のビールはいつも以上に旨い。肩ロースがあったので今日はそれ。サイドメニューとして「いちぼ」をオーダー。

191009hinata04

 「肩ロースかつ定食 1,850円 +いちぼ 500円」
 どちらも宮城の「漢方三元豚」という銘柄豚の肉を使用している。

191009hinata05 191009hinata06

 左が「肩ロース」で右が「いちぼ」。まずは「肩ロース」と「いちぼ」を何もつけずに。続いてもテーブル上の「インカ天日塩」「高知の塩あまみ」でそれぞれを。

191009hinata07

 どうでしょう、この火の入り加減。こんな風にロゼを常に残すのは難しいと思うのだけど、いつも安定してる。
 やっぱり肩ロースが旨い。適度な肉の旨みと脂身の甘み。もう少し厚いと嬉しいのだけど、それはお値段とのトレードオフ。

191009hinata08

 そうして、いちぼ肉の食感が良かった。なんというか適度な噛み応えと、そっと続く甘味。わずかについた脂身によるものだろうか。
 青山バルバッコアに行くと、ピッカーニャ(牛いちぼ肉)ばかりを頼むのだけど、豚肉でも「いちぼ」は旨いのだ。

 ご飯とキャベツは一回までお代わり無料なのだけど、どちらもお代わりせずに大満足・・・・。
 ビールと併せてお会計は 2,900円。ちょっと奮発したお昼ご飯なのでした。

◆とんかつ ひなた
 http://www.tonkatsu-hinata.jp/
 新宿区高田馬場2-13-9 最寄駅:高田馬場
 11:00-13:30 17:00-20:30
 日曜休 2017.1.12オープン

|

2019.10.08

「覆麺 智@神保町」で 鮟肝出汁の塩

 火曜日の「覆麺 智」は塩の日。今月は鮟肝だから、どーしても食べておきたい。というわけで、今日もまた神保町攻め。

191008fukmen01 191008fukmen02

 11:45頃に着いてみると、皆さん同じように狙っているのか、すでに8人の行列。でも回転は速い。じきに入店して着席。

191008fukmen03

 「鮟肝出汁の塩ラーメン+濃厚鮟肝ソース 1,200円」

191008fukmen05

 中央に鮟肝のペースト?、左上の海苔に載っているのが濃厚鮟肝ソース(100円)。右上から味玉、青唐にいつものトロトロチャーシュー。

 まずはレンゲでスープをひと口。鮟肝出汁がフワリ。旨い。やっぱり火曜日の塩は一味違う。

191008fukmen06

 サッポロめんフーズ謹製いつもの細ストレート麺に鮟肝ペーストを絡めて食べるのもいい。

 途中で濃厚鮟肝ソースをスープに溶かしてやると、全てが鮟肝で満たされる感じ。堪りませんね。さらにトロトロに溶け始めたチャーシューにこのソースを絡め、麺と一緒に頬張ると、もう至福の時。わざわざ神保町まで来て良かった。

 もちろんこのスープは残せない。完食の全汁で、ご馳走様でした。

覆麺 智(とも)
 https://twitter.com/hukumentomo2009?lang=ja
 千代田区神田神保町2-2-12 最寄駅:神保町
 9:00-20:00(日曜 11:00開店) 水土祝は 15:00頃まで
 売切れ終了あり 無休 日曜は弟子君メニュー17:00まで

|

2019.10.06

大国鮨(だいこくずし)@新井薬師前

 新井薬師前駅北口から200m弱の右側にある「大國鮨」。パニマスと AKMさんに日曜日夜の部へ連れて行って貰った。

191006_ohkuni01_20191010055201

 創業は昭和45年だそうだ。であれば地元民の私が知っていても良さそうなものなのだけど、殆ど回る寿司にしか縁の無い私の目には入らなかったみたいだ(^^;

191006_ohkuni02_20191010055201

 ビールで乾杯した後、つまみからスタート。どれもこれも美味しかったので、ひと通り画像を載せておきますね。

191006_ohkuni03191006_ohkuni21

 それぞれツマミやネタについて説明しながら出してくれたのだけど、例によってアルコールで揮発してしまう記憶のため殆ど覚えてないの(^^;

