2020.08.11

「大地のうどん@高田馬場」で 掻き揚げぶっかけ

 家内の痛飲(違っ!)通院に付き合って、代々木からの帰り道。遅めの昼食はどこにしようかと聞いて決まったのがここ。若干遠回りにはなるけれど高田馬場は家からも近い。

200620daichino01

 というわけで家内と二人「大地のうどん 東京馬場店」でありますね。この店、家内もお気に入りで今回で五度目の訪問。

 改めて書いておくと、この「大地のうどん」は福岡系ではあるものの、東京ではまだ馴染みの薄い「豊前うどん」を出す店で、福岡以外ではここ高田馬場だけだそう。
 「豊前うどん」について詳しくは「豊前裏打会」やネット記事などをご参照くださいまし。あのやたらと柔らかい福岡系うどんとは一線を画します。

 さて 14時半に近い時間。さすがに行列は無かったけど、ほぼ満席。さすが人気店。入口脇の券売機で食券を買って、案内されたテーブル席へ。

200811daichiudon02

 「かきあげぶっかけ 780円」
 なるほど、温かい「かきあげうどん」をそのまま冷しにしたというルックス。結構迫力がありますね。

200811daichiudon03

 半透明でツルツルもっちもちのうどんが旨い。冷水で締めることで、モチモチの食感にさらにコシが加わって噛み応えもたっぷり。

 この麺を横に添えられた下地というかダシつゆをかけて食べるわけだけど、鰹節とショウガが効いて、いい感じ。さらにきざみ海苔の風味。
 もちろん揚げたての掻き揚げも、そして海老天もサクサクのプリプリで文句なし。やっぱりこの店のうどんはうまい。

 家内と二人大満足で、ご馳走様でした・・・・#

大地のうどん 東京馬場店
 http://daichinoudon.com/
 新宿区高田馬場3-22-14 最寄駅:高田馬場
 11:00-15:30 18:00-22:30
 水曜休 2016年3月24日オープン

|

2020.08.10

「覆麺智@神保町」で 覆麺ラーメン

 友人Sと誘い合わせて神保町。コロナやらなんやら諸般の事情により久しぶりの訪問となりました。

200810fukumen

 私にとって神保町と言えばここ「覆麺 智」。悪い奴(悪魔)でも限定でもない日に来るのはさらに久しぶり。

200810fukumen01

 「覆麺ラーメン 900円」
 がんこ系らしい濃い醤油色のスープに、かなり硬めに茹でられた中細ストレート麺。追加でお願いしたトッピングは味玉と青唐辛子。
 出汁は阿波尾鶏と牛骨に肉スープだそうだ。

 その出汁の旨味と強い醤油の味がガツン。でも悪魔に慣れた舌にはもの足りない。O氏にタレを増して貰って、よしよしコレコレ(^^;

 サッポロめんフーズ謹製の中細ストレート麺がこの強い醤油味のスープに良く合う。・・・麺上げの画像はドピンボケだったので無し。

 これぞがんこ系ラーメン。半熟トロトロの味玉も口の中で融けてしまうほど柔らかいチャーシューも文句なし。そして青唐辛子の刺激。

 旨いウマイと食べ進み「アッ」というまに完食。そして、やってはいけない全汁(^^;

 いつかまた「悪い奴」と心に誓って店を後にしたのでした。

覆麺 智(ふくめん とも)
 https://twitter.com/hukumentomo2009?lang=ja
 千代田区神田神保町2-2-12 最寄駅:神保町
 9:00-20:00(売切れ終了) 無休 日曜休?

|

2020.08.06

日本橋ふくしま館で「会津 鈴木飯店」の あごだし塩 再び

 「日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ) 」。今週のイートインは会津若松の「鈴木飯店」。7月初旬に続いての出店。

 メニューは前回と変わらず「あごだし塩らぁ麺」と「つけ麺」の2種類。それぞれにチャーシューのオプションがある。
 つけ麺と一瞬迷ったけど、やっぱりラーメンがいい。

20080608r

 「あごだし塩チャーシューらぁ麺 1,050円」
 前回ここのチャーシューが旨かったので、今回もチャーシューを選択。ブラックペッパーは自分で掛けたものね。

 ご覧のとおり塩の清湯スープに平打ちの縮れ麺。この あご(飛び魚)出汁だという塩のスープが旨い。

20080609

 会津・喜多方系らしい多加水で縮れが強い太平打ち麺がこのスープにはよく合う。

20080612

 チャーシューはこんな感じのが5枚。明らかに前回のより柔らかく旨い。チャーシューメンにして良かったと思わされるできだった。

 また日本橋ふくしま館にこの店が来ることがあったら、今度はつけ麺を食べてみたい。

日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ)
 https://midette.com/
 中央区日本橋室町4-3-16 最寄駅:三越前・神田
 10:30-20:00、土日祝 11:00-18:00
 休館日 大晦日・元日

|

2020.08.05

「オリエント・スパゲティ@中野」で たらこイカ納豆

 在宅勤務の水曜日。コロナ対応もあって、今週末の土曜日から 8/20(木)まで長い休みを取るというので、その前に行っておきましょう。それにしても今日は暑い。

191102orientspa02

 「オリエントスパゲティ」。いくら暑くても我が家から3分なら、この脂身が溶けてしまうこともないだろう(^^;

200805orientspa05

 ランチタイムには「キャベツとカツオ節、キザミ海苔のサラダ」ドリンクが無料で付く。ドリンクはいつもランチ生ビールではなく、アイスコーヒー。そして今日のオーダーはこの店で一番のお気に入り。

200805orientspa10

 「たらこ・イカ・納豆スパゲティ(大盛) 1,050円」
 海苔の下に隠れて見えにくいけどイカと海苔ね。

200805orientspa12

 茹でかげんがピッタリでツルツルのスパゲテイにタラコと納豆のヌルヌル。さらにイカのツルンとした食感が加わって、やっぱりこれが好き。お味の方だって、タラコの旨みと海苔の風味、そして好物の納豆。もう文句ない文句ない(^o^)v

 美味しく頂いて、食後はアイスコーヒー。ご馳走様でした・・・・。
 まる2週間は長い、食べておいて良かった

オリエント スパゲテイ orient spaghetti
 http://www.arthur-seaton.com/orient/
 中野区新井1-23-22 最寄駅:新井薬師前 or 中野
 11:30-23:00 (ランチタイムは 15:00まで) 月曜休

|

2020.08.04

「八海山 千年こうじや コレド室町2店」のランチ

 久しぶりのコレド室町。どこもちょっとお高いのですよねと、斜めに見ながらも目に飛び込んできたのが八海山の文字。酒造りだけでなく飲食店も手掛けてたのね。

Sennen_kouji

 「八海山 千年こうじや」。店先のメニューを覗いてみると、まぁなんとか許容範囲内(^^;
 奥にいくつかテーブル席があるものの基本はカウンターで、メインは夜のバーという感じ。

