2018.05.21

「田子の浦 漁協食堂」で 旬の生しらす丼

 せっかくの富士市なのだから、田子の浦に打ち出でて見ることにした。もちろん狙いは"白妙の"生しらす丼ね。

180521tagoura01

 こちらが田子の浦漁港からの富士山。富士吉田からの景色と違って、南側にあたるこちらからは富士の高嶺に雪はほぼない。

180521tagoura02

 剣が峰が西端にあるので富士山の左側が尖って見える。さらに宝永火口がさえぎるものもなく見えるのも、この地の特徴か。

180521tagoura03 180521tagoura04

 そしてこちらが田子の浦漁協が経営する「漁協食堂」
 競りが終わった後の市場スペースを そのまま利用しているようにも見える。だから 10:00からの営業開始(食堂は 10:30から)なのかもしれない。

 食券を買っておいて付近をパチリパチリしているうちに番号を呼ばれ、ご提供。

180521tagoura05

 「日本一丼(生しらすと生桜えびの相い盛り) 1,100円」
 ご覧のとおりご飯の上に「生しらす」、さらにその上に「生桜えび」が載っている。普通の生しらす丼より 200円高いのだけど、こっちの方がお得感がある。

180521tagoura06

 しらすと桜えびのプリプリ感が伝わるだろうか。生しらすは今朝、つまりつい先ほど水揚げされたばかりのものだ。新鮮なこと この上ない。昨日一昨日と漁に出られなかったため、希少な生しらすになる。

 テーブルにおいてある調味料は醤油のみ。余計なものは要らないということだろう。

 この醤油をサラッと廻し掛け、生しらすをご飯と一緒に頬張ると・・・ウンマっ! そして甘っ! 桜えびもまたその甘さと食感を伝えてくれて、アッという間に完食。

 ううっ大盛り(100円増し)にすれば良かった、とは後の祭り(^^;

 生しらすをお土産用と自宅用に買って帰ることにした。冷えた日本酒が合いそうだ。今晩の食事が楽しみになってきた(^o^)v

 ちなみに持ち帰り用の「生しらすのパック」は平日だというのに、この後すぐに売り切れておりました。

180521tagoura07

 最後に「田子の浦みなと公園」からの富士山。

◆田子の浦漁業協同組合 漁協食堂
 http://tagonoura-gyokyo.jp/
 営業期間 4/1-12/28
 10:00-13:30 (食堂は 10:30から)


田子の浦に うち出でて見れば 豊漁の
生しらす丼に 生桜えび

 ・・・お粗末っ! 中野部呑人(新枯金馬鹿衆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.20

「らぁめん大山 富士本店」で 大麺

 富士市まで来たもう一つの目的はこれ。元「ラーメン二郎 町田店」のご主人が地元へ帰って始めた店。

180520_taizan01

 「らぁめん大山(たいざん)富士本店」。私が二郎全店制覇を考え始めたときには既になかった町田二郎。

 川崎駅ビル地下BEにある支店には何度か行ったことがあるのだけど、本店は未食。だから、そのリベンジにと今回どうしても寄ってみたかったというわけ。

180520_taizan03 180520_taizan02

 その大山があるのはこんな場所。残念ながら大山である富士山だけが雲の中だけど、東の愛鷹連峰の山々(たぶん)を従えたその雄姿を目の前に仰ぎ見ることができるのだ。

 券売機で食券を買う時に、ちょっと迷った。二郎インスパイヤなメニューをボチッてしまって大丈夫なのだろうか。「アドニス」を出ておよそ2時間。腹もこなれてきたのでイケると踏んでのこちら。

180520_taizan04

 「大麺 850円」
 「ニンニク入れますか?」と聞かれて「はい」とだけ(^^; さすがにヤサイマシは無理。

180520_taizan05

 ブラックペッパーと一味唐辛子をかけ回し、横から見るとこんな感じ。割りと普通ですな。

 明らかに直系二郎とは違うスープ。どちらかと言うと「ラーメン大」をさらにライにしたイメージ。でもニンニクのお陰で、まさにインスパイヤ。

180520_taizan06

 麺を太麺と平打ち麺のどちらかから選べるので、平打ち麺を選択。二郎系で太麺でない平打ち麺は珍しいと思ったからだ。

 不思議なくらいゴワッとした平打ち麺。ツルツル感に欠けるが、これはこれでありか。ヤサイと一緒に麺を頬張りつつ食べ進み、なんとか完食の8割汁。

 いわゆるルックス 二郎インスパイヤな大山なのでした。

 店内にご主人らしき人はいなかったなぁ。ちと残念。

◆らぁめん大山(たいざん)富士本店
 http://r-taizan.com/
 静岡県富士市青葉町604
 11:00-15:00 火曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「喫茶 アドニス@富士吉原」で 元祖つけナポリタン

 以前、T師匠のFB(だったか?)で知って以来、一度は行ってみたいと思っていた富士市のB級グルメ「つけナポリタン」。なんでも隣町の有名な「富士宮焼きそば」に触発されて、町おこしの一部として産み出したたものだそうだ。
 で、今回。ひょんなことから機会を得たので初訪問。

180520adonis01

 「喫茶 アドニス」
 で、この店がその「つけナポリタン」発祥の店だそう。日曜日だし相当混むのではないかと開店の少し前からシャッター。でも開店時間まで他に誰も並ばなかった(^^;

180520adonis02 180520adonis03

 開店前の店先の様子。右の看板には開店は11時のはずだけど「つけナポリタンの提供は11時半から」だと書いてある。これは事前情報どおり。基本的には喫茶店なわけだから、コーヒーなり何かソフトドリンクなりを頼んで待っていればいいわけだ。

180520adonis04

 こちらが「つけナポリタン」のメニュー。大盛りの他に替え玉なんてのもあるのが、つけ麺を意識している風でもある。後客はパラパラと増えてくる。

 で、この段階で特筆すべきはメニューとか店内に貼られた有名人の色紙とかではなく、フロア担当のお姉さん。割りと狭めのはずのお父さんのストライクゾーンど真ん中(^^; 可愛いくもきれいというか(^o☆)\カシッ

 このきれいなお姉さんに「アイスコーヒーと つけナポリタンのセット 1,400円」をオーダー。おっさん、いい年してなんだか照れてしまう(^^;
 ネットなどを見ながら待つうちに 11:30となって、ご提供。