191006_ohkuni05_20191010055201

 だから画像だけ(^^; つまみだけで10種類。にぎりも 9種10貫。

191006_ohkuni04 191006_ohkuni06

 ま、美味しそうなのが伝わればいいか。

191006_ohkuni07 191006_ohkuni08
191006_ohkuni09 191006_ohkuni10

 ここから、にぎりへ。

191006_ohkuni11

 最初にこはだ。

191006_ohkuni13 191006_ohkuni14

 イカとシャコ。

191006_ohkuni15 191006_ohkuni17_20191010055001

 スズキ?と貝柱。

191006_ohkuni16

 中とろ。美しい。

191006_ohkuni18

 提供された瞬間に鼻腔を満たす甘海老の芳香。

191006_ohkuni19 191006_ohkuni20

 あれ?玉があったはずだなぁ。食べたような記憶が・・・。
 ともあれ美味しくも楽しい夜だったのです。

◆大国鮨 (だいこくずし)
 http://www.daikokuzushi.jp/index.html
 中野区上高田5-46-8 最寄駅:新井薬師前
 11:00-23:00 水休

|

クルマの電子キーの電池を交換(二度目)

 前回、電子キーのバッテリーを交換したのは 2016年7月のこと。それから3年と少々。

191006_key_batt_r

 エンジン停止時、サブディスプレイに電子キーのバッテリー交換を促すメッセージが出るようになった。
 そう言えば、ちょっと遠くからだとロックやアンロックができなくなってきていたのだった。前回も納車から3年ほどで交換したのだっけ。

19100602

 というわけで、いつ寿命を迎えてもいいようにと買い置きしてあったボタン電池 CR-1632 に交換することにした。

19100603

 次回の作業のためにメモ。ドライバー不要。物理キーのロックを解除して取り外し、そのキーで専用の溝をコジッてやるとパカッとカバーが開く。そして電子キー本体部分を取り出し、電池を換えるだけ。

 念のため、エンジン停止時に表示が出なくなっているかをチェック。よしよし、ちゃんと成立してた。めでたしめでたし(^^;

|

2019.10.05

2019初秋・アクアラインを越えて

 先日の台風15号で痛めつけられた房総半島。浜金谷の「the fish」も例外ではない。

ザフィッシュ

 でもこのHPで「さぁ行こう!金谷」というポスター(というか一種の檄文?)に接して、その気になってしまった。これまで金谷というか房総半島へ行くこと自体が躊躇(ためら)われていたのだ。

 そんなわけで久しぶりに「梅乃家」のラーメンも食べたいしで「さぁ行こう!房総半島」とばかりアクアラインを越えた。

 木更津金田ICからはずっと下道。君津の国道沿いまでは目立った被害は少ないように見えたけど、富津市に入り海辺に近づくと、ブルーシートに屋根や壁が覆われた家々が目立ちはじめた。

191005umenoya

 竹岡も例外ではない。幸い「梅乃家」は営業を再開していたが、周囲にはブルーシートの家が点在している。

191005takeoka

 すぐ近くの小さな保育園(保育所)では運動会が始まろうとしていた。良かった、運動会ができて。子供たちが楽しみにしていた行事のはずだもの。

191005_thefish

 さらに南下して金谷。頑丈そうに見える金谷港の「the Fish」も部分的に損傷を受けている。今日から営業再開だそうだ。いつもなら混雑しはじめる時間。まだお客さんは殆どいない。

 保田漁港あたりからは、さらに台風の傷跡が目立ちはじめた。屋根や壁は南側が特にひどい。台風の強風がまともに吹きつけたからだろう。

 かつて海キャンプによく訪れた富浦に入ると、さらに状況はよくない。
 半壊?した家屋や、全壊した古い納屋。ブルーシートに覆われた家々が本当に痛ましい。あちこちで消防関係や役人と思われる人たちの姿が見られる。
 ライフラインは戻っても、まだまだ日常生活を取り戻せてはいないのだ。

191005haraoka02

 そんな町並みの写真は何枚も撮ったものの、とても上げる気にはならない。だから家屋が写らないように富浦の原岡海岸からの画像を何枚か。<br/ > 振り返ればブルーシートの家々。