200803_8kaisan01

 こちらがランチメニュー。店名どおり麹(こうじ)に特化した店らしく、どの料理にも麹が使われているようだ。

200803_8kaisan02

 「本日の焼き魚・刺身定食 1,200円」  出された瞬間、味噌汁の芳香にやられてしまった。麹味噌を使ったものなのだろう。ご飯はもちろん魚沼産コシヒカリ、サラダに小鉢、漬けものが付く。
 焼き魚は赤魚。キングサーモンも選べたのだけど気分は赤魚。その赤魚の上にも刺身の上にも麹が少量載っているのが判る。

200803_8kaisan05

 麹付けにした赤魚を丁寧に焼いたのだろう。麹が優しく効いて柔らかくジューシーな白身が旨い。これはいい。

200803_8kaisan03

 と思ったら、刺身の方も麹を使った味付けがされていて、これもまたいい。

 みそ汁をひと口すすると、口の中に味噌と具材の旨味が一杯に広がる感じ。もちろんご飯の炊き加減も申し分なく旨い。大盛り(無料)にしなかったのを後悔させられた。このみそ汁と漬け物だけでも、ご飯がお代わりできる。

 いやはやビックリ。どれも麹による柔らかな旨み甘みがよく出ていて、1,200円が惜しくない、ってこともないか(^^;

 さすがは「八海山」が出す店だけのことはあると納得。そうそう行けないけど、再訪必至のお店なのでした・・・・。

八海山 千年こうじや コレド室町2店
 https://www.sennen-koujiya.jp/shop/
 中央区日本橋室町2-3-1 最寄駅:三越前
 ランチ 11:00-14:00
 BAR 平日 17:00-22:00 土日祝 15:00-21:00
 不定休(コレド室町に準じる)

|

2020.08.03

「豚珍館@新宿西口」で 昼食

 家内の通院に付き合った代々木からの帰り道。ちょうどお昼時、いつもの新宿西口ルートを通ってみると、運よく路側帯のパーキングが空いている。ササッと車を停めて、ヨドバシカメラ方向へ歩いて行くと、いつもなら行列が出来ているはずの「豚珍館」に行列がない。

200803tonchinkan01

 階段を上ってみると入口付近に先客が2人だけ。スタッフのお姉さんに注文を聞かれると間もなく「どうぞ」。テーブル席に家内と二人並んで着席。間もなく若い芸人さんと思しきお兄さんたちと対面での相席になった(相席自体は人気店なので仕方ないが)。

 行列がないのが判った気がする。もちろんコロナの影響で人出自体が少ないのもあるかもしれないが、この店は全くコロナ対策などしてはいないのだ。入口に手指消毒用のスプレーが置いてあるだけで、席を減らして間隔を開けるでもなく、ビニールなり何なりで仮の仕切りをするでもなく、狭いテーブル席で対面で相席をさせるという。
 しかも前の芸人さんたち声が大きい。ツバが飛ぶっちゅうの。

200803tonchinkan02

 「とんかつ定食 980円」
 ここまで来たからには席を立つわけにもいかず、取り敢えず食事を済ませたけど、とんかつのウマいマズい以前に気持ちがすでに萎えていて、ただソースをドバッと掛けまわして食べきりましたとさ。

 家内も何の対策もしていない飲食店は珍しいと控えめの批評をしておりました(^^;

 コロナがひと段落するまでは、この店に来ることはないだろう。そう、イヤなら来なければいいのだ。
 お気に入りの店なのになぁ。そう思いつつ店を出た・・♭

豚珍館 (とんちんかん)
 新宿区西新宿1-13-8 高橋ビル 2F
 11:00-15:00 17:00-23:00(土は 22:00)
 日祝休

|

2020.08.02

「みんみんラーメン 本店@八王子」12年ぶりなのです

 道の駅巡りが好きな家内のリクエストで東京都にある唯一の道の駅「八王子 滝山」へ。都境を越えないようにするとここしかないのです(^^;

 近所のスーパーより少し安く、朝採れの野菜類を買えるのがうれしいのだそうだ。ひとしきり見て回り調達を済ませると、もうお昼時間。
 ここでも食べることはできるけど、ピンと来るものはない。それではと近くの飲食店をググッてみると、おや「みんみん」が思いのほか近く、わずか 4kmの距離にあるではありませんか。

200802minmin01

 というわけでおよそ10分後に「みんみんラーメン 本店」。言わずとしれた「八王子ラーメン」の雄。老舗中の老舗ですね。最後に来たのはいつのことだろうと過去ログを見てみると、なんと12年も前のことだった(^^;

 さて、着いてみると 15人ほどの行列。幸い裏手の駐車場が空いていたのでクルマを置いて並ぶことにした。ここまで来ると都区内に比べて暑いには暑いけど湿気が少ない(気がする)のが有り難い。

 20分弱のお待ちで店内へ。この店は座敷がメインでイス席はカウンターのみ4席。杖持ちの家内のためにカウンターに座らせて貰うことにした。

200802minmin02 200802minmin03

 卓上のメニューと調味料類。以前は無かった(と思う)鰹節系の魚粉なんかも並んでいる。しばらくしてご提供。

200802minmin04

 「ネギバラチャーシューメン(大盛) 1,000円」  ネギとバラチャーシューが無ければ、昔懐かしい東京の町中華風醤油ラーメンなのだけど、違うんですね。

200802minmin05

 醤油ベース、豚骨メイン(鶏も少々?)の出汁にわずかに煮干し系が香るスープ。その表面をラードが覆い、もう熱々。

 そうしてキザミ玉ねぎと、スリおろした玉ねぎが出す、なんとも言えない甘みが秀逸。

200802minmin06

 硬めに茹でられた低加水の中細ストレート麺はツルツルでいて適度に硬く旨い。

 さらに7枚のバラ肉チャーシュー。薄いけどこれがまた旨いんです。肉の食感を残しながらもトロトロ感が味わえる。

 八王子のはずれ。クルマでないとまずたどり着けない。そんな場所。ここでしか味わえない醤油ベースのスープと玉ねぎ、ラード、麺、そしてチャーシュー。全てが絶妙のバランスに仕上がっている。いつ来ても大満足の「みんみん」なのでした。

200802minmin07

 「バラチャーシューメン 800円」
 こちらは家内が頼んたもの。初めて食べる家内も「このラーメン美味しい!」とビックリ。お会計を済ませ、二人してご馳走様でしたと店を出た。次回来られるのはいつになるだろう。とにかくまた来なくては。