180520adonis05

 「つけナポリタン 大盛り (単品だと 1,250円)」
 普通盛りは 150gで 大盛りは 200gね。そして右のパスタ側に桜エビ。左のつけ汁(^^;、スープの側には味玉、鶏チャーシュー(蒸し鶏)、チーズ、チンゲン菜。

 東京のあちこちに店がある「太陽のトマト麺」のチーズトッピングバージョンをつけ麺にしたみたいな感覚。
 でも。このトマトと鶏ガラベースのつけ汁(スープ)が旨い。 

180520adonis06 180520adonis07

 ちょっとヤワめに茹でられたパスタもこのつけ汁に合っている。これ、あり。それも積極的にあり、というか旨い。

180520adonis08

 胸肉の鶏チャーシュー(蒸し鶏)もとてもいい。もちろんトロトロの半熟味玉もいいし、チンゲン菜の食感もいい。

 よく考えられた一品だと思う。また富士市に来ることがあったら是非食べてみたい「つけナポリタン」だった。

 但し、強いて言えばですが、あくまでも強いて言えばですよ。B級グルメで 1,200円ってどうよ、というのはちとあるかな。

180520adonis09 180520adonis10

 それにしてもこの店。軽食喫茶店としての実力もかなりのもの。店内の雰囲気もさることながら、その軽食類の充実ぶりも大したもの。つけナポリタン目当てでなくても充分成立しているのではなかろうか。実際、すぐそばに座ったジモティーと覚しき母子連れは、グラタンとカレーなんかを頼んでいた。

 そうしてもう一つ。先ほどのフロア担当のお姉さんとは別に「つけナポリタン」を運んできてくれた、お嬢ちゃん。この娘もまた可愛いので二度ビックリ!

 再訪必至の富士市吉原商店街「喫茶 アドニス」なのでした。(^o^)v

◇喫茶 アドニス
 http://yoshiwara-shoutengai.com/food/post_17.html
 静岡県富士市吉原2丁目3-16 最寄駅:吉原本町
 11:00-19:00 つけナポは11時半から
 火曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018初夏「富士ヶ嶺 おいしいキャンプ場」

 あまりいい画は撮れなかったのだけど、せっかく行ったので何枚か上げておきますね。

180520oic_c01

 おいしいキャンプ場への北側アプローチからの富士山。午前中、とりわけ朝早い時間は逆光がキツイ。

180520oic_c02

 こちらは管理棟裏のハウスと畑。畑に植えられているのはズッキーニだそう。

180520oic_c03 180520oic_c04

 ハウス内で水やりをする管理人。こちらは茄子の花。

180520oic_c05

 小ぶりだけど甘く旨いイチゴ。白いのも栽培されている。

180520oic_c06

 そうして9時半頃の富士山。富士吉田側にはかなり雪が残っているのだけど、こちらがわにはもう殆ど残っていない。
 でも富士山がこの距離で拝めるだけでもありがたい。

◆富士ヶ嶺 おいしいキャンプ場
 http://oic-camp.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.19

統合間近「麺匠 黒庸介」で濃厚黒鶏白湯らーめん

 先日書いたように、近日中に中野駅北口ラーメンストリートの「麺匠 ようすけ」が姉妹店「黒庸介」の場所に移転し両店が統合されるそう。しかも新しいメニュー「鶏そば」でやるのだとか。

180519bkyoske01

 であれば、先日「ようすけ」は食べておいたので、今日はこちら「麺匠 黒庸介(くろようすけ)」。

180519bkyoske02 180519bkyoske03

 「ようすけ」には行列が出来ているのに「黒庸介」は空いている、みたいなことが多かったから、「青葉 本店」の真ん前のこちらで勝負ということだろうか。

 ともあれ券売機で食券を買って着席。もちろんこの店のスタンダードであるこれ。

180519bkyoske04

 「濃厚黒鶏白湯らーめん 750円」
 しばしのお待ちの後に出てきたのがこれ。その名のとおり濃厚な鶏白湯スープだ。マー油を掛けてあるからだけでなく(醤油ベース?)茶濁したスープでもあるから黒鶏白湯なのだろう。
 相変わらず旨い。「ようすけ」ばかりに行列ができるのが不思議。

180519bkyoske05

 硬めに茹で上げられた中細のストレート麺が、このトロみの強いスープによく合っている。

 きざみタマネギがスープの強さ濃さを中和してくれるのも「ようすけ流」だ。

 穂先メンマもやわらか鶏チャーシューも文句なしで、例によって完食の全汁。

 この味を食べられるのは後わずか。食べておきたいかた、または未食のかたはお早めに。

◆麺匠 黒庸介(くろようすけ)
 中野区中野5-57-2 最寄駅:中野駅
 11:30-25:30 金土 11:30-26:30
 2016.6.12オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.17

ようすけ@中野→黒庸介へ移転・統合

 先日「麺匠 ようすけ」の店先を通ったときに気がついて撮っておいたのだけど、すっかり忘れてた。

Yousuke_iten

 入り口の貼り紙。
 読みにくいと思われるので概要を書いておくと、今月下旬をメドに「麺匠 ようすけ」が「麺匠 黒庸介」のある場所に移転し両店を統合。

 そして新店舗では、これまでのどちらのラーメンとも違う新しい「鶏そば」を提供する予定だそう。

 楽しみなような、惜しいような。

 ちなみに本日時点でも、ちゃんとした移転日・再開日等は決まっていないのだそう。

 今の味を食べておきたいのならお早めに。

◆麺匠 ようすけ
 中野区中野5-57-4 最寄駅:中野
 11:30-16:00 18:00-26:30
 水曜休 2011.11.15オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.12