191005haraoka03

 快晴。海の青と空の青。かえってもの悲しく感じてしまうのです。

 館山まで行くつもりでいたのだけど、観光気分ではいられない。一旦帰ることにしよう。落とすべきお金もないし(^o☆)\カシッ

|

2019初秋の富津竹岡「竹岡式ラーメン 梅乃家」

 少し出遅れたためにアクアラインの渋滞にはまってしまった。そのせいで海ホタルで一休みすることもできず、富津竹岡に着いたのは9時少し前。

191005umenoya01

 4ヶ月ぶりの竹岡式ラーメン発祥の店「梅乃家」。開店時間の1時間前で先客はナシ。台風15号の影響からかまだ房総半島へ来る人は少ないようだ。

 例によって開店の少し前におばちゃんがオーダーを取りに来てくれた。朝のうちはチャーシューメンはOKだというので。大チャーシューメンと やくみ(薬味)をオーダー。定刻に数分遅れて開店。これも恒例。

191005umenoya02 191005umenoya03

 いつもの場所に陣取って変わらぬ店内を見回す。幸い消費税増税に伴う値上げはなさそうだ。でも11月以降はひょっとすると・・・。
 千葉の製麺所「都一」の乾麺が入った段ボール箱と、同じ富津市の佐貫にある「宮醤油店」の醤油が無造作に置かれている。
 着席から15分ほどでご提供。大チャーシューだというのに恒例の?スープこぼしがないのが、ちょっと淋しい。

191005umenoya04

 「大チャーシュメン 950円+やくみ 50円」
 山と盛られた「やくみ(キザミ玉ねぎ)」と、全部で8枚の分厚いチャーシュー。隠れて見えないが奥に海苔とメンマ。そうして黒く醤油色をしたスープ?に元乾麺の縮れ麺。

191005umenoya05

 改めて書いておくと、乾麺は炭火の七輪で沸かした湯で茹でる。何故か七輪でないとダメなのだそう。ガスのニオイが移るのを嫌うのだろうか?
 でもチャーシューはバラ肉のブロックを普通にガスの火で煮るのですね。不思議。どちらも大きな洗面器みたいな丸い鍋を使うのもこの店のこだわりみたいだ。

 スープはチャーシューの煮汁を、麺を茹でたそのお湯で割っただけ。ダシなんて取ってたりはしないのですよ。
 とにもかくにも、これぞ元祖竹岡式なんですね。

191005umenoya06

 例によって縮れ麺が醤油色に染まって上がってくる。チャーシュー煮汁の醤油味がしみ込んでいるように感じる。

191005umenoya07

 そうして分厚いチャーシューたち。ご覧のとおりこれも醤油色に染まっている。実際強めに醤油味がついているけど、これが柔らかく旨いのですよ。何枚食べても終わらないかのよう。麺を大盛りにしたのをちょっと後悔した。

 かつて、せめて生麺を使えばいいのにとか、出汁の素でもいいから多少なりとダシを加えればいいのにとか思ったことがあるけれど「いいんです!(川平ジェイ風に)」。とにかく梅乃家の竹岡式はこのスープとこの乾麺の組み合わせでなくてはならないのです。

 真面目にダシを取っている今時のラーメン屋さんもビックリという大行列の店。旨いとかマズイとかを超越した、この地域と言うより「この店独特のラーメン」なのです。

 そうそう、持ち帰り用に「梅割り」を買っていかなくては。

竹岡らーめん 梅乃家(うめのや)
 千葉県富津市竹岡401 最寄駅:竹岡
 10:00-18:00頃(売切れ終了)
 火・水休+月一回ほどの不定休

|

2019.10.03

今年初めての秋刀魚(さんま)

 今年2月、中野昭和新道商店街にオープンした「大衆酒場 NONDAKURE ジョージ」。16時から開いていることもあって、その後もちょくちょく寄らせて貰っている。

 店に入ると大将が「今日は秋刀魚がありますよ」と。「じゃ、それ」と私。今年はまだ秋刀魚を食べていないから食いつきも早い(^^;