みんみんラーメン
 八王子市楢原町437-1 最寄駅:西八王子
 11:00-16:00 17:00-20:15 月曜休

|

2020.08.01

「BARBACOA(バルバッコア)青山」で 恒例シュラスコのランチ

 毎年この時期(この日)恒例、お父さんの誕生日にかこつけた、おばあちゃん含め家族五人でのランチ。

Barbacoa_Aoyama

 「BARBACOA GRILL(バルバッコアグリル)青山店」。ブラジル・サンパウロに本店があるシュラスコの名店で、我が国における本格的シュラスコ料理の先駆けでもでもある。

 予約時間どおりに着くとまずはエントランスでコロナ対策についての説明と検温、手指消毒がある。店内は席に座っている時以外はマスク必須。サラダバーやデザートバー、あるいはトイレに立つときは、もちろんマスク着用のほか、店で用意した使い捨て手袋を着用し、さらにその上からアルコール消毒をすることが義務づけられている。テーブルには紙製のマスクケースも用意されてたりして徹底されている印象だ。

200801barbazoa01

 さて何度か書いているけど、この店はサラダバーがものすごく充実しているのが特徴。

200801barbazoa02 200801barbazoa03

 サラダ類だけでなくパンやホールチーズのほか「フェジョアーダ」「カレーライス」などもある。でも取り過ぎてしまわないのがコツ。でないとメインのシュラスコが入らなくなってしまうのですよ。

200801barbazoa20 200801barbazoa21

 ご覧のとおり「デザートビュッフェ」も充実している。
 さらに「ソフトドリンク一品」が付いて、もちろんシュラスコ食べ放題で税抜 3,800円(土日祝)ね。

200723jirouskd11

 抑えめに取ってきたサラダがこちら。ちょっと取り過ぎたかなとは思うものの肉料理前に葉っぱものは欠かせない。

200801barbazoa11

 判りにくいかも知れないが、この下半分に書かれた肉たちが、代わる代わる出てくる。テーブルまで肉塊状態で持ってきて、目の前で切り分けてくれるのだ。

200801barbazoa12

 毎度最初に必ず出てくるのがこの「ソーセージ」「ローストチキン」。どちらも美味しい。言えばいくつでも貰えるのだけど、これも注意。

200801barbazoa13

 サラダをザッと食べ終わる頃、メインの牛肉たちが登場。左が「フラウジィニア(カイノミ)」で、右が「豚肩ロース」一番左はフワフワのチーズパン。カイノミはフィレとバラ肉の中間。人気の部位だそうだ。

200801barbazoa14

 そうしてシュラスコの華「ピッカーニャ(イチボ肉)」が見参。鉄串に刺され遠赤外線?で炙られた肉塊がギャルソンによって目の前で切り取られるところを、テーブルに用意されたトングでつかみ取る。

200801barbazoa15

 いかがでしょう。この「ピッカーニャ」のレア状態。赤身と脂身がはっきり分かれているのが特徴。赤身肉の旨さと脂身の甘みが際立っていて、私的にはシュラスコの中では一番の好み。あ、肉にはそれぞれ塩味か付いているので、テーブル上のタレは使う必要がないくらいだ。

200801barbazoa18

 途中で「焼きパイナップル」や「焼きチーズ」なども出てきて、娘達は二枚ずつ貰っていた。

200801barbazoa16 200801barbazoa17

 さらに「ガーリックステーキ」「ペッパーステーキ」。ひととおり撮ったつもりでいたのだけど「サーロイン」や「ランプ肉」など結構撮り忘れている。惜しいことをした。

200801barbazoa19

 大好物の「ピッカーニャ」。その担当のスタッフにまた来てねとお願いしたところ、三度目の登場で、これでもかと一気に4枚切り分けてくれた(^^; 右上のチラッと写っているのが「焼きチーズ」ね。

 まだお父さんがピッカーニャや三枚目となるフラウジィニアを食べているうちに、女子たちはデザートバーで、あれやこれや。別腹だそうだ(^^;

200801barbazoa23

 お父さんは最後にデザート代わりのカレーライス。これは飲み物です(^^;

 一家全員、幸せイッパイ腹イッパイの大満足で店を出たのでした。そう言えば誰も「お誕生日おめでとう」とは言ってくれなかったような・・・。

BARBACOA GRILL(バルバッコアグリル)青山店
 http://barbacoa.jp/aoyama/
 渋谷区神宮前4-3-2 最寄駅:表参道

|

2020.07.31

「オリエントスパゲティ@中野」で 生シラスのアーリオオーリオ

 金曜日の今日も在宅。遠くへ行っている時間はないので、すぐ近くのこちら。

191102orientspa02

 例によって「オリエントスパゲティ」ね。開店時間にわずかに遅れて着いてみると、先客は無し。暗いカウンターの一番奥に着席。ここが照明的に一番いいのですね。

200731orientspa04

 ランチメニューの「本日のお奨めパスタ」 冷製のカッペリーニは前回食べたので今日はアリオリのスパ。

200731orientspa06 200731orientspa07

 「ハートランド生ビール 500円」「キャベツのランチサラダ」 

200731orientspa16

 「静岡産 生シラスのアーリオオーリオ 香味野菜のせ(大盛)1,100円」
 アーリオオーリオというだあって、ニンニクとオリーブオイルの風味が強めに効いていて私好み。香味野菜は青じそ、カイワレ、ミョウガ、水菜だそうだけど、思いのほかよく合っていて旨い。

200731orientspa19

 いつもどおりアルデンテなスパゲティにアリオリと香味野菜。いいですね。いつもどおりキレイに食べ終わってご馳走様でした・・・・♭

 家の近くにこの店があるのは有り難いことなのです。そうそう 8/8(土)~ 8/20(木)は夏休みだそうです。

オリエント スパゲテイ orient spaghetti
 http://www.arthur-seaton.com/orient/
 中野区新井1-23-22 最寄駅:新井薬師前 or 中野
 11:30-23:00 (ランチタイムは 15:00まで) 月曜休
 8月は 8日(土) から 20日(木)まで夏休み

|

THE NAKANO FACE

 マッターホルンを始め世界中に「North Face(北壁)」は数あれど、"The" が付くとアイガー北壁を意味するのだと聞いたことがあります。

The_nakano_face_rjpg

 そう、中野の顔は "THE"を付けて、あの急傾斜の北壁を持つ建物なのです。

 完全予約制。予約・販売は中野昭和新道の「パニパニ」または「ジョージ」まで。

|

2020.07.30

「ほぉーバル@神田」で黒キーマカレー焼きスパとカレー

 JR神田駅西口 改札の内側、いわゆるエキナカにあって、以前から気になっていた店。

200730hobal01

 「ほぉーバル 神田店」 調べてみると 「Becker's」などと同じ JR東日本フードの系列店だそうだ。

 パッと見は喫茶店のようでもあり洋食店のようでもあり。でも看板にはお気に入り「焼きスパゲッティ」の文字もある。

200730hobal03 200730hobal02

 午後4時少し前という中途半端な時間。スカスカの店内に入りメニューを眺め、決めたのはこれ。

200730hobal04

 「黒キーマカレー焼きスパとカレーの合い盛り 890円」
 ドリンク付ね。食後にアイスコーヒーをお願いした。焼きスパの方は正しくは「黒キーマ載せ焼きスパ」という方が正しい。ライスの奥にはコールスローも載っている。
 ちょっとダムカレーのようでもありますね。