再訪「ラーメン二郎 川越店」で ニンニクアブラ

 ちょうどこちら方面に用があったので、久しぶりの川越攻め。

180512k_jirou01

 「ラーメン二郎 川越店」。昨年3/19のオープンから、すでに1年以上が経つ。

 開店時間の40分ほど前に着いてみると行列は4人だけ。定刻の開店時間になっても店内の待ち席が三つほど埋まっただけだから、かなり落ち着いてきているのだろう。

 券売機で珍しく「小ブタ」をボチッ。1年前の初訪問で、この店は「神ブタ」の印象があったからだ。

180512k_jirou03

 「小豚ラーメン 900円」
 今日のコールは「ニンニクアブラ」。ホワイトペッパーと一味唐辛子を廻しかけたところでパチリ。

180512k_jirou04

 小ブタにしたのでヤサイマシはパス。ボリューム感としてはちと寂しいか。

180512k_jirou06

 でも、なんと言ってもブタの存在感が凄いでしょう。バラ肉ロールの神ブタが5枚。実際これがまた旨いのですよ。

180512k_jirou05

 二郎標準に比べれば、やや細めかなという麺。麺量としてはかなり多いのではなかろうか。前回もそうだったけど、途中でシンドくなってしまったのだ。

 やや乳化したスープはかなりショッパめ。でも決してマズイわけではないのに、なかなか進まない。ブタ増しの影響もあるかも知れないが、ちょっと不思議だ。
 先日、立川でも同じような思いをしたなぁ。

 なんとか完食したけど、かなりキツかった。途中で折れそうになった心をなんとか立て直し、もう義務感で食べきりましたね(^^;

 次回訪問した時のために書いておこう。この店ではブタ増しは止め。さらに負けを認めて「麺少なめ」コールでね(^^ゞ

◇ラーメン二郎 川越店
 埼玉県川越市旭町1-4-15 最寄駅:川越
 11:00-14:00 18:00-21:00
 月・木休(他に臨休有)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.09

対阪神戦@東京ドーム

 実に久しぶりの対阪神戦。一体いつ以来だろう。記憶にないくらい昔のことのような気がする。
 ともあれ、せっかく勝ったのだから備忘録代わりに残しておこう。負けてたら記憶から消し去るのだけどね(^^ゞ

180509_g3t1_1

 上の画像は、亀井が中押しのホームランを打った直後のもの。オレンジ色のタオルがあちこちで勢いよく振られてました。

180509_g3t1_2

 結局、試合はそのまま 3-1で巨人の勝ち。勝ち投手は吉川光。

 めでたしめでたし(^o^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.06

元がんこ池袋「AKAMARU(赤丸)」で 準?悪魔

 GW最終日。久しぶりに日曜昼の「AKAMARU(アカマル)」

 180506ganko_i01

 スペシャルメニューでもなんでもない日。12時少し前に着いてみると先客はなし。ルイスさんがノンビリとテレビを見ていた。
 「昨日の悪魔、まだある?」と聞くと「あるよ」とのお答え。ムフフ、狙い通りですな。

180506ganko_i02

 「悪魔ラーメン 800円」
 タイトルを準?悪魔としたのは、悪魔肉が終わってしまっていたから。ちょっとだけ残念だけど、本来昨日の限定だったので、仕方あるまい。

 スープはわずかに優しめの悪魔。タレを足すべきかどうか迷ったけど、体調を考え(^^; コショーと一味唐辛子を多めに振りかけることで、このままイクことにした。

180506ganko_i03

 サッポロめんフーズ謹製の中細ストレート麺。このツルツル感がたまりませんね。

180506ganko_i04

 悪魔肉はないけれど、ちょっと小振りながらそれなりの厚みをもったチャーシューが7枚。一枚一枚がトロトロで旨いので、文句はないどころか、これも充分あり。

 例によって、ウマイ旨いと完食の・・・思いとどまれずに全汁(^^ゞ

 久しぶりの悪魔注入完了で、ご馳走様でした。

◆一条流がんこラーメン系 拉麺居酒屋 アカマル(AKAMARU)
 http://www5.hp-ez.com/hp/ikebukuroganko/page1
 豊島区東池袋1-13-12 最寄駅:池袋
 11:45-15:00 18:00-22:00(日祝 12:00→売切れまで)
 火曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.05

「麺匠 ようすけ@中野」で 濃厚鶏白湯

 もっと頻繁に行っておくべき中野のラーメン名店シリーズ(^^;

 2011年11月、中野ラーメンストリートにオープンして以来、間もなく人気店となった「麺匠 ようすけ」

180505yousuke01

 その後近くに「黒ようすけ」なる姉妹店をオープンさせたりしているが、行列が出来ていることも多く、長い間ご無沙汰のままだった。

180505yousuke02 180505yousuke03

 というわけで本当に久しぶりの訪問。19時過ぎの店内は先客が一人だけ。30過ぎくらいのお兄さんが一人でのオペレーション。ご主人の姿はない。

 外の券売機で食券を買って着席。カウンターの能書きなどを読み返すうちにご提供。

180505yousuke04

 「超濃厚鶏白湯らーめん 750円」
 変わらぬ美しいルックス。"The 鶏白湯"みたいなスープに鶏の胸肉チャーシューと穂先メンマ、糸唐辛子に青ネギ、細かく刻んだ玉葱が載っている。画像右上にチラッと見えているのはレモン。

 まずはスープをひと口。相変わらず旨い。安定の味だ。かつての濃厚鶏白湯に「超」が付いている。その名のとおりトロミのあるスープは実際超濃厚。でもそれを中和させるかのように玉葱と青ネギ、糸唐辛子が存在感。
 さらにレモンを絞ってやると、スッキリ感が増す。

180505yousuke05

 そうして、これに合わせる麺は中細のやや縮れ麺。ツルツル感を保ちながら小麦粉の感触を残しているような、旨い麺だ。スープの持ち上げもいい。(スマホで撮ったものなので画像がヘロヘロなのはご容赦)

 ほどよい柔らかさの鶏チャーシューに穂先メンマの食感もいい。

 文句なしの完食。さらに全汁。

 中野で鶏白湯といえば「藤丸」か「ようすけ」。最近では「鵺」も加わるか。
 私的には、つけ麺なら「藤丸」で、ラーメンだとギリ「ようすけ」かなと。

 久しぶりの推し麺「ようすけ」。この店もまた、もっと頻繁に通っておくべき店の一つなのです。

◆麺匠 ようすけ
 中野区中野5-57-4 最寄駅:中野
 11:30-16:00 18:00-26:30
 水曜休 2011.11.15オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.04