191003george01

 「新秋刀魚(さんま)刺身 480円」

191003george02

 新秋刀魚が食べられたというだけで、なんだかやたらと嬉しい。

 我が家では高いし痩せてるし見るからに美味しそうじゃない。とかで買ってもらえないので、まだお預け。できれば炭火の塩焼きも食べたいなぁ。

191003george03

 おまけ。「くじらの刺身 480円」。これもまた旨かった。思ったよりずっと柔らかいのです。

◆大衆酒場 NONDAKURE ジョージ
 中野区中野5-53-9 最寄駅:中野
 16:00-翌朝 04:00 無休?

|

2019.10.01

「オリエント・スパゲッティ@中野」海の幸スパゲッティ

 中野「薬師あいロード」の中ほどにある「オリエントスパゲッティ」。この日はF夫妻を伴って行ったのだけど、残念ながら例の「オリエント風ナポリタン」はすでに終わっていた。仕方ない。数ヶ月先に一度しか作らないソースなのだから、またいつかやってくれるのを待ちましよう。

191001orientspa02

 もちろん他のメニューも旨いので、夜の部のパスタメニューを眺めて何にしようかな。

191001orientspa03

 「海の幸スパゲッティ 醤油味 1,200円(税抜)」
 ムール貝、海老、ヤリイカ、アサリ、タコが使われていて、それぞれの旨みがちゃんと出ている。

191001orientspa07

 ジョージ、パニパニと呑んだ後なので、記憶はいい加減なのだけど、大盛りにしなかったのを後悔するくらい旨かったのを覚えている。

 さて、もうしばらくすると冬のメニューに変わる。大好きな「牡蠣とベーコンと野菜の醤油味」が出てくるのを楽しみにしていよう。

オリエント スパゲッテイ orient spaghetti
 http://www.arthur-seaton.com/orient/
 中野区新井1-23-22 最寄駅:新井薬師前 or 中野
 11:30-23:00 (ランチタイムは 15:00まで) 無休

|

2019.09.28

メモ:オイル&エレメント交換

 フォレスターSJGが納車になってから、早や丸6年が経過。

 この間、半年(約5000km)毎にオイル交換。1年毎にエレメントも併せて交換している。

 というわけで、本人が二郎不足を解消したその足で、いつものタイヤ館目白。

Edge5w30sn Piaa_z6m

 Castrole Edge 5W-30 SN(4L) 3,070円 と PIAA Z-6M 1,507円。実際のオイル充填量は 5.5L(差分は前回の残り)。

 

 これに工賃の 1,620円が加わって合計 5,197円也。走行距離は 64,925km。

 毎年秋冬用には合成油の良いヤツを。春夏用にはスバル純正の標準オイルをカード会員価格(ロハ・工賃のみ)で(^^;

 ついでにスタッドレスへの交換も予約もして来たのだけど、すでに第一希望日が埋まっていてビックリ!

|

「ラーメン二郎 桜台駅前店」で ニンニクアブラ

 ちょうど3ヶ月ぶりの直系 且つ ホーム二郎。真夏は行列に並ぶ気にならなかったというのが間が空いた理由(^^ゞ

190928jirous01

 土曜日の開店時間は10時。9:30過ぎに着いてみるとすでに行列。1stロットはダメでも二巡目はなんとか確保。

 定刻に開店。今日は(きざみ)ネギがある。であればと券売機でネギも買って着席。ご主人はおらず、いつものメガネの助手君ともう一人の助手君の二人体制。
 青と茶色のプラ札を天板に置いてから15分ほどで「ニンニク入れますか?」


190928jirous03

 「小ラーメン 700円+ネギ 100円」
 今日のコールは「ニンニクアブラ」。ネギを入れたのでヤサイマシは無し。

 一番上にトッピングされているのがそのネギ。桜台の乳化したスープにこのネギのアッサリ感が合うのですね。

190928jirous07

 なんとか天地返しをしたのがこちら。

190928jirous05

 いつもの極太麺をヤサイ・ネギと一緒に頬張るのが私的二郎の食べ方。

 ある程度食べ進んだところでドンブリを持って乳化したスープを一口。相変わらず旨い。メガネのスーパー助手君、ご主人がいなくても同じ味を出せてしまうのですね。もういつでも店を持てるではありませんか。