200730hobal05

 普通盛りでも横から見ると、こんな感じのボリューム。特別に旨い!というわけではなかったけど、焼きスパもカレーも充分美味しく感じられて、お腹いっぱい。

 再訪必至。今度はロメスパ風に ナポリタンの中盛り(400g)か大盛り(500g)をいってみたい。

ほぉーバル
 https://www.jr-foods.co.jp/shop/
 千代田区鍛治町2-13-1 JR神田駅エキナカ
 7:00-23:00 土 11:00-18:00 日祝休

|

2020.07.29

「波と雲@東中野」で 奥三河という名のラーメン

 昨年11月に東中野にオープンしたラーメン店。あっという間に評判になったのだけど、なかなか行けず、ようやくの訪問。

200729namikumo

 「波と雲」  東中野駅東口(北)からすぐそばの商業ビル地下にあって、かつての「凪」のように、本来バーの店を若い?ご主人が昼の部だけ間借り営業というスタイル。

 11:30のオープンに合わせ SP氏と待ち合わせ。わずかに遅れて着いて見ると先客は二人だけ。カウンター7席の店内はコロナ対策に隣席と間仕切りがされている。狭い厨房にはご主人一人。

200729nanikumo01 200729nanikumo05

 メニューと言っても黒醤油の「奥出雲」と白醤油の「奥三河」の二種類だけ。色々書かれている食材の説明書きは適宜読んでくださいまし。

200729nanikumo02

 最初に出されたのは冷たいハープティー。食前茶ということだそうだ。しばらくしてラーメンのご提供。

200729nanikumo03

 「奥三河(白醤油)850円」

 スタンダードな鶏豚の出汁に魚介が香る塩と見紛うような清湯スープが旨い。スッキリ感だけではない濃厚さも兼ね備えている感じ。これが奥三河旧足助町の「足助仕込み蔵の木桶で天然醸造された白醤油」の効果なのだろうか。

200729nanikumo04

 これに合わせる麺は加水率低めの白い中細麺。もう少し硬めの方が好みだけど、この旨いスープをよく持ち上げてくれる。

 驚いたのが極太のメンマ。極太自体は珍しいわけではないけれど、元のシナチクの雰囲気を強く残した食感が素晴らしい。コリッでもなくサクッでもなく、しっかり噛み着る感じ。コレ旨い。

 もう一つ。チャーシューがまた旨い。最近流行り?の柔らかいチャーシューではなく、しっかりした歯応えがあって、噛むほどに旨みが伝わってくる凄いヤツ。そうそう九条ネギもいい感じ。

200729nanikumo06

 「奥出雲(黒醤油)850円」  SP氏が頼んだもの。ある意味、これもまた呑んだ後ラーメンとしてピッタリ。そして地元中野北口にもこういうラーメン店が欲しいよねと。
 同感ですね。再訪必至です。そして次回は黒醤油に決定。

 何はともあれ凄い店が出てきてくれました。いつか独立した店として正式オープンするのなら、是非中野駅北口へと勝手に誘導したいと思います(^^ゞ

波と雲
 中野区東中野5-3-1 B1F 最寄駅:東中野
 11:30-14:00 20食-30食の提供 売り切れ終了
 日曜・月曜休 2019.11.2オープン

|

2020.07.28

日本橋ふくしま館で楢葉町「豚壱」の 豚丼ならぬ豚重

 今日の昼食はと神田方面。「日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ) 」を覗いててみると福島県双葉郡は楢葉町の「豚壱」という店が出ていて、ラーメンでも蕎麦でもなく「豚重」とある。豚丼は本場北海道でも食べたことがあるが、豚重はない。そりゃ食べてみるでしょう。

200728buta1_01

 レジ前で若干迷って、豚ロース重の特上をオーダーすることにした。幸い空いていて、すぐに着席。若干間があってご提供。

200728buta1_02

 「秘伝のタレ・豚ロース重 特上 1,200円」
 番号を呼ばれて、現物を見た瞬間「おおっ」となりましたね。なかなかのボリューム。お重からはみ出すロース肉に、イッパイのご飯。紅生姜と山椒は自分でかけたものね。

200728buta1_03

 結構な迫力だと思いません? ロース肉はやや硬めの食感。でも豚肉らしい旨みと「秘伝のタレ」が良く合っていてこれはいい。

 好物の山椒を沢山振りかけてやると、うな重を食べているかのような雰囲気に。とはちと言い過ぎか(^^; 実際このタレが旨くて、タレだけでご飯がいけてしまうほど。
 ご飯粒を一粒も残さず頂いて、ご馳走様でした・・・#

 今回の出店は気がついたのが遅くて今日(7/28)まで。次回は 8/8からの三日間だそう。食べてみたい人は一度どうぞ。

豚壱 (ぶたいち)
 福島県双葉郡楢葉町山田岡大堤入7-1
 11:00-20:00 11:00-14:00 日曜休

日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ)
 https://midette.com/
 中央区日本橋室町4-3-16 最寄駅:三越前・神田
 10:30-20:00、土日祝 11:00-18:00
 休館日 大晦日・元日

|

2020.07.25

初訪問・新店「ラーメン二郎 大宮公園駅前店」

 新型コロナの影響で、当初 4/19オープン予定だった「千葉店」が 6/2にずれ込み、この店も当初予定から遅れ、コロナ対策もあってオープン日のアナウンス無しで 6/5のゲリラオープンとなった。
 判っていたことだけど、これまで成立していた私の「直系二郎全店制覇」もこの2店のオープンで一時停止。

200725jirouomy01

 というわけで「ラーメン二郎 大宮公園駅前店」。オーブン当初は整理券制だったそうだけど、現在はパスマーケットを使った予約制になっている。

 それが判ったので twitterを経由して今日11時からの予約を入れてみると、すんなり成立。中野からはクルマで1時間。すくそばの駐車場において店の前に着いてみると先客は7人。開店5分前でこの程度というのは予約制のお陰だろう。