はとバス「三大和牛の食べ比べ」と「秘境の名瀑 一之釜」

 例年なら家内の里へ行っているはずのGW。今年は諸般の事情から宿泊を伴う遠出がしにくい。でも、せっかくだから日帰りでどこかへ行きたいよねと家内。

 というわけで割りと直前になって決めた「はとバスツアー」。3月末に行った房総半島横断に続いてのバス旅になる。

180504hatobus01 180504hatobus02

 こちらの画は往路の「石川PA」でのもの。例によって「はとバス」ではなく協賛バス会社のバスでの運行。今日のこのコースは人気なのか3台体制だ。

 GW後半二日目の朝、7:30に新宿西口を発って目指すは甲州。さすがは中央拘束。当たり前のように渋滞。それでもなんとかバスは進む。

180504hatobus03

 最初の目的地、日本三大奇橋の一つである「猿橋」に着いたのは出発から、ちょうど3時間後。あまりいい画は撮れなかったので軽くスルー(^^ゞ

180504hatobus04

 続いての立ち寄り先は甲州市塩山にある「信玄館」。武田信玄の大きな座像がある。そう言えば信玄公って立っている印象がないよね(^^;
 ともあれ、ここでの昼食がこのツアーのお目当ての一つ。

180504hatobus06

 「三大和牛食べ比べ・すき焼き御膳」
 諸説あるはずだが三大和牛の「松坂牛」「米沢牛」「神戸牛」が並んでいる。これらを左上の鍋に入れてすき焼きとするわけだ。溶き玉子に浸けるも良し浸けないもよし。
 ビールを飲みつつご飯のお代わりも。個人的には松阪牛が一番旨かったかなと。

 昼食の後は、お隣にある信玄公の菩提寺である「乾徳山 恵林寺」を参拝して再びバスの人。

180504hatobus11r

 そうして今回の最大の目的地、旧三富村「清水渓谷 一之釜」へ着いたのが 13:30過ぎ。

180504hatobus12r

 バスを下りてから結構キツい下りの山道を15分ほど歩いてたどり着いた訳だけど、なるほど名瀑を名乗り 且つ SNS映えすると評判なだけのことはある。

 でもパンフレットにあるような写真を撮るには、ちょうど滝に陽が当たる時間帯でないとダメみたいだ。てか、おっさんにはこれが精一杯。

 まぁ時間帯にちょっと難があったとしても、この清水渓谷はいいところでしたよ。

180504hatobus14

 こんな吊り橋を渡って、マイナスイオンをたっぷり浴びつつ森林浴。

180504hatobus13 180504hatobus16

 近くに駐車場もなさそうだったから、まさにバス旅ならでは。家内にとっては帰りの登りがシンドかったようだけど、お奨めのスポットではありますね。

 もっとも天気には恵まれないと、雨降りやその直後だと危なくて歩くのもままならないかと。

 さてこの後、勝沼の「見晴し園」で「いちご狩り」。食べ放題なんだけど、せいぜい20個弱かな。そうそうは食べられまへんて。

 帰りの中央拘束は小仏トンネル内での事故により大渋滞。新宿西口まで4時間の長旅となったのでした。でもまぁ私が運転するわけではないので無問題。

 はとバス、これというコースはかなり行き尽くした感がある。でも一定のクオリティーで楽しめるバスの旅は代えがたい。
 都内ツアーだけでなく、はとバスの日帰り または 宿泊ツアー、皆様にもお奨めしておきますね。

◇はとバス
 https://www.hatobus.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.03

「幸運豚人@中野」の ローストポーク丼

 先日、「幸運豚人 Tsui-teru ! Porkman」のランチに新メニューが登場したことだけを書いた。

180503tonjin01_2

 すると某所から「素通りかよ!」と複数のツッコミを頂いたので再訪問。

180429tonjin05 180503tonjin02

 開店直後という時間に着いてみると先客は二人。外には先日と同じ新メニューの写真が貼られた看板が出ている。
 席に着いてオーダーをすると同時にランチ代金を先払い。

180503tonjin03

 「ローストポーク丼 800円」
 しばしのお待ちの後に出てきたのがこちら。外の写真からはよく判らなかったけど、いわゆるドンブリのイメージではない。もうちょっとおシャレな「ローストポーク・ライス」みたいなルックスだ。

180503tonjin04

 数えなかったけど、そこそこの厚さにスライスされたローストポークが結構な枚数載っている。

180503tonjin05

 ローストポークの下には半球状のライス(並盛り)。ちょっと食べ進んだところでパチリ。最初のローストポークを剥がした時にトップの玉子(黄身)を誤って崩してしまったのでちょっと見た目がキレイで無いのはご容赦。

 かなり大きく柔らかなローストポークでご飯を丸く包むようにして食べるのが吉みたいだ。

 お味の方も充分旨い。でも私的にはもう一つパンチが欲しいところ。但しこれは濃い味強い味が好きな私の感触なので、割り引いて考えて貰えればと思う。

 これが 800円なら文句ない。というか結構なお得感。そうそうご飯の大盛りは他のランチ同様無料ね。

 幸運豚人に間違いなく選択肢が増えました。

 ご馳走様と外に出ると、すぐそばのスープカレー専門店「GARAKU」の前には、まだ行列が出来てました。

◆幸運豚人(Tsui-teru ! Porkman)
 https://www.facebook.com/porkman.nakano
 中野区中野5-50-5 最寄駅:中野
 11:30-13:30? 17:00-24:00(LO 23:00)
 不定休(ほぼ無休?)2017.10.22オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.02

「神座 東京ドームシティ店」で おいしいラーメン

 時々無性に食べたくなるラーメンの一つ。「どうとんぼり神座(かむくら)東京ドームシティ店」

 発祥の地は奈良で言わずとしれた関西ラーメンの雄。東京進出は歌舞伎町が最初で、もう15年も前のこと。この店は 2014年9月オープンだから 3年半ほどが経つ。

180502kamukura1

 「おいしいラーメン 750円」

180502kamukura2

 ツルツルの麺と沢山の白菜、そして大きいけど薄いチャーシュー(^^;が特徴か。
 そしてその白菜の甘みが溶け込んだスープが旨いのですよね。

 途中でオロシにんにくと ピリ辛のニラを投入。うん、この方がいい。
 完食の八割汁で、ご馳走様でした。

 水道橋から春日へ抜ける途中にあるので吸い込まれるように入ってしまったけど、ちょうどお昼時だというのにスカスカ。巨人戦なりコンサートなり、昼の時間帯に何らかのイベントがないと、やはり厳しいのかもしれない。

◆どうとんぼり神座(かむくら)東京ドームシティ店
 文京区後楽1-3-61 最寄駅:水道橋<後楽園
 11:00-23:00 土日祝10:00-23:00
 不定休(ほぼ無休)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.04.30