190928jirous06

 今日のブタがとてつもなく旨かった。元々この店のブタは旨いのだけど、今日のはそれを超える正に神レベル。大当たり!そう思いながら二枚のブタを頂いた。

 後から後から湧き出して来るような麺も、全く飽きることなく食べ進み完食の7割汁。

 やっぱり桜台は旨い。ご主人がいなくても?安心安定。文句なしのホーム二郎なのでした。

 そうそう、最後になったけど、以前から新店情報があった「ラーメン二郎 前橋千代田町店」のオープン日が本決まりになったそうだ。その日とは 10月27日の日曜日。
 きっとしばらくは大変な行列になるだろうから、落ち着いた頃を狙って行ってみるつもり。前橋だから泊まりにして渋川の「とんかつ街道」とセットが楽しそう。

ラーメン二郎 桜台駅前店
 練馬区桜台1-5-1 最寄駅:桜台駅
 昼の部 11:00-14:00(油そばのみ。臨休多し)
 17:30-23:30 土曜 10:00-16:00頃
 日祝休(不定休)

|

2019.09.26

「覆麺 智@神保町」阿波尾鶏と牛骨出汁の塩

 昼飯を食べるヒマなく働いて早帰りという木曜日。まだやっているかなと思いながらの神保町は「覆麺 智」

190926fukumen01

 この店は中休みがなく売り切れ終了までの通し営業なのですね。16時過ぎという時間。着いてみると、よしよしまだ暖簾がかかっている。
 店内は先客無しの、あれまスタッフもいない。どうしようと想っていると2階からH君が降りてきてくれた。

190926fukumen03

 「阿波尾鶏と牛骨出汁の塩ラーメン 880円」
 久しぶりの通常メニュー。鶏湯と背脂を選べるので背脂でお願いした。トッピングの青唐辛子と味玉はサービス。
 背脂にしたせいで、がんこらしい清湯には見えないけど、旨さは変わらない。

190926fukumen04 190926fukumen05

 いつもの細ストレート麺をトロトロに溶け始めたチャーシューと一緒に頬張るのが私的ベストの食べ方。

 例によって完食の全汁で、ご馳走様でした。

覆麺 智(とも)
 https://twitter.com/hukumentomo2009?lang=ja
 千代田区神田神保町2-2-12 最寄駅:神保町
 9:00-20:00(日曜 11:00開店) 水土祝は 15:00頃まで
 売切れ終了あり 無休 日曜は弟子君メニュー17:00まで

|

2019.09.25

とんかつ ひなた presents「第一回とんかつ研究会 ロースを究める」

 2017年1月のオープンから1ヶ月も経たないうちに「東京とんかつ会議」の殿堂入りを果たし、更にミシュランのビブグルマンにも掲載されているという「とんかつ ひなた」。その店が「とんかつ ひなた presents とんかつ研究会」なるイベントを始めるという。

190925hinata01

 今回はその研究会初の催し。「第1回ロースを究める」と題して、8種の銘柄豚を試食できるというもの。その銘柄とは通常メニューの「漢方豚」のほか「米沢三元豚」「梅山豚」「和豚もち豚」「南の島豚」「岩中豚」「霧島黒豚」「林SPF」。
 もう生唾ものではありませんか。とりわけ「梅山豚」は正にレアもの。

 店のFBでこの告知を見て、即申し込んだのが二週間ほど前。そうして今日(9/25)。友人F夫妻と誘い合わせていそいそと訪問。

190925hinata05

 19時過ぎの店先には「本日は予約のみ」の貼り紙。案内された奥の席に着くと目の前に本日のメニューが。予告どおりの豚ロース君たちが提供される順に記載されている。

190926hinata_b01 190926hinata_b02

 カウンターにはいつもの「インカ天日塩」「高知の塩あまみ」のほか「花の塩」「アドリア塩」「三年熟成塩」「石垣天日塩」なんていう珍しい塩たちが並んでいる。
 ともあれまずはビール。F夫妻と乾杯。するとその横に有名な料理評論家であり「東京とんかつ会議」の主宰である山本益博氏が座られてビックリ。