 定刻に開店。予約券(画面)を助手君に確認され、並んでいた順に券売機で食券を買って店内へ。コロナ対策だろう。カウンター12席の店内には各席毎にあまり有効とは思えないが、その気持ちが大事という幅約20cmのビニールの仕切が吊されている(^^; 元大宮店店主の弟?だというご主人の他、スタッフは助手役のお兄さんとお姉さんの計三人体制。

 1stロットの提供が終わり、しばらくして 2ndロット。そしてご主人から「ニンニク入れますか?」

200725jirouomy02

 「小ラーメン 750円」
 今日のコールは「ニンニク少なめ、アブラにショウガ」。この店は無料のショウガが常にあるのがポイント。ドンブリの左奥に見えているのがそれ。二郎にショウガは合うのですよ。ヤサイを入れなかったのは盛りがどれくらいか判らなかったから。そしてニンニク少なめはクーパーさんの不意の来襲を防ぐため(^^;

200725jirouomy04

 箸とレンゲである程度ヤサイをかき分けて、出てきたスープがこちら。ほぼ乳化のないスッキリ醤油色で、お味の方もカネシ風の醤油を強く感じるもの。

200725jirouomy05

 極太で平打ちの縮れ麺は二郎標準。ヤサイをコールしなかったのをちょっと後悔。いつもはヤサイと麺を一緒に頬張るのだけど、今回はヤサイが早めに終わってしまったので、強めの醤油味に飽きてきた。

200725jirouomy06

 それを救ってくれたのが柔らかく旨いこのブタとショウガ。お陰でなんとか食べ切って6割汁。ごちそうさまでした。

 これで再度の全店制覇まで残るは千葉店のみ。こちらは整理券制らしいので、様子を見ながら攻略することにいたしましょう。

ラーメン二郎 大宮公園駅前店
 https://twitter.com/omiyapark26
 埼玉県さいたま市大宮区寿能町1-24 最寄駅:大宮公園
 11:00-14:00 17:00-20:30 日曜 11:00-15:00
 水曜休 現在予約制(twitterからのアプローチが吉)

|

2020.07.24

「リヤのコイルスプリングが折損」リコールに当たった!

 昨年11月末にスバルから発表された SJフォレスターのリコール。リヤのコイルスプリングが折損する恐れがあるので要交換というヤツ。

191128_recall

 このリコールが発表されて間もなく交換修理の予約をしていたのだけど、当日インフルエンザを発症してしまい敢えなくキャンセル。まさか自分のクルマにリコールの事象そのものが発生するとは思いもしなかったので、今年車検だからその時(7月末)にお願いしますとデイーラーさんに伝えて半年経過。

200723before

 あれ?なんだか右のリヤが沈み込んでシャコタンになってるぞ、と湯河原行きの前に気がついた。もうすっかりリコールのことなんて忘れていて、サスペンションがヘタッたのかな?くらいで湯河原往復。・・・バカだねぇ。

 揺れも大きいし乗り心地もヘンだよねと帰った翌日にデイーラーさんに持ち込むと、リコールの事象にピッタシカンカン。「リヤ右のコイルスプリングが折れています」と。

200724after

 というわけでリコール修理後(左右ともね)の画像です。よくぞこれほどの差を「サスがヘタッたのかな?」程度で済ませたもんだ。
 ・・・我ながら感心(^o☆)\カシッ

◇メモ 交換時走行距離 69,771km 交換日 2020.7.23

|

2020.07.23

「ラーメン二郎 桜台駅前店」で いつものネギとニンニクアブラ

 朝から雨。今日は二郎と決めていて、10時の開店時間を狙って行こうと思ったその時、土砂降りの雨。一旦諦めて、雨がやんだ11時過ぎに行って見ると、なんと行列無し。ラッキー!

20011300

 「ラーメン二郎 桜台駅前店」 今日はご主人はおらず、いつもの助手君とよく見る第二助手君の二人体制。

 新型コロナ対策でイスを2脚減らしてL字型カウンターに計8脚。1ロットも4杯に減らしたまま。さして待つこともなく第二助手君から「ニンニク入れますか?」

200723jirouskd01

 「小ラーメン 750円+ネギ 100円」
 今日のコールは「ニンニクアブラ」。ネギをプラスした時はヤサイマシは無しなのは恒例になっている。コショーと一味は自分でかけたものね。

200723jirouskd02

 助手君二人体制といえども出来は変わらず。まずはヤサイを片付けつつ、なんとか天地返し。いつもの乳化したスープが素晴らしく旨い。

200723jirouskd03

 ヤサイがスープの中でクタッとしたところを、いつもの極太麺と絡めて頬張る。そいして時々ドンブリを持ってスープをゴクリ。
 キザミねぎのアッサリ感ともよく合って、文句無し。

200723jirouskd04

 こちらは今日のブタ。神ブタです。完食の7割汁でご馳走様でした。

ラーメン二郎 桜台駅前店
 練馬区桜台1-5-1 最寄駅:桜台駅
 昼の部 11:00-14:00(油そばのみ。臨休多し)
 17:30-23:30 土曜 10:00-16:00頃
 日祝休(祝日は不定休)

|

2020.07.22

「成蔵@南阿佐ヶ谷」で 煌麦豚の特ロースと美ら島アグー豚のヒレ

 コロナ禍でしばらく行く事ができなかった「成蔵」。今年4度目。南阿佐ヶ谷に移転後通算14回目の訪問になる。

00narikura_ent

 およそ3ヶ月ぶり。コロナ対策で入店人数を減らしているのだろう。一人用の予約枠が減ってしまって、行きにくくなったのがその理由。

20072202 20072203

 予約時間の10分ほど前に着くと、すぐにスタッフのお姉さんが注文を取りに来てくれた。
 壁に掛けられた本日のスペシャルメニュー(右)を見ると、珍しい「煌麦豚(きらむぎとん)」なるものがある。あの「雪室熟成豚」と同じ越後産でデュロック70%だそう。当然それでしょうと「美ら島アグー豚」のヒレとのセットをオーダー。
 まもなく案内されて店内へ。なるほどカウンターもテーブルも席が減らされている。

20072205 20072208

 当然ここはビールでしょうと「エビスビール 650円」でプハーッ! そう言えば初めてツマミが付くのを見た。クラッカーにツナ?のサラダとミニトマトが載っただけのものだけど、これはこれで良し。