「藤丸@中野」で 塩つけ麺

 もっと頻繁に行っておくべき中野のラーメン名店シリーズ(^^;

 GW前半の最終日。いつもより少し遅めの昼食にと寄ったのは、およそ3ヶ月ぶりになるここ「藤丸」

180430fujimaru01

 おさらいをしておくと、大成食品で働いていたご主人が独立して 2009年6月オープン。好立地とはとても言えない場所なのに、その確かな味で間もなく人気店に。以来もう9年になるのですね。すっかり地元に根付いた名店となっている。

 さてお昼過ぎの中途半端な時間の訪問。相変わらず繁盛している。1席だけ空いていたので食券を買って着席。

180430fujimaru02 180430fujimaru03

 安定のメニューと無くてはならぬ「えび辛」ね。湿度は低いものの今日は初夏の暑さ。というわけで、つけ麺を選択。

180430fujimaru04

 「塩つけ麺(大盛 380g)850円」
 光り輝く?大成食品謹製の極太ストレート麺が目を惹きますね。そして鶏白湯の美しいつけ汁。

 まずはそのまま食べて見る。ツルツル感とモチモチの食感は相変わらず。以前よりややヤワメ?に感じたのは、単に私の気のせいか。

180430fujimaru05

 続いてテーブル上の「えび辛」をまぶして、そのまま。辛いのが苦手な私でも、これはいける。さらにつけ汁にドップリ浸して食べてやる。

180430fujimaru06

 マイルドな鶏白湯のつけ汁をよく持ち上げて、旨いですねぇ。この鶏白湯はしっかり鶏出汁が出ているにも関わらず、トリトリしてないのが特に私好み。

 「えび辛」をまぶして浸けるを繰り返していくと、つけ汁が徐々に「えび辛」味に染まっていくのも、また良し。

 撮り忘れたけど、鶏チャーシューがまた秀逸。その柔らかくも弾力のある食感が素晴らしい。

 380gの麺を食べ終わって、天板上の割りスープをつけ汁に投入。この瞬間がまた堪らないのですね。カツオを中心とした魚介がフワリというかドンッ! 文句なしの全汁。

 まさに、もっと頻繁に通うべき名店の一つなのです。

◆藤丸(ふじまる)
 中野区中野5-42-5 最寄駅:中野駅
 11:00-15:00 17:30-21:00 売切終了
 土曜・祝日は昼の部のみ 日曜休
 2009.6.17オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.29

「幸運豚人@中野」のランチに新メニュー

 ちょうどお昼時 11:30直前。中野駅から中野ラーメンストリートを歩いて戻ると、開店直前の「GARAKU」の前には結構な行列。(先日オープンしたばかりのスープカレー専門店ね)
 GW連休前半戦の中日ということもあって、居残り組が押し寄せている感じだろうか。

180429tonjin01

 ふーん、などと思いながら「幸運豚人 Tsui-teru ! Porkman」の前に行くと、こちらには行列がない。
 店先の看板をふと見ると、ランチに新しいメニューが加わっていた。

180429tonjin05

 「ローストポーク丼 800円」
 これまで千円均一の三種類(レアカツ・ポークジンジャー・トンテキ)だったメニューに 800円のドンブリものが加わる訳だ。サラリーマンの懐にも、ちょっと優しい。

 上の画。「旨っ! 辛っ!」かと思ってよく見たら、「旨っ! 幸っ!」だって。早速食べてみたいところだけど、今日は諸般の事情からペケ。

 というわけで、近々食べに行ってみたいと思います。

◆幸運豚人(Tsui-teru ! Porkman)
 https://www.facebook.com/porkman.nakano
 中野区中野5-50-5 最寄駅:中野
 11:30-13:30? 17:00-24:00(LO 23:00)
 不定休(ほぼ無休?)2017.10.22オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ラーメン女子博@中野」開催中

  このGW期間中、「ラーメン女子博」なるイベントが中野四季の森公園で催されているという。

180429ra_jyo02

 朝、長女のアッシー君を勤めた後、寄ってみることにした。我が母校の真向かい。もちろん、こんな早い時間に営業を開始してはいない。

180429ra_jyo01

 ふーん、なるほどね。9店の有名?ラーメンが軒を連ねている。GW前半と後半の二部制らしく、全店舗が入れ替わるようだ。入場は無料で、一杯 900円均一らしい。

 男子も入場可とはなっているけれど「女子博」と名が付いてしまっていては、おっさんには入りにくい。朝晩の女性専用車両に乗ってしまうような感じか(^^;

 ってか、食べてみたいと思わせられるお店がないというのが本当のところ。

 この時期、全国各所でラーメン博系のイベントが開催されているので、店舗を誘致するのも大変なことだろう。

 主催者側と店舗ボロ儲けの構図みたいなのが、私のようなラヲタやその筋(^^;には伝わってしまっているようなので、よほどの有名店でも出てこない限り足を運ぶ気にはならないかなと。

◇ラーメン女子博@中野
 http://www.ramengirls-fes.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小型の防犯カメラを取り付けてみた

 先日、我が家の駐車場側の小さな物置の上に置いておいた愛用のコンデジ(CANON G9X)を、目を離していた隙に盗まれてしまった。
 いつもの黒いケースに入っていたので中身は判りにくいはず。だからわざわざ駐車場に足を踏み入れてまで、持って行くヤカラなどいないだろうとタカをくくっていたのが間違いだった。隙を狙っているヤツはいるんだよねぇ。

Sd1000web

 「REVEX SDカード録画式センサーカメラ SD1000」
 というわけで、現物をホームセンターで探したり見たりして、最終的に AMAZONしたのがこちら。

Sd1000amz2

 単三電池3本でもちゃんと動作するのだけど、電池切れを心配するのが面倒なので、ACアダプタも同時にボチッ。

 両面テープでどこにでも設置できる他、鉄部には磁石で、柱などには荷しばり用のPPテープなどでも固定できるのがいいところ。

 大陸製のブツなので、あまりアテにしていなかったのだけど、センサーの反応はいいし思ったよりよく写る。夜間の赤外線撮影もそれなりの水準だ。あとは耐久性がどうかだけど、この値段ならまぁいいでしょう。