190926hinata_b03

 さて定刻 19:30。コの字型カウンターの14席が全て埋まって、いよいよ開始。最初に店の代表とシェフのご挨拶。

190925hinata13

 目の前の天板に本日食べるロース肉たちが並べられた。壮観。肉の色の違いや脂身の大きさ入り方が違うのが判るでしょうか。脂身部分が多いのがリブロースだそうだ。

190926hinata_b05 190926hinata_b04

 横からの厚みが判る画像も載せておきましょう。
 しばらくすると入り口近くの揚げ場から静かなパチパチという音。そうして、いよいよご提供。

190925hinata21

 最初に宮城の「漢方三元豚(LYD)」
 (L=ランドレース種,Y=中ヨーク種,B=バークシャー種,D=デュロック種)

190925hinata22

 続いて山形の「米沢三元豚(LBD)」

190925hinata23

 茨城の「梅山豚(純粋種)」。続けますね。

190925hinata24

 「和豚もち豚(日本全国)」

190925hinata25

 宮崎の「南の島豚(アグー・デュロック)」


190925hinata27

 岩手の「岩中豚」


190925hinata28

 宮崎「霧島黒豚(バークシャー種)」

190925hinata29

 千葉の「林SPF豚」 割りと色々な店で食べられるSPF豚ね。

 ここまでで8種類。中央のいい部分だけを提供してくれた。どれも見事な火の入り具合で、味・食感ともに絶妙。本当に美味しいのだけど、私のバカ舌ではリブロースの脂身の甘さとか梅山豚の食感とかくらいしか残っていないのが残念。実際のところはアルコールが入ると殆んど忘れてしまうという、いつものヤツ(^o☆)\カシッ!

190925hinata30

 続いてデザートの「グレープフルーツ」で舌をサッパリさせてもらって、

190925hinata31

 「ミニかつ丼(梅山豚)」
 これは事前にどの豚で作るかを参加者に聞いてくれたもので、私は希少種である梅山豚のリブロースでお願いしたものだ。トロトロの玉子でとじられて、これもまた旨い。

 以上で本日のメニュー全てが終了 5,500円也。ビールや焼酎を入れると 7,600円ね。

 もう文句ない文句ない。お腹も結構イッパイになって、ご馳走様でした・・・・・。

 最後に記念写真を撮ってお開き。今回が第一回ということは、いつか第二回があるはず。今度はフィレだろうか。それとも、希少種の様々な部位を試食するとかかも。

 ともかく次回も絶対に参加するぞと心に誓う私。もちろん普段のメニューも食べに来ますとも(^o^)v

とんかつ ひなた
 http://www.tonkatsu-hinata.jp/
 新宿区高田馬場2-13-9 最寄駅:高田馬場
 11:00-13:30 17:00-20:30
 日曜休 2017.1.12オープン

|

新店「鮨 せいざん@中野」握りのランチ

   先日清水の舞台から飛び降りる覚悟で、というと大げさだけど、お値段が判らなかったために意を決して入ってみたこのお店。

190925_34seizan01

 「鮨 せいざん」。前回も書いたように、あの「四文屋」の新業態の一つで寿司店としては青山に次いで2店舗目となる。

190925_34seizan02

 店先のメニューを見るとランチは握りと海鮮丼の二種類のみ。どちらも 1,000円(税抜)で、握りの方は+700円で 1.5人前にできるとなっている。またランチは月曜から金曜までの提供。

 水曜日の13時少し過ぎという時間。着いてみると 8割りほどの入り。カウンターに着席して「握りの1.5人前」をお願いした。ついでにグラス生ビール 500円もね。

190925_34seizan03 190925_34seizan04

 最初に目の前に出されたのは煮物の小鉢。チラリと写っているのは生ビールね。平日昼間のビール・・・嬉し(^o^)v

190925_34seizan05 190925_34seizan06

 そうして待望の寿司たち。てっきり寿司下駄に盛られて「せーの」で出てくるのかと思ったら、一貫ずつ目の前で握られて提供される。しまった、最初に出されたイカを撮り忘れた。イカんなぁ(^o☆)\カシッ

190925_34seizan07 190925_34seizan09

 その提供のペースも客が前の鮨を食べ終わるまで次のを握り始めないという徹底ぶり。ランチだというのに結構本格的な感じ。

190925_34seizan10

 私はせっかち?なので出されたものは即 口に入れる主義(^^;