20072209

 「煌麦豚の特ロースと美ら島アグー豚のヒレ1枚定食 5,680円」
 お馴染みの白い衣を纏った美しいトンカツに、白いご飯と豚汁、ピクルスにヒジキと豆の付け出し。

20072212

 ロースかつ(180g)の右上にチョコンと載っているのが美ら島アグー豚のヒレ(40g程度?)ね。結構なボリューム。鱧フライなんてのもあったので食べて見たかったけどパス。

20072213

 一番厚い部分を返してみると、薄っすらと全体に入ったロゼがお出迎え。絶妙な火の入り加減だよね。もちろん衣のどこにも破綻などない。のだけど今回のはいつものフワフワ衣ではなく、珍しくカリッと感じることができるものだった。もちろんどちらでも文句はない。
 本来ヒレから食べるべきという意見もあるかと思いますが、待ちきれません。

 煌麦豚の特ロースかつは「口の中でとけだす旨み。きめ細かくもっちりした肉質に透きとおるように白い脂」だそうだけど、雪室熟成豚とどう違うかは私には判らない。要するに旨い!(^^;

20072215

 「美ら島アグー豚のヒレかつ」。これも旨かったなあ。ロースと変わらぬ白い衣に包まれ、これぞヒレ肉という柔らかさと、肉汁がジュワッ。ピンク岩塩を少量振ってやると、さらに旨みが増して、もう堪りません。

 ご飯をお代わり。豚汁も付け出しもキレイに頂いて、ご馳走様でした・・・・。

とんかつ 成蔵(なりくら)
 https://twitter.com/narikura_1010/
 杉並区成田東4-33-9 最寄駅:南阿佐ヶ谷
 11:00-14:00 17:30-20:00 [完全予約制]
 水・日休 2010/8 高田馬場で創業 2019.7.8移転
 予約サイト https://www.omakase-japan

|

2020.07.21

日本橋ふくしま館で「若武者」の特製塩ラーメン

 本日もまた「日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ) 」詣で。福島中通りは二本松市に本拠のある「若武者」という店が出ていたので早速食べてみることに。

200730waka6sya

 浅草にも店があるみたいなので、人はそこから来ているのかもしれない。

 コロナの影響か最近は行列が出来ることも少ないのがいいところ。レジで注文とお会計を済ませて空いている席へ。間もなくご提供。

200730waka6sya03

 「特製 生海苔と生姜の塩らーめん 1,050円」
 何が特製なのかというと、味玉が載っていることと生海苔・生姜が多いことくらいかな。これなら非特製の方がよかった気がする。

 鶏白湯が有名な店らしいけど、今日のはきれいな塩の清湯。表面にチー油。山盛りの生姜が目を惹きますね。会津の山塩を使っている?のか、見た目よりしっかりコクコのあるスープが旨い。

200730waka6sya04

 細ストレートの白い麺は、福島県らしくモチッとしてスープの絡みもよし。
 生姜スープにを溶かし込んでやると一層私好みになってくれた。

200730waka6sya05

 鶏胸肉のチャーシューも柔らかく、でも適度な噛み応えがあって、これまたよし。

 この「若武者」もまたイートインにしてはハイレベル。次回ここへの出店は7/30からだというので、また食べに行こうと思っている・・・#

麺処 若武者
 https://ameblo.jp/wakamusha-nihonmatu/
 福島県二本松市本町2-86-1 最寄駅:二本松
 11:00-15:00/17:45-19:30
 日祝 11:00-18:30 木曜休

日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ)
 https://midette.com/
 中央区日本橋室町4-3-16 最寄駅:三越前・神田
 10:30-20:00、土日祝 11:00-18:00
 休館日 大晦日・元日

|

2020.07.20

2020夏の湯河原「漁港の駅 TOTOCO小田原」で とと丸頂上丼

 お世話になった湯河原千代田荘を後にして、立ち寄ったのは「漁港の駅 TOTOCO小田原」

200720totoko01

 昨年11月末にオープンした新しい施設で、TBSの「王様のブランチ」で紹介されていたのを見たことがある。今回は家内が地産の野菜類とお土産を買っていきたいというので寄ることにした。
 お父さん的には好物のエボ鯛の干物があればいいかなと。宿の朝食が遅かったので、まだお腹は空いてないし。

200720totoko02 200720totoko03

 でも、入り口のこの看板を見て気が変わりましたね。4月の伊豆行きの際に立ち寄った「伊豆高原ビール本店」の「漁師の漬け丼」を思い出してしまったのですね。

 2階にある「とと丸食堂」という名の店内に入り、券売機の前で食べ切れるだろうかと危惧しながらも目指すボタンをボチッ。家内はドンブリ系は無理とラーメンを選択。

200720totoko04

 「とと丸頂上丼 2,480円」
 伊豆での経験からどんなに凄いのが出てくるのだろうと思ってたら、あれま?ドンブリが小さい。ご飯茶碗の少し大きめくらいの器に海鮮系が山盛りになっている程度だった。

200720totoko045

 とはいえ、ご覧のとおりそれなりのボリュームはある。取り皿を別に取ってきて、上半身の多くをそちらに移し、ワサビ醤油をかけ回して食べ進む。充分旨いのですが、ご飯がややバサバサだったのがイマイチ、イマニ。もったいないよなぁ。

200720totoko05

 「鮪節(まぐろぶし)ラーメン 780円」
 家内が頼んだものだけど、これがまた美味しかったそうだ。私に連れられて旨いラーメンを結構食べているはずの家内が何度も「これ凄く美味しい」と繰り返す。
 釣られて私もスープを貰ってみると、たしかにこれは旨い! 道の駅レベルでは決してない旨さ。麺はちゃんと食べていないので評価はできないけど、私も次回は海鮮系を差し置いてでも、これを食べてみようと思わされる旨さだった。

 ラーメン好きとしては大発見の「漁港の駅 TOTOCO小田原」。もちろんメインの海鮮系メニューも沢山あって、お隣のテーブルで見た「刺身の盛合せ」の分厚く切られた刺身が凄かった。もう間違いなく再訪必至の「漁港の駅」なのでした。

 そうそう、お土産にと買った「金魚プリン(正式名 小田原漁港プリン) @450円」。小さい金魚鉢に入っていて金魚が泳いでいるように見える可愛らしいルックス。実際美味しかったそうです。

 ちなみに東京方面から小田原厚木道路経由で来る場合は「小田原西IC」で降りてくださいね。西湘バイパスに入り終点の「石橋IC」まで行ってしまうとココを通り過ぎちゃいます。帰路に寄る場合も「石橋IC」から入ってしまうと、やはり通り過ぎてしまいますよ。