180428bohancam

 本来の目的は防犯というか、その抑止力にあるので、いかにも防犯カメラですという形状と作動時に点滅するLEDランプが、その役目を果たしてくれそうだ。

 それにしてもケースごと持って行かれてしまったコンデジ。予備バッテリーと予備用のSDカードも入っていたのでそれもまた痛い。

◇REVEX SDカード録画式センサーカメラ SD1000
 http://www.revex.jp/catalogues/view/211

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.28

「ラーメン二郎 桜台駅前店」で ニンニクアブラ

 なんと 10ヶ月ぶりの「ラーメン二郎 桜台駅前店」。先日の立川が、久しぶりの直系二郎だったのに私的には日光の手前だった。
 ・・・立川まで行ったのに日光の手前とは、これ如何に(^^;

180428sjirou01

 というわけで、どーしてもホーム桜台でなくてはならぬと 9:30少し前。店の前に着いてみると先客は6人ほど。(上の画は食べ終わってから撮ったもの)

 定刻に開店。今日はご主人と助手君の二人体制。今日は「ネギ(きざみネギ)」があるというので茶色のプラカードも買って着席。およそ10分後。「小のかた、ニンニク入れますか?」

180428sjirou02

 「小ラーメン 700円+ネギ 100円」
 今日のコールはかなり弱気。ヤサイは無しで「ニンニクアブラ」。

180428sjirou03

 とは言っても「ネギ」があるので、見た目のボリューム感はそれなり。コショーと一味唐辛子を振って、丹念に天地返し。

180428sjirou04

 この程度のヤサイの量だと攻めやすい。いつもどおりのデロ加減に茹でられた極太平打ち麺とヤサイ、ネギを一緒に頬張って食べ進む。

 スープが顔を出してくれたところで、ドンブリを持ってひと口。
 う、ウ、旨いっ! 絶妙に美乳化したスープが素晴らしい。これぞ私の好きな二郎味なのですよ。

 バラ肉ロールのブタは、ほぼ神と言っていいレベル。文句ありませんな。

 例によってウマイ旨いと食べ進み、完食の・・・ギリギリ全汁は思いとどまりました(^^ゞ

 午前中の予定を変更してまでも行ってみて良かった桜台二郎なのでした。

◆ラーメン二郎 桜台駅前店
 練馬区桜台1-5-1 最寄駅:桜台駅
 昼の部 11:00-14:00(油そばのみ。臨休多し)
 17:30-23:30 土曜 10:00-16:00頃
 日祝休(不定休)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.27

新店「EXTREME BURGERS@中野昭和新道」

 中野昭和新道通りの「999(カオカオカオ)」への入り口。しばらく前から工事中だった場所に「EXTREME BURGERS (エクストリームバーガーズ)」が本日、グランドオープンした。

180427exburger01

 どうやら新井薬師は上高田本通りにある「焼肉苑 うまい」の業態変更によるハンバーガー専門店らしい。昨日も店の内外は賑やかで、あれ?オープンしたのかなと思っていたのだけど、昨日はプレオープンというかレセプションという位置づけだったらしい。

 いつもの帰り道でもあるので、早速寄ってみることにした。カウンター5席だけという店内は狭いけど新しく清潔。先客一人、後客無し。女性スタッフ二人でのオペレーションみたいだ。

180424tjirou03 180424tjirou02

 まずはメニュー(左)を見てビックリ! 一番プレーンなハンバーガーでも 1,200円となっている。一番上は 1,800円也。
 ゲッ!高くても 800円前後だろうと思ってたのが、いやはや。

180427exburgers

 ふーん、A5ランクの山形牛を使用しているということなのね。それも 100%だって。
 ドリンク類はアルコールを含めて何種類か用意されている。

 本来店内で焼きたてを食べるべきなのだろうけど、テイクアウトで一番プレーンなヤツをお願いして待つことしばし。オーダーを取ってから焼き始めるので、それなりに時間はかかる。でも店内には肉が焼ける香ばしいニオイがイッパイ。

180427exburger05

 「EXTREME BURGER (エクストリームバーガー)1,200円」
 持ち帰りにしたので、若干潰れかかってしまっていて、そのボリューム感が伝わらないかも知れない。
 山形牛の特製パティにスライスチェダーチーズ、トマト、レタス、オニオン。これにマスタード、オリジナルマヨネーズだそうだ。ご覧のとおりフライドポテトも付いている。

 パニで軽く一杯やってからの帰宅。家内とシェアして食べることにした。ちょっと時間が経ってしまったので、冷めかけてしまってはいた。

180427exburger06

 だけどだけど「あ、これウマいっ!」 肉の旨みとトマトやオニオンの酸味甘味。オリジナルだというマヨネーズ、さらにとても柔らかなバンズ。全てが高い次元でまとまっているのだけど、その中でも山形牛パティの存在感が素晴らしい。というか全てかもしれない。

 家内も「これ美味しい。今度娘達を連れて食べに行ってみよう」だって。貧乏性の家内にしては珍しい(^^;

 トッピングで、パティ(120g) 500円、ベーコン 300円、チーズ 300円を追加することもできる。

 次回はパティを追加してしまおうかと思わせるほどの肉。そして私が知っているのとは別次元のハンバーガーだった。

 このお値段を高いと感じるかどうかは、食べた方々が判断することだろう。まずはこの価格設定に抵抗がない、または少ないかたには是非一度どうぞとお奨めしておきますね。

 あ、昼の部は同じ値段でソフトドリンクが付くようです。

◆EXTREME BURGERS (エクストリームバーガーズ)
 中野区中野5-53-10 最寄駅:中野
 11:00-15:00 17:00-23:00 日曜 11:00-21:00
 木曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.24

初訪問「ラーメン二郎 立川店」で全店制覇再び

 検索中にたまたま見つけてしまった。およそ4年もの間 休業していた「ラーメン二郎 立川店」が、なんと営業を再開しているという。それもこの2月から。ここのところ「ラ界」にアンテナを張ってなかったせいもあって、全く知らずにいた。

 でもそうと知っては居ても立っても居られないから、座って仕事した(^^; そして無理矢理時間を作って電車でGO!