190925_34seizan11 190925_34seizan12

 左はイクラの小丼。最後は鮪のたたきと玉が出てフィニッシュ。美味しく頂いてご馳走様でした・・・#。
 せめて土曜日もやってほしいのだけどなぁ。

 そうそう。ところで、こういう寿司のランチの場合、手で食べる?箸? どちらが正解または粋なんだろう。

鮨 せいざん& 中野区中野5丁目35-5 最寄駅:中野<br/> 11:30-14:00(LO) ランチは月~金のみ 17:00-21:30(LO)<br/> 日祝休 2019.9.12オープン</p>

|

2019.09.23

「とんかつ 太志@池ノ上」長谷川自然熟成豚の特ロースかつ

 秋分の日。連休最終日の昼食は何にしようかとネットで候補のいくつかを眺めていると、「とんかつ 太志」のHPに聞いたことのない銘柄豚が入荷していると出ていた。

190923taishi01

 それは是非食べてみたいと、今日の昼飯はここ。台風17号の余波で風が強いのが判りますな。

 さてその銘柄名は「長谷川自然熟成豚」。なんでも青森は鰺ヶ沢の「長谷川自然牧場」で一般の半年ほどより長く、およそ10ヶ月、大切に飼育された豚なのだそうだ。詳しくは各HPをご覧下さいまし。

190923taishi02

 開店時間の2分ほど前に着いてみると先客二人。定刻に開店。後客は二人。カウンターに座ると目の前にお目当てのメニューが鎮座してる。よしよし至極大慶。
 「長谷川自然熟成豚のロースかつ定食(200g) 3,240円」をご主人に告げると「すいません、長谷川のは 200gが全部出てしまって 300gの特ロースしかないんです」と。金曜日入荷だから3日目ですでに売れ筋はなくなっているわけか。
 来る前に ATMに寄っておいて良かった。ゲゲゲのゲッ!と思いつつも「んじゃ、それを」とお願いして待つことしばし。

190923taishi03

「長谷川自然熟成豚の特ロースかつ定食(300g) 4,320円(税込)」
 17分ほどでご提供。300gともなるとかなり厚め。時間がかかるのも判りますな。火の入れ加減もさぞや難しいことだろう。

190923taishi04

 キツネ色の衣は薄くピッタリと肉に貼り付いていて、もちろんどこにも破綻がない。

190923taishi06

 そうして右から二番目、一番厚い部分を返してみると、肉全体に薄く入った見事なロゼ。素晴らしい。

 例によってまずは何もつけずに脂身のない部分から。うん、これは旨い。衣のサクサク感と肉の柔らかさが見事にマッチしている。そうしてこの厚さ故に口の中にあふれ出す肉汁、旨み。

 続いて脂身を含む部分を食べて見ると、これまでの豚で感じたことのない甘さ。この甘みが肉自体の旨みを一層引き立てている。そう思わせられる出来。この厚さが与えるの満足感も大きいに違いない。

 なんて旨いのだろう。そう思いつつほとんどをレモンと岩塩で食べた。脂身が多い端っこの方は柚子胡椒でも。これもまたよく合う。

 300gはちょっと多いかと思ったけど、これなら楽勝。ご飯も味噌汁も旨い。もうちょっと漬物に量があったら嬉しいかな。

 予算的には想定外だったけど充分満足。レアものの銘柄豚をボリュームたっぷりで美味しく頂くことができた。

 お会計を済ませ、ご馳走様でしたと店を出た。この豚、また入らないかしらん。そう思いながら・・・・。

とんかつ 太志
 http://www001.upp.so-net.ne.jp/aqua/
 世田谷区代沢4-34-12 最寄駅:井の頭線池ノ上
 11:00-14:00 17:30-22:00(売切終了)
 火曜・第3水曜休

|

2019.09.22

「オリエント・スパゲッティ@中野」のナポリタン再び

 何せ数ヶ月に一度しか作らないというソースを使うメニューだから、あるうちにと再訪。

190922orientspa01

 中野「薬師あいロード」の中ほどにある「オリエントスパゲッティ」

190922orientspa06 

 こちらがランチメニュー。オリエント風ナポリタンがあるのをしっかり確認してオーダー。

190922orientspa07 190922orientspa12

 ランチタイムだと他にサラダとソフトドリンクorミニグラスのビールが付く・・・のだけど、この少量のビールだと一口で終わってしまって生殺し状態。「オリエント風サワー(右の透明なヤツ)」を追加オーダー。レモンサワーにトニックが入ったもの。ちと甘すぎた。

190922orientspa23

 「オリエント風ナポリタン(大盛り) 1,100円(税抜)」
 この店オリジナルのナポリタンね。決して単なるケチャップ和えではありません。

190922orientspa28

 先日書いたばかりなのでインプレは割愛。

190922orientspa30

 画像だけお届けします。

 とにかくも文句なしのオリエント風ナポリタンなのでした・・・・#。

オリエント スパゲッテイ orient spaghetti
 http://www.arthur-seaton.com/orient/
 中野区新井1-23-22 最寄駅:新井薬師前 or 中野
 11:30-23:00 (ランチタイムは 15:00まで) 無休

|

2019.09.21

「いきなりステーキ@中野」の 300gワイルドステーキ

 今日土曜日の昼飯は先日オープンして平日ランチを始めたばかりの「鮨せいざん」へと思っていたのだけど、店の前に着くと、やっぱりやってない。
 土曜日は平日ですよ。週休二日制の影響か土日祝を除く日が平日と勘違いしている店もあるので「平日のみ営業」と書かれるとどちらだか判らない。。。

190921_ikisute01_20190923085801

 てなことはおいといて、さてどうしようかと「いきなりステーキ」の前を通ると、縦幕におや?という期間限定のメニューが張り出されている。明日日曜までの「いきなり!お客様感謝祭」だそうだ。

190921_ikisute02_20190923085801

 ワイルドステーキが安くなっているではありませんか。さらにソフトドリンクorグラスビールがサービスで付くという。それならばと久しぶりに入店。例の立ち食いスタイルはやめて久しい。

190921_ikisute04_20190923085801

 着席してオーダーを告げると最初に出てきたのがサラダとスープにビール。サラダを食べビールを飲むうちにご提供。

190921_ikisute05_20190923085801

 「ワイルドステーキ 300g 1,200円(税抜)」
 例によってジュージューと湯気を上げながらのご提供。さすがに 300gともなると牛肉も分厚い。

190921_ikisute06_20190923085801

 ジュージューが収まってきたところでパチリ。ステーキソースを適量かけると再びジュージュー。

190921_ikisute07_20190923085801

 そうしておもむろにナイフとフォークでもって、このワイルドステーキという名のどこの部位だかよく判らない肉と格闘。適当なサイズに切り分ける作業ね。

 相変わらずナイフでも切りにくく、歯でも噛み切りにくい肉。あらかじめ包丁がある程度入っているのだけど、そのままでは食べにくいし、とりわけスジの部分がちゃんと切られてなかったりするので。もう大変。正に格闘という感じ。
 なんとか小さめに切って頬張るのだけど、結局きれいに噛み切ることができず、適当なところで諦めて飲み込まざるを得ないし。

 天板上のニンニクとわさびを使いつつ、なんとか食べたのだけど、やはりこの肉を食べ切るのはシンドイ。

 安くなっていたので頼んでしまったのだけど、やっぱりこの肉はクォリティに難がある。

 ともあれ、肉を喰ったぞ的満足感は味わえたワイルドステーキ 300gなのでした・・・。

 かつて飛ぶ鳥を落とす勢いだった「いきなりステーキ」。最近では「いきなり失速」とか「いきなりストップ」なんて揶揄されているそうなので、これも必死の挽回策の一つなのだろうけど、ボリューム感を落とさずに、もう少し肉質を上げるのが先なのではなかろうか。

いきなりステーキ 中野店
 http://ikinaristeak.com/shopinfo/nakano/
 中野区中野5-55-13 最寄駅:中野
 11:00-23:00 ランチタイム(平日のみ) 11:00-15:00
 年中無休

|

«「五丁目ハウス@中野」で 家系ラーメン