 というわけで、今回の湯河原行きのミニ旅は、これでお終い。お付き合いいただいた方にはありがとうございます。

漁港の駅 TOTOCO小田原
 https://www.totoco-odawara.com/
 神奈川県小田原市早川 1番地の28 最寄IC:小田原西
 年中無休 9:00-17:00 2019.11.29オープン

|

2020夏の湯河原「源泉のお宿 湯河原 千代田荘」お食事編

 温泉宿のお楽しみの一つが晩餐。予約時間の18時を待ってダイニングへ。

200719chiyoda11

 奮発して海鮮三昧膳なるコースを頼んだのだけど、少量多品種。それも結構な量です。

200719chiyoda13 200719chiyoda14

 解説は抜きにして、料理の画像を並べましょう。少し遅れて「天ぷら」や「茶碗蒸し」など、次々と出てきます。

200719chiyoda15

 まぐろに ぼたん海老、地魚の鯛、鰺、ホタテの貝柱。「刺身の盛り合わせ」も厚切りで量も多い。家内はここまでの量を見ただけで、これは食べ切れそうにないと。かく言う私も最初にビールを頼んだのを後悔したほど。いつもどおり焼酎か日本酒で始めれば良かったとは後の祭り。

 この他に撮り忘れたのが北海道産ベビーホタテがメインの「海鮮鍋」。うどん入りで旨いが量も多い。

200719chiyoda16

 「金目鯛の釜飯」 これがまた旨かった。でも最後だったので私でさえ食べきるのがシンドかった。家内は金目鯛以外のご飯に殆ど手つかずでごめんなさい状態。

 どれも美味しくて、もう幸せ一杯の腹一杯だったのだけど、晩餐の楽しみである呑みの方にまで手が(腹が)廻らなかったのだけが悔やまれる。家内的にはデザートを殆ど食べられなかったと悔やむことしきり(^^;

 さてさて、部屋に戻って、もうひとっ風呂浴びることにしましょうかね。

200719chiyoda17

 こちらは翌日の朝食。特別なものは無いけれど、どれも美味しくて文句なし。

200719chiyoda18

 家内は昨晩のリベンジとばかりデザートバーから、いくつも取ってきてご機嫌。

 朝食の後は、再度温泉。家内はこの二日間で4湯。私は3湯。これぞ温泉旅館の醍醐味なのですね。家内はこの宿が気に入ったらしく、また来ようだって。

 チェックアウト時間ギリギリまでゆっくりして「お世話様でした」と宿を後にした。

◆源泉のお宿 湯河原 千代田荘
 https://chiyoda-sou.com/
 神奈川県足柄下郡 湯河原町宮上637
 0570-026577

|

2020.07.19

2020夏の湯河原「源泉のお宿 湯河原 千代田荘」

 今回お世話になるのは、こちらの宿。まさに湯河原らしい山間の温泉宿なのだけど かなり新しい。

200719chiyoda01

 「源泉のお宿 湯河原 千代田荘」
 その名から判るように元は千代田区の保養施設だったそうだ。主に北海道にいくつものホテル旅館を持つ野口観光が買収し昨夏リニューアルオープンさせたものらしい。現在でも千代田区とは提携関係にあるのだとか。

200719chiyoda03

 さてさて、チェックインを済ませて案内された部屋がこちら。足の悪い家内のためエレベーターの近くをお願いしておいたので、エレベーターのほぼ目の前。

200719chiyoda04

 結構な広さのツインルーム。ソファーベットを使うと三人までOKという部屋。シャワートイレと洗面所が別になっている。さらにウォークインとまではいかないまでも大き目のクローゼット。

 窓の外の風景は・・・山間の温泉地と言ったでしょう(^^; だからこれといって見るものは無し。判ってはいたことだし、いいんです。温泉が良ければ。

200719chiyoda05

 だから早速温泉へ。こちらが最上階の6階にある「内湯」。窓が広くていい。コロナを意識してか窓が数か所開いていて、内湯でも気持ちの良い風が入って来る。

200719chiyoda06

 そうしてこちらが隣にある「露天風呂」。この開放感が素晴らしい。他に客もおらず、ゆっくりと浸からせてもらいましたよ。私にしては珍しく長風呂で「いい湯だな、あははん」。
 内湯とともに貸切状態だったので、カメラを持ち込んでパチリ。

200719chiyoda07 200719chiyoda08

 となりの別荘マンションから丸見え? だから20時までは男湯、20時から翌朝8時までが女湯となっている。

200719chiyodabas01

 1階にも窓無しの内湯があって、こちらも交代制。銭湯を意識したという富士山の絵がなかなか良いではありませんか。(この画像はHPから拝借したもの)

 部屋に戻って、自販機で買った缶ビールでプハーっ! 文句なしなのです。夕食まではノンビリいたしましょう。

◆源泉のお宿 湯河原 千代田荘
 https://chiyoda-sou.com/
 神奈川県足柄下郡 湯河原町宮上637
 0570-026577

|

2020夏の湯河原「不動滝とお茶屋さん」

 真鶴半島を後にして湯河原へ。まだ 14時のチェックインまでは時間があるよねと寄ってみることにしたのが本日の宿からも近いこちら。

200719fudoutaki01

 「不動滝」 幸い駐車場も ひとコマだけ空いていてすぐに停めることができた。また滝までは階段を少し上がるだけなので、杖が必要な家内でも大丈夫。

200719fudoutaki02

 この滝の落差は 15mだそうだけど、水量が豊富なせいで結構な迫力。たっぷりとマイナスイオンを浴びて、お不動様にもお参りしてと。

200719fudoutaki04

 滝のすぐ下には、こんなお茶屋さんがあったので 一休み。

200719fudoutaki05

 「冷し甘酒 450円」 滝そばの日陰で冷たいものを。しばし涼んでいると外の暑さをフッと忘れますね。

 ポケッとしているうちに14時を過ぎました。そろそろ宿へと向かいましょう。

 ちなみに湯河原の観光名所というと「万葉公園」というのが有名なのだそうだけど整備工事のため来年3月迄閉園だそう。またの機会に。

|

2020夏の湯河原「箱根湯本から真鶴半島へ」

 昨日の天気予報では雨のはずだったけど・・・ピーカン。嬉しい誤算ですね。日曜日の都内はクルマが少なくスカスカ。東名から小田原厚木道路も同じでスイスイと箱根湯本。

 湯河原行きのこのミニ旅を家内と計画したのは第二波?が伝播する前のこと。もちろん"Go To"なんて施策もなかった頃だし、この日程自体が元々対象外。それでも直前まで迷った。でも一度予約した宿をキャンセルするのは、とりわけこの時期申し訳ない。