180424tjirou01r

 実はこの立川店だけは未食。私が全店制覇を考え始めた時には、すでに長期休業に入っていて、実質閉店状態だったのだ。でも、このままでは「全店制覇」を名乗るなどおこがましい。

 というわけで 13:25頃の「ラーメン二郎 立川店」。どれほどの行列かと思っていたのだけど、お待ちは14人。この程度なら無問題と最後尾へ。(上の画は店を出てから撮ったもの)

180424tjirou03 180424tjirou02

 店に入れたのが 15分後。さらに着席まではしばらくかかって「ニンニク入れますか?」までは、お並び開始から 35分後というペース。思ったより回転はよくないのかな。
 そして、今日のコールは「ゼンマシで」。

180424tjirou04

 「小ラーメン 750円」
 これが出てきたときは小声で「ヤバイっ!」・・・ゼンマシコールを後悔しましたね(^^;

180424tjirou05

 もう少し下から撮ると、こんな感じ。他のお客さんに提供されていた「ヤサイマシ」と思っていたのが「普通」だったのね。10年前ならいざ知らず、今この高さ・盛りを見ると、さすがにヒルム。

 でもでも還暦を過ぎたとはいえ男の子。お残しはあきまへんでぇとばかり、まずはヤサイの山にアタック。このヤサイ、一般的なラーメン二郎に比べればクタ感のないと言うか、かなりシャキシャキ感のある芯が残ったもので、私的には嬉しくない。

180424tjirou06

 かなりヤサイを攻め込んで、ようやくたどり着いた麺は、二郎標準からすればやや細めの平打ち麺。

 この辺からは普段ならクタっとしたヤサイとともに麺を頬張り、ペースを上げて行くのだけれど、今日のはそうはいかない。麺とヤサイの食感に差がありすぎるせいだろうか。

 微乳化したスープはゼンマシ(カラメ含む)にしたせいか、かなり醤油感の強いもので、イマイチ私好みではなかったか。

 そうそう、バラ肉ロールの分厚いブタは、ちゃんとその形が残っていたのが1枚。後は崩れてしまっていた。でも旨いブタでしたよ。

 なんとか完食はしたものの、スープは7割がた残してしまった。いやはや、結構シンドイ立川二郎なのでした。

 ともあれ、これにて再びの「ラーメン二郎 全店制覇」。やれやれだったのです(^^ゞ

◆ラーメン二郎 立川店
 立川市柴崎町2-10-1 最寄駅:立川
 11:00-15:00 日祝・木曜休
 2008/4 Open 2014/3休業へ 2018/2/20再開

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.22

「ラーメン 大木戸@梅屋敷」で 限定2種

 久しぶりの「ラーメン 大木戸」。大田区は梅屋敷に移転した元「むろや」。昨年5月以来の訪問。ざっと一年近く経ってしまった。

180422okido01

 事前情報では2種の限定を出しているという。開店時間をわずかに過ぎて入店。店内にはご主人のFさん一人。まだ早い時間、先客はなし。

180422okido02

 店先には期間限定のひとつ、「ラーメンマガジン」とコラボ?の「NAKED」なる"かけラーメン"の貼り紙。

180422okido03

 「限定"NAKED"浅利とホンビノスの かけらーめん 700円」
 貝類を使ってのダシは「むろや」時代からの鉄板ネタでもあるので安心感がある。トッピン具はキザミねぎだけという"NAKED"なスープは、がんこ風に言えば 100ラーメンか。それでも充分すぎるほどに旨い。

 ホンビノスはハマグリの仲間で比較的廉価。でもハマグリよりもよくダシが出るのだそう。

180422okido04

 これに合わせるやや硬めにゆでられた細ストレート麺が、この旨いスープをよく持ち上げる。

 これウマッと、あっという間に完食。普段なら一気に全汁するところだけど、ここで一時停止。

180422okido05

 券売機の貼り紙ね。なかなか来られない店だから今日は両方イクのです。

 最初に両方の食券を買っておいて、茹で時間がかかるつけ麺を後に、NAKEDの方を先にとしたわけだ。だから一杯目を食べ終わると、まもなくご提供。

180422okido06

 「限定 カレーつけめん 850円」
 スパイシーな辛さとダシの甘さのちょうど良いところ。うまいよねぇ。

180422okido08

 麺はもちろん浅草開花楼製の太ストレート麺。なんでも「高はし@赤羽」で使っている麺と同じものだそうだ。

 NAKEDがアッサリだったから、ちょっと濃いめのこのカレーつけ麺が余計旨く感じる。

 麺を食べた後は、残しておいたNAKEDのスープでつけ汁を割ってみた。うん、これはこれであり。いつもの、もう一度魚が香る割りスープもいいけれど、この貝ダシも合う。これもいいねと、やっぱり全汁。
 ご馳走様でした。

 この店もまた、もっと足繁く通うべき店なのです。ちと遠いけど(^^;

 そうそう、近々夜の部は半分「居酒屋」にするそうです。当然それなりの肴も用意するそう。Fさんが提供する酒肴。ものすごく興味ありです。

◆ラーメン大木戸
 大田区大森西7-7-17 最寄駅:梅屋敷
 11:15-15:00 17:00-21:00
 不定休(ほぼ無休) 2014.3.16移転オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.20

新店「スープカレー GARAKU(ガラク)中野店」

 本日、中野ふれあいロード(中野ラーメンストリートとも言う)の早稲田通り側出口近く、あの「YamiYamiカレー」の隣りにオープンしたスープカレーの専門店。

180420garaku01

 「スープカレー GARAKU(ガラク)中野店」
 なんでも札幌の人気店の東京進出だそうだ(八王子にもあるらしいが)。先日来工事中でスープカレー専門店ができることはその貼り紙でも知ってはいた。
 食べたことがないわけではないけれど、スープカレーというのはあまりピンと来ない。とはいえ、せっかく帰り道にできたのだからと寄ってみることにした。

 白が基調の おしゃれな内外装の店は、外から中が丸見え。昨秋オープンした すぐそばの「幸運豚人」も同じだから、最近はこの手の作りが流行りなんだろうか。
 オープン初日の 18時少し過ぎという時間で店内は七割り程度の入り。

180420garaku02 180420garaku03

 こちらが店内に置かれているメニューと、オーダーの仕方を書いたもの。

180420garaku08r

 最初にメニューからカレーを選び、次ぎに三種類あるスープから一つを選び、続いてトッピング(有料)を選ぶ。さらに辛さを選び、これで終わりかと思ったら、最後にご飯の量を選ぶ。はぁはぁ(^^;

180420garaku09

 辛さは無しから大辛までは無料。それ以降は有料で、ピッキーヌ、ハバネロと進み、40倍の辛さまであることになっている。SMLと三種類あるご飯も"L"は有料。

180420garaku21

 「やわらかチキンレッグと9種野菜 1,250円」
 若干、迷いつつも私が頼んだのはこれ。一番人気と書いてある。当然札幌ではという意味だろう。
 スープはスタンダードだと思われる"オリジナル"。辛さは2段目のちょい辛、ご飯は"S"100g。トッピングは無し。

 辛いのが苦手な私でも「ちょい辛」のもう一つ上「中辛」でも良かったかなというレベル。でもかなりスパイスが効いているのか、途中から汗が噴き出してきた。

180420garaku24

 この画像だと判りにくいかも知れないが、鶏のもも肉(チキンレッグ)がドンと一本隠れている。
 でもこの骨付き肉を備え付けられているフォークとスプーンだけで、どうやって食べろというのだろう。肉は柔らかくホロホロではあるのだけど、食べにくいことこの上ない。箸かナイフか或いはもう一本フォークが欲しいところだ。

 気をつけていたのだけれど、このもも肉と格闘するうちにスープがワイシャツに飛んでしまった。チキンレッグを選んだのが失敗だったのだろう。

 ともあれ、スパイシーでコクのある美味しいスープカレーでした。鶏も野菜も旨い。この後の呑みが控えてなければ、ご飯もMかLにしたと思うのだけど、今日は軽めに。

 でもね。ちと高いよねと言うのが正直な感想。そしておしゃれなお店。おぢさんには若干敷居が高い気がする。
 ま、明らかに私のようなおっさんはターゲットではなさそうだものね(^^ゞ

◆スープカレー GARAKU(ガラク)中野店
 中野区中野5-50-3 最寄駅:中野駅
 11:30-15:00 17:00-22:30
 不定休(当分無休?) 2018/4/20オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.18

「麺屋 はし本@中野」で らー麺

 久しぶりの中野ラーメンシリーズ。なんと前回行ったのは昨年8月。自分でも驚くくらい行っていない。
 昨年2月のオープンだから、この店も もう一年ちょっと経つのですね。

180418hashimoto01

 ともあれ、夜の部の「麺屋 はし本」。店内は7割程度の入り。券売機で食券を買って着席。

 オペレーションを見ていると、出汁を寸胴から雪平に取って一杯ずつ温めなおす方法に変わっている。1日の中でのブレを少なくするためだろう。以前ワンオペだと厳しいと言っていたが、やはりこのやり方に落ち着いたようだ。

180418hashimoto02

 「らー麺 750円」
 相変わらずトロみの強い豚骨魚介のスープが旨い。大勝軒寄りでもあり、麺菜房寄りでもあり、お気に入りだ。

180418hashimoto04

 三河屋製麺謹製の細ストレート麺がこのスープをよく持ち上げる。トロトロのチャーシューも旨い。

 毎回思うのだが、つけ麺をやってくれたらうれしいのだけど。

 旨いウマイと完食の全什。この店もまた、もっと頻繁に通うべきラーメン店なのです。

◆麺屋 はし本
 中野区新井1-25-4 最寄駅:中野駅・新井薬師前
 11:30-20:00 土祝祭 11:30-17:00 (売り切れ終了)
 日曜・第3月曜休 2017.2.25オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.15

「オリエント・スパゲッティ@中野」で たらこイカ納豆

 金曜日の夜に、この店の隣にオープンした「タンタンタイガー」に寄ったことを書いた。
 そういえば最近行ってないよね、近々行かなくては。そう思ってのお昼時は「オリエントスパゲッティ」

180415orientspa00

 言わずと知れたというか その筋?では有名なパスタのお店。開店間もない時間、先客は一組。

180415orientspa03

 「たらこ・イカ・納豆(大盛) 1,050円」
 今日のオーダーは大好物のこれ。ランチタイムだから、大盛り無料。さらにドリンクとキャベツのサラダが付く、のだけど撮り忘れた。

 この画像だと判りにくいけど、海苔の下にはイカと納豆が控えている。

180415orientspa04r

 アルデンテなスパゲッテイにタラコと納豆のヌルヌル、そしてイカのツルツル感が、実に良く合うのですよ。

 大盛でもアッという間に食べ終わってしまった。もう少しこの食感を味わっていたい、そんな気もしたけど無理。お腹も一杯だ。

 ご馳走様でしたと店を出た。この店も、もっと頻繁に通うべき店なのです。

◆オリエント スパゲッテイ orient spaghetti
 http://www.arthur-seaton.com/orient/
 中野区新井1-23-22 最寄駅:新井薬師前 or 中野
 11:30-23:00 (ランチタイムは 15:00まで) 無休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.14

「Kaeru(カエル)@中野」で 久しぶりのゼンマシ

 直系二郎をと思っていたのだけど、オイル交換のためタイミングを失してしまい、さてどうしよう。

1803414_kaeru01

 中野で行列がなくて、でも旨い二郎インスパイヤと言えば、ここ「Kaeru(カエル)」。なんと10ヶ月ぶりの訪問。堀切二郎系というか「ぽっぽっ屋」の系列ね。

 11時半過ぎの店内は先客3人。 相変わらずイケメンご主人一人でのオペレーションみたいだ。
 券売機で食券を買って「ゼンマシ(生玉子抜き)」をお願いした。

1803414_kaeru03

 「ラーメン 730円」
 わずかにお待ちの後ご提供。ヤサイの盛りの良さは変わらず。マドンナのロケットおっぱい風?(^^;
 増しのトッピングはヤサイ、ニンニク、カラメ、アブラにキザミタマネギね。

1803414_kaeru05

 コショーと一味唐辛子をかけた後がこちらの画。ワイルドだろう?って、古っ!(^^ゞ
 ぽっぽっ屋系の特徴、甘辛いスープがウマい。ブレない旨さが嬉しい。

1803414_kaeru11r

 ややゴワっとした食感の浅草開化楼製の極太麺。こいつとシンナリとしたヤサイを一緒に頬張るのが吉。

 実に久しぶりの二郎インスパイヤであり、Kaeru。いつも美味しいラーメンをありがとう。

◆らーめん Kaeru (カエル)
 中野区中野5-56-15 最寄駅:中野
 11:00-15:00 18:00-23:00
 月曜休 2009.9.27オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«新店「タンタンタイガー@中野薬師あいロード」