Kawamuki

 てなことは置いといて、箱根に寄り道したのは湯本の「福住屋」で名物「皮むき塩辛」をゲットするため。箱根湯本駅前のお土産ストリートはそれなりの人出。

 丁度お昼時。この地域のメシネタには疎いので、すぐそばで目に付いた蕎麦屋へ。

200719sobayahkn1

 「ざるそば 850円」

200719sobayahkn3

 そばをアップにしてみる。キレイに揃った長さ細さの蕎麦・・・。

200719sobayahkn5

 「山菜そば 1,250円」 家内が頼んだもの。値段を考えなければ、まぁまぁだったそうだ。

 まさに観光地の一見さん相手のお店ではあったものの、取り敢えず空腹は満たされた。先に調べておかなかった私が悪い。

 気を取り直してクルマに戻り、宿のチェックインまではまだ時間があるよねと真鶴半島。本当は岬の突端まで行くつもりで駐車場まで行ったのだけど、ここから階段を含めかなり歩くことが判って断念。今の家内には難しいのですね。

200719manazuru01

 真鶴半島「お林展望公園」から臨む相模湾と初島。ここは駐車場からあまり歩かずに行けるのです。

200719manazuru00

 晴れてくれて良かった。さてさて、本日の目的地 湯河原へと向かいましょう。

|

2020.07.17

「とんかつ ひなた@高田馬場」で ランチ定食+アルファ

 今日の在宅からのランチは高田馬場。クルマなら食べる時間を入れても1時間で往復が可能だ。第一候補は「とんかつ ひなた」。少し遅めの 13時頃を狙って行ってみて、行列が出来ていたら次善の策。「がんこ西早稲田」なり「大地のうどん」なり、高田馬場には選択肢が沢山ある。

Hinata_noren

 近くのパーキングエリアにクルマを置いて、着いてみると行列は 7人。微妙な数。でもこの程度ならと取り敢えず並ぶことにした。「とんかつひなた」 ミシュランビブグルマンの常連であり、何より「東京とんかつ会議」の殿堂入りの店。

 15分ほどの待ち時間で入店。料理長のKさんと会釈を交わして着席。完全に顔を または 体型を(^^;覚えられている。
 宮城県産の漢方三元豚にしようか、今年4月からメニューに加わった鹿児島産の六白黒豚にしようか迷った末、黒豚に決定。もちろんお気に入りの「いちぼ」も追加。

200717hinata01

 「六白黒豚の上ロースかつ定食 +いちぼ+ちょいカレー 2,200円」
 これだけ並ぶと豪華でしょう。一番上が「ちょいカレー」で、右下が「いちぼ」。そして豚汁とご飯にお新香。

200717hinata02

  まずは「上ロースかつ (ランチ) 1,500円」。いつも一番厚い部分が返された状態で出てくる。例によって肉全体に薄く入ったロゼ。衣も薄めのキツネ色で、もちろんどこにも破綻などない。

 まずは何も付けずに一口。わずかに硬めの食感にあふれ出す肉汁。そして脂身と一緒の部分を頬張ると、その甘みが伝わってきて、うん文句なし。これぞ六白黒豚の旨み! なのかもしれない(^^;

200717hinata05

 「いちぼカツ(50g) 500円」
 こちらが最近お気に入りの「いちぼ(漢方豚)」。尻肉ともも肉の間あたりの肉で、シュラスコだとピッカーニャと呼ばれる部位。
 見事な火の入り具合事。Kさんの作業が見える位置だったので、上ロースから少し間を開けてフライヤーに投入するのが判った。小さいのでそうすることで提供のタイミングも合わせるのだろう。
 肉と脂身が割りとハッキリ別れているのが特徴なのだそうだ。でも脂のサシが目に見えないレベルで入っているのだろう。とにかく旨いのですよ。

200717hinata06

 「ちょいカレー 200円」
 上ロースといちぼの端っこ部分を ちょいカレーに浸けておいたもの。真ん中のいいところはもったいないので、それはしない。
 とんかつの端っこ部分こそ美味しいというのもあるけれど、カレーに浸けるならこっちでしょう。

 何よりカレー自体が旨いのと、端っこ肉の脂、強めの旨みがこのカレーに良く合うのですね。お代わりしたご飯は、この「かつカレー」ならぬ「カレーかつ?」でキレイに平らげてしまいます。

 豚汁もお新香も美味しく頂いて、お腹いっぱいの幸せイッパイでご馳走さま。コスパ的にも内容的に大満足の「ひなた」なのでした・・・・#

とんかつ ひなた
 http://www.tonkatsu-hinata.jp/
 新宿区高田馬場2-13-9 最寄駅:高田馬場
 11:00-13:30 17:00-20:30 (当面 11:00-14:30 17:00-19:30)
 日曜休 2017.1.12オープン</p

|

2020.07.14

「オリエントスパゲティ@中野」で 冷製カッペリーニ

 雨の中、朝から家内の付き添いでJR東京総合病院。帰ると11時過ぎ。それではと我が家から徒歩2分の「オリエントスパゲティ」でランチ。

 ランチを頼むと最初に出てくるいつもの「キャベツとカツオ節、キザミ海苔のサラダ」は割愛。

200714orientspa10

 「トマトソースの冷製カッペリーニ(大盛)1,300円(税抜)」
 実に美しいルックス。正確には「サーモンとモッツァレラチーズ、アボガド、色々野菜のカッペリーニ(冷製)」というメニュー名。

200714orientspa11

 説明にはディルとオリーブオイルでマリネしたサーモンと、相性の良い色々な野菜をトマトソースベースでまとめましたとある。

200714orientspa14

 冷たく締められたカッペリーニがいい。この細さでしっかりした食感を出すのは簡単ではないのかも知れない。

 そうして、具材の一つ一つがまた旨い。サーモンはもちろん、モッツァレラチーズもアボガドも旨いし、オリーブやトマト、野菜類もなるほどこのトマトソースと相性がいいのだろう。

 皿の周囲に飾られたジェノバソース?をつけてやると、更に良し。バゲットがあったら、わずかに残ったソースをきれいに拭い取りたいと思ったのでした・・・・。

 あれこれ書く必要はないか。食べて見るのが何より。この冷製カッペリーニは、たぶんしばらくはあるだろうと思うので、ご興味のある方はお早めに。

200714orientspa08

 「ランチ限定 牛ハラミ、ナス、玉ネギの正油味 850円(税抜)」
 これは家内が頼んだもの。この店の和風というか正油味のものはどれをとっても旨い。実際、これもおいしかったそうだ。

 ニューノーマルな在宅が増え、この店に来る機会も増えました。次回は来週かな。

オリエント スパゲテイ orient spaghetti
 http://www.arthur-seaton.com/orient/
 中野区新井1-23-22 最寄駅:新井薬師前 or 中野
 11:30-23:00 (ランチタイムは 15:00まで) 月曜休

|

«「幸運豚人@中野」で レアカツランチ